[スポンサーリンク]

ケムステニュース

高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復”

アドレナリン化学者の高峰譲吉(1854~1922)らが発見した「アドレナリン」が4月から、医薬品の正式名称として使われることになった。

Click here to find out more!

 これまでは米国の学者が命名した「エピネフリン」を使用してきた。高峰の業績を正しく評価すべきだとの声が高まり、厚生労働省は医薬品の規格基準を定めた公定書「日本薬局方」を改正、1900年のアドレナリン発見以来107年目の”名誉回復”をはかる。(引用:読売新聞

 非常に喜ばしい話ですね。高嶺譲吉は「タカヂアスターゼ」(三共胃腸薬)やこの「アドレナリン」の開発者です。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  2. ノーベル化学賞受賞者が講演 3月1日、徳島文理大学
  3. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  4. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  5. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  6. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  7. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  8. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イミンを求核剤として反応させる触媒反応
  2. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  3. レビュー多くてもよくね?
  4. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  5. Essential Reagents for Organic Synthesis
  6. テルペンを酸化的に”飾り付ける”
  7. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  8. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  9. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-
  10. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP