[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益

化学大手五社の二〇〇五年九月中間決算が十五日出そろった。ナフサなどの原材料価格が高騰する中、各社は製品価格への転嫁を進めているが、経常利益は旭化成と三井化学が減益となり、他の三社と明暗を分けた。(引用:フジサンケイビジネスアイ

原材料が高騰していますが、製品の需要が多く価格が上がっているため利益がでていますが、今後どうなるかはわかりません。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  2. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  3. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  4. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  5. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  6. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  7. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ
  8. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物化学
  2. 化学と工業
  3. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  4. 近赤外光を吸収する有機分子集合体の発見
  5. Stephacidin Bの全合成と触媒的ヒドロアミノアルキル化反応
  6. 指向性進化法 Directed Evolution
  7. アントシアニン / anthocyanin
  8. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  9. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体
  10. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP