[スポンサーリンク]


2009年 6月

  1. パーキン反応 Perkin Reaction

    概要Knoevenagel反応と同様の条件下(塩基性)で、酸無水物が芳香族アルデヒドやケトンと脱水縮合し、置換オレフィンを生成する反応。 (さらに…)…

  2. ウギ反応 Ugi Reaction

    アルデヒド・ケトン、イソニトリル、カルボン酸、アミン → アミド概要アルデヒド・イソニトリル…

  3. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydrogenation

    概要Ru(II)-BINAP触媒および水素を用いて、オレフィンもしくはケトンの不斉還元を行う方法…

  4. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation

    概要アルコールをチオカルボニル化合物へと変換後、ラジカル条件で脱酸素化を行う反応…

  5. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation

    概要分子間Michael反応→分子内アルドール縮合により、6員環を含む縮環化合物…

  6. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement

  7. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reaction

  8. プメラー転位 Pummerer Rearrangement

  9. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction

  10. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration

  11. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】

  12. リンドラー還元 Lindlar Reduction

  13. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction

  14. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)

  15. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction

  16. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田アワード、第1回岡崎アワード
  2. ついに成功した人工光合成
  3. あなたはどっち? 絶対立体配置
  4. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  5. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  6. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis
  7. パラジウム錯体の酸化還元反応を利用した分子モーター

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP