[スポンサーリンク]

ナノ化学

オマー・ヤギー Omar M. Yaghi

[スポンサーリンク]

オマー・M・ヤギー (Omar M. Yaghi、1965年2月9日(ヨルダン生まれ)-)は、アメリカの無機化学者・材料化学者である。米カリフォルニア大学バークレー校教授。

経歴

1990 イリノイ大学ウルバーナ校 博士号取得 (Walter G. Klemperer教授)
1990 ハーバード大学 博士研究員 (Richard H. Holm教授)
1992 アリゾナ州立大学 助教授
1999 ミシガン大学 教授
2006 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 教授
2011 カリフォルニア大学バークレー校 教授

 

受賞歴

1990 NSF Postdoctoral Fellowship Award
1995 Exxon Education Foundation Award
1998 Exxon Award, ACS Solid State Chem. Division
2002 3M Faculty Award
2007 Deans Recognition Award
2009 ACS Award for Material Chemistry
2015 King Faisal International Prize in Science
2016 TÜBA Academy Prize in Basic and Engineering Sciences for establishing Reticular Chemistry
2017 The Spiers Memorial Award
2017 Albert Einstein World Award of Science

 

研究

金属-有機構造体(Metal-Organic Framework)の創製研究

剛直な有機配位子と配位方向の規定された金属クラスターを組み合わせ、重合・錯形成を行うと、周期性の高い結晶性化合物が得られる。このような材料群を金属-有機構造体(Metal-Organic Framework; MOF)と称する。 MOFはこれまでに無い特徴を有する自己組織化型多孔性材料として注目を集めている。例えば孔径や孔の官能基化を一原子単位で精密調整することができる。軽量であり高い比表面積を誇るため、ガス貯蔵材料・吸着分離用担体・導電性材料・不均一系触媒などへの応用が期待されている。

MOF_5.jpg

Yaghiグループでは近年さらにその発展材料として、ゼオライト様トポロジーを有するイミダゾレート構造体(Zeolitic Imidazolate Framework; ZIF)[1]、金属を含まず軽量強固な共有結合性有機構造体(Covalent Organic Framework; COF)[2] の開発にも成功している。

彼はこれら一連の研究を基盤とし、二次構造単位(SBU)の結合様式と有機配位子の組み合わせが生み出すトポロジー関係を体系化した。これを演繹する事で、強固な結合に基づくネットワーク自己組織化材料のデザインを可能にする概念体系(Reticular Synthesis)[3] を提唱している。

 

コメント&その他

  1. トムソンISI社2008年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第8位となっています。
  2. ポピュラー・サイエンス誌が選定する傑出科学者・“Brilliant 10”に選ばれています。

 

関連動画

 

 

関連文献

  1.  Park, K. S.; Cote, A. P.; Choi, J. Y.; Huang, R.; Uribe-Romo, F. J.; Chae, H. k.; O’Keeffe, M.; Yaghi, O. M. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2006, 103, 10186. DOI: 10.1073/pnas.0602439103
  2. Cote, A. P.; Benin, A.; Ockwig, N.; Matzger, A. J.; O’Keeffe, M.; Yaghi, O. M. Science 2005, 310, 1166. DOI: 10.1126/science.1120411
  3. Yaghi, O. M.; O’Keeffe, M.; Ockwig, N.; Chae, H. K.; Eddaoudi, E.; Kim, J. Nature 2003, 423, 705. doi:10.1038/nature01650
  4. H. M. El-Kaderi, J. R. Hunt, J. L. Mendoza-Cortés, A. P. Côté, R. E. Taylor, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2007316, 268.
  5. H. Hayashi, A. P. Côté, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Nature Mater.20076, 501.
  6. R. Banerjee, A. Phan, B. Wang, C. Knobler, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2008319, 939.
  7. B. Wang, A. P. Côté, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Nature2008453, 207.
  8. Q. Li, W. Zhang, O. Š. Miljanić, C.-H. Sue, Y.-L. Zhao, L. Liu, C. B. Knobler, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Science2009325, 855
  9. H. Deng, C. J. Doonan, H. Furukawa, R. B. Ferreira, J. Towne, C. B. Knobler, B. Wang, O. M. Yaghi, Science2010327, 846
  10. C. J. Doonan, D. J. Tranchemontagne, T. G. Glover, J. R. Hunt, O. M. Yaghi, Nature Chem.20102, 235
  11. H. Deng, M. A. Olson, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Nature Chem.20102, 439.
  12. H. Furukawa, N. Ko, Y. B. Go, N. Aratani, S. B. Choi, E. Choi, A. O. Yazaydin, R. Q. Snurr, M. O’Keeffe, J. Kim, O. M. Yaghi, Science2010239, 424.
  13. H. Deng, S. Grunder, K. E. Cordova, C. Valente, H. Furukawa, M. Hmadeh, F. Gándara, A. C. Whalley, Z. Liu, S. Asahina, H. Kazumori, M. O’Keeffe, O. Terasaki, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Science2012336,1018
  14. X. Kong, H. Deng, F. Yan, J. Kim, J. A. Swisher, B. Smit, O. M. Yaghi, J. A. Reimer, Science2013341, 882.
  15. H. Furukawa, K. E. Cordova, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2013341, 1230444.
  16. N. N. Jarenwattananon, S. Gloggler, T. Otto, A. Melkonian, W. Morris, S. R. Burt, O. M. Yaghi, L.-S. Bouchard, Nature2013502, 537.
  17. S. Lin, C. S. Diercks, Y.-B. Zhang, N. Kornienko, E. M. Nichols, Y. Zhao, A. R. Paris, D. Kim, P. Yang, O. M. Yaghi, C. J. Chang, Science2015, DOI: 10.1126/science.aac8343

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  2. マックス・プランク Max Planck
  3. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  4. 京都賞―受賞化学者一覧
  5. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  6. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  7. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmos…
  8. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  2. 持田製薬、創薬研究所を新設
  3. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  4. 水が促進するエポキシド開環カスケード
  5. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)
  6. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  7. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  8. ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節
  9. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  10. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP