[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発

 

HPLCカラム化学物質評価研究機構はプロテオーム解析用の超高感度カラムを開発、今月から供給開始する。高性能充てん剤と卓越した充てん技術により開発した製品で、これまで吸着して検出されなかったピークや、極少ピークも高感度に検出でき、ペプチド解析に有効。(引用:化学工業日報)

 

 

 

シラノールに吸着する塩基性化合物でもテーリングや吸着などがほとんど起こらずきれいに分離できるそうです。高そうですね。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可
  2. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  3. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  4. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  5. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  6. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  7. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される…
  8. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カプロラクタム (caprolactam)
  2. 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  3. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  4. 物凄く狭い場所での化学
  5. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  6. 5配位ケイ素間の結合
  7. コランニュレンの安定結合を切る
  8. 生涯最高の失敗
  9. 印象に残った天然物合成1
  10. アセタール系保護基 Acetal Protective Group

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP