[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益

[スポンサーリンク]

化学大手五社の二〇〇五年九月中間決算が十五日出そろった。ナフサなどの原材料価格が高騰する中、各社は製品価格への転嫁を進めているが、経常利益は旭化成と三井化学が減益となり、他の三社と明暗を分けた。(引用:フジサンケイビジネスアイ

原材料が高騰していますが、製品の需要が多く価格が上がっているため利益がでていますが、今後どうなるかはわかりません。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  2. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  3. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  4. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表
  5. 風力で作る燃料電池
  6. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される…
  7. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ
  8. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察
  2. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する
  3. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  4. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  5. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  6. 有機合成化学協会誌2017年9月号:キラルケイ素・触媒反応・生体模倣反応・色素・開殻π造形
  7. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  8. キッチン・ケミストリー
  9. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
  10. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

化学実験系YouTuber

一度見始めると、仕事に手がつかなかくなるYouTubeですが、教育的に有意義な動画もたくさん投稿され…

第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授

第57回の海外化学者インタビューは、フィリップ・ゲール教授です。英国サウサンプトン大学化学部に在籍(…

NMRの測定がうまくいかないとき

本日はNMRの測定がうまくいかないときの対処法についてまとめました。(筆者はBruker userな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP