[スポンサーリンク]

ナノ化学

オマー・ヤギー Omar M. Yaghi

オマー・M・ヤギー (Omar M. Yaghi、1965年2月9日(ヨルダン生まれ)-)は、アメリカの無機化学者・材料化学者である。米カリフォルニア大学バークレー校教授。

経歴

1990 イリノイ大学ウルバーナ校 博士号取得 (Walter G. Klemperer教授)
1990 ハーバード大学 博士研究員 (Richard H. Holm教授)
1992 アリゾナ州立大学 助教授
1999 ミシガン大学 教授
2006 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 教授
2011 カリフォルニア大学バークレー校 教授

 

受賞歴

1990 NSF Postdoctoral Fellowship Award
1995 Exxon Education Foundation Award
1998 Exxon Award, ACS Solid State Chem. Division
2002 3M Faculty Award
2007 Deans Recognition Award
2009 ACS Award for Material Chemistry
2015 King Faisal International Prize in Science
2016 TÜBA Academy Prize in Basic and Engineering Sciences for establishing Reticular Chemistry
2017 The Spiers Memorial Award
2017 Albert Einstein World Award of Science

 

研究

金属-有機構造体(Metal-Organic Framework)の創製研究

剛直な有機配位子と配位方向の規定された金属クラスターを組み合わせ、重合・錯形成を行うと、周期性の高い結晶性化合物が得られる。このような材料群を金属-有機構造体(Metal-Organic Framework; MOF)と称する。 MOFはこれまでに無い特徴を有する自己組織化型多孔性材料として注目を集めている。例えば孔径や孔の官能基化を一原子単位で精密調整することができる。軽量であり高い比表面積を誇るため、ガス貯蔵材料・吸着分離用担体・導電性材料・不均一系触媒などへの応用が期待されている。

MOF_5.jpg

Yaghiグループでは近年さらにその発展材料として、ゼオライト様トポロジーを有するイミダゾレート構造体(Zeolitic Imidazolate Framework; ZIF)[1]、金属を含まず軽量強固な共有結合性有機構造体(Covalent Organic Framework; COF)[2] の開発にも成功している。

彼はこれら一連の研究を基盤とし、二次構造単位(SBU)の結合様式と有機配位子の組み合わせが生み出すトポロジー関係を体系化した。これを演繹する事で、強固な結合に基づくネットワーク自己組織化材料のデザインを可能にする概念体系(Reticular Synthesis)[3] を提唱している。

 

コメント&その他

  1. トムソンISI社2008年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第8位となっています。
  2. ポピュラー・サイエンス誌が選定する傑出科学者・“Brilliant 10”に選ばれています。

 

関連動画

 

 

関連文献

  1.  Park, K. S.; Cote, A. P.; Choi, J. Y.; Huang, R.; Uribe-Romo, F. J.; Chae, H. k.; O’Keeffe, M.; Yaghi, O. M. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2006, 103, 10186. DOI: 10.1073/pnas.0602439103
  2. Cote, A. P.; Benin, A.; Ockwig, N.; Matzger, A. J.; O’Keeffe, M.; Yaghi, O. M. Science 2005, 310, 1166. DOI: 10.1126/science.1120411
  3. Yaghi, O. M.; O’Keeffe, M.; Ockwig, N.; Chae, H. K.; Eddaoudi, E.; Kim, J. Nature 2003, 423, 705. doi:10.1038/nature01650
  4. H. M. El-Kaderi, J. R. Hunt, J. L. Mendoza-Cortés, A. P. Côté, R. E. Taylor, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2007316, 268.
  5. H. Hayashi, A. P. Côté, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Nature Mater.20076, 501.
  6. R. Banerjee, A. Phan, B. Wang, C. Knobler, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2008319, 939.
  7. B. Wang, A. P. Côté, H. Furukawa, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Nature2008453, 207.
  8. Q. Li, W. Zhang, O. Š. Miljanić, C.-H. Sue, Y.-L. Zhao, L. Liu, C. B. Knobler, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Science2009325, 855
  9. H. Deng, C. J. Doonan, H. Furukawa, R. B. Ferreira, J. Towne, C. B. Knobler, B. Wang, O. M. Yaghi, Science2010327, 846
  10. C. J. Doonan, D. J. Tranchemontagne, T. G. Glover, J. R. Hunt, O. M. Yaghi, Nature Chem.20102, 235
  11. H. Deng, M. A. Olson, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Nature Chem.20102, 439.
  12. H. Furukawa, N. Ko, Y. B. Go, N. Aratani, S. B. Choi, E. Choi, A. O. Yazaydin, R. Q. Snurr, M. O’Keeffe, J. Kim, O. M. Yaghi, Science2010239, 424.
  13. H. Deng, S. Grunder, K. E. Cordova, C. Valente, H. Furukawa, M. Hmadeh, F. Gándara, A. C. Whalley, Z. Liu, S. Asahina, H. Kazumori, M. O’Keeffe, O. Terasaki, J. F. Stoddart, O. M. Yaghi, Science2012336,1018
  14. X. Kong, H. Deng, F. Yan, J. Kim, J. A. Swisher, B. Smit, O. M. Yaghi, J. A. Reimer, Science2013341, 882.
  15. H. Furukawa, K. E. Cordova, M. O’Keeffe, O. M. Yaghi, Science2013341, 1230444.
  16. N. N. Jarenwattananon, S. Gloggler, T. Otto, A. Melkonian, W. Morris, S. R. Burt, O. M. Yaghi, L.-S. Bouchard, Nature2013502, 537.
  17. S. Lin, C. S. Diercks, Y.-B. Zhang, N. Kornienko, E. M. Nichols, Y. Zhao, A. R. Paris, D. Kim, P. Yang, O. M. Yaghi, C. J. Chang, Science2015, DOI: 10.1126/science.aac8343

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 劉 龍 Ryong Ryoo
  2. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  3. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  4. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  5. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  6. 田中耕一 Koichi Tanaka
  7. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  8. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダウとデュポンの統合に関する小話
  2. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  3. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  4. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  5. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis
  6. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  7. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  8. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  9. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~
  10. Reaxys無料トライアル実施中!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP