[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益

[スポンサーリンク]

化学大手五社の二〇〇五年九月中間決算が十五日出そろった。ナフサなどの原材料価格が高騰する中、各社は製品価格への転嫁を進めているが、経常利益は旭化成と三井化学が減益となり、他の三社と明暗を分けた。(引用:フジサンケイビジネスアイ

原材料が高騰していますが、製品の需要が多く価格が上がっているため利益がでていますが、今後どうなるかはわかりません。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  2. 2008年10大化学ニュース2
  3. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  4. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開…
  5. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  6. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  7. 新型コロナウイルスの化学への影響
  8. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. リベロマイシンA /Reveromycin A
  3. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  4. 化学系ブログのランキングチャート
  5. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  6. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  7. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  8. 隣接基関与 Neighboring Group Participation
  9. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  10. 固体なのに動くシャトリング分子

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP