[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益

[スポンサーリンク]

化学大手五社の二〇〇五年九月中間決算が十五日出そろった。ナフサなどの原材料価格が高騰する中、各社は製品価格への転嫁を進めているが、経常利益は旭化成と三井化学が減益となり、他の三社と明暗を分けた。(引用:フジサンケイビジネスアイ

原材料が高騰していますが、製品の需要が多く価格が上がっているため利益がでていますが、今後どうなるかはわかりません。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  2. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  3. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  4. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  5. ピンポン玉で分子模型
  6. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  7. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直され…
  8. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】
  2. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  3. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長
  4. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  5. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  6. π-アリルパラジウム錯体
  7. 【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体に関する研究」
  8. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  9. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~
  10. リモートワークで結果を出す人、出せない人

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP