[スポンサーリンク]

ナノ化学

オマー・ヤギー Omar M. Yaghi

オマー・M・ヤギー (Omar M. Yaghi、1965年2月9日(ヨルダン生まれ)-)は、アメリカの無機化学者・材料化学者である。米カリフォルニア大学バークレー校教授。

経歴

1990 イリノイ大学ウルバーナ校 博士号取得 (Walter G. Klemperer教授)
1990 ハーバード大学 博士研究員 (Richard H. Holm教授)
1992 アリゾナ州立大学 助教授
1999 ミシガン大学 教授
2006 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 教授
2011 カリフォルニア大学バークレー校 教授

 

受賞歴

1990 NSF Postdoctoral Fellowship Award
1995 Exxon Education Foundation Award
1998 Exxon Award, ACS Solid State Chem. Division
2002 3M Faculty Award
2007 Deans Recognition Award
2009 ACS Award for Material Chemistry
2015 King Faisal International Prize in Science
2016 TÜBA Academy Prize in Basic and Engineering Sciences for establishing Reticular Chemistry
2017 The Spiers Memorial Award
2017 Albert Einstein World Award of Science

 

研究

金属-有機構造体(Metal-Organic Framework)の創製研究

剛直な有機配位子と配位方向の規定された金属クラスターを組み合わせ、重合・錯形成を行うと、周期性の高い結晶性化合物が得られる。このような材料群を金属-有機構造体(Metal-Organic Framework; MOF)と称する。 MOFはこれまでに無い特徴を有する自己組織化型多孔性材料として注目を集めている。例えば孔径や孔の官能基化を一原子単位で精密調整することができる。軽量であり高い比表面積を誇るため、ガス貯蔵材料・吸着分離用担体・導電性材料・不均一系触媒などへの応用が期待されている。

MOF_5.jpg

Yaghiグループでは近年さらにその発展材料として、ゼオライト様トポロジーを有するイミダゾレート構造体(Zeolitic Imidazolate Framework; ZIF)[1]、金属を含まず軽量強固な共有結合性有機構造体(Covalent Organic Framework; COF)[2] の開発にも成功している。

彼はこれら一連の研究を基盤とし、二次構造単位(SBU)の結合様式と有機配位子の組み合わせが生み出すトポロジー関係を体系化した。これを演繹する事で、強固な結合に基づくネットワーク自己組織化材料のデザインを可能にする概念体系(Reticular Synthesis)[3] を提唱している。

 

コメント&その他

  1. トムソンISI社2008年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第8位となっています。
  2. ポピュラー・サイエンス誌が選定する傑出科学者・“Brilliant 10”に選ばれています。

 

関連動画

 

 

関連文献

  1.  Park, K. S.; Cote, A. P.; Choi, J. Y.; Huang, R.; Uribe-Romo, F. J.; Chae, H. k.; O’Keeffe, M.; Yaghi, O. M. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2006, 103, 10186. DOI: 10.1073/pnas.0602439103
  2. Cote, A. P.; Benin, A.; Ockwig, N.; Matzger, A. J.; O’Keeffe, M.; Yaghi, O. M. Science 2005, 310, 1166. DOI: 10.1126/science.1120411
  3. Yaghi, O. M.; O’Keeffe, M.; Ockwig, N.; Chae, H. K.; Eddaoudi, E.; Kim, J. Nature 2003, 423, 705. doi:10.1038/nature01650
  4. H. M. El-Kaderi, J. R. Hunt, J. L. Mendoza-Cortés, A. P. Côté, R. E. Taylor, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2007316, 268.
  5. H. Hayashi, A. P. Côté, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Nature Mater.20076, 501.
  6. R. Banerjee, A. Phan, B. Wang, C. Knobler, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2008319, 939.
  7. B. Wang, A. P. Côté, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Nature2008453, 207.
  8. Q. Li, W. Zhang, O. Š. Miljanić, C.-H. Sue, Y.-L. Zhao, L. Liu, C. B. Knobler, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Science2009325, 855
  9. H. Deng, C. J. Doonan, H. Furukawa, R. B. Ferreira, J. Towne, C. B. Knobler, B. Wang, O. M. Yaghi, Science2010327, 846
  10. C. J. Doonan, D. J. Tranchemontagne, T. G. Glover, J. R. Hunt, O. M. Yaghi, Nature Chem.20102, 235
  11. H. Deng, M. A. Olson, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Nature Chem.20102, 439.
  12. H. Furukawa, N. Ko, Y. B. Go, N. Aratani, S. B. Choi, E. Choi, A. O. Yazaydin, R. Q. Snurr, M. O’Keeffe, J. Kim, O. M. Yaghi, Science2010239, 424.
  13. H. Deng, S. Grunder, K. E. Cordova, C. Valente, H. Furukawa, M. Hmadeh, F. Gándara, A. C. Whalley, Z. Liu, S. Asahina, H. Kazumori, M. O’Keeffe, O. Terasaki, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Science2012336,1018
  14. X. Kong, H. Deng, F. Yan, J. Kim, J. A. Swisher, B. Smit, O. M. Yaghi, J. A. Reimer, Science2013341, 882.
  15. H. Furukawa, K. E. Cordova, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2013341, 1230444.
  16. N. N. Jarenwattananon, S. Gloggler, T. Otto, A. Melkonian, W. Morris, S. R. Burt, O. M. Yaghi, L.-S. Bouchard, Nature2013502, 537.
  17. S. Lin, C. S. Diercks, Y.-B. Zhang, N. Kornienko, E. M. Nichols, Y. Zhao, A. R. Paris, D. Kim, P. Yang, O. M. Yaghi, C. J. Chang, Science2015, DOI: 10.1126/science.aac8343

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 中西香爾 Koji Nakanishi
  2. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  3. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  4. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  5. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMill…
  6. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  7. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  8. 森謙治 Kenji Mori

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  2. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  3. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  4. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction
  5. 化学は切手と縁が深い
  6. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~
  7. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  8. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー
  9. Accufluor(NFPI-OTf)
  10. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP