[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発

 

HPLCカラム化学物質評価研究機構はプロテオーム解析用の超高感度カラムを開発、今月から供給開始する。高性能充てん剤と卓越した充てん技術により開発した製品で、これまで吸着して検出されなかったピークや、極少ピークも高感度に検出でき、ペプチド解析に有効。(引用:化学工業日報)

 

 

 

シラノールに吸着する塩基性化合物でもテーリングや吸着などがほとんど起こらずきれいに分離できるそうです。高そうですね。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  2. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  3. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  4. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  5. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  6. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  7. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  8. 米国の博士研究員の最低賃金変更

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  2. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  3. Reaxys体験レポート反応検索編
  4. 水素結合水H4O
  5. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  6. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  7. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  8. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  9. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant
  10. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP