[スポンサーリンク]

ケムステニュース

高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復”

アドレナリン化学者の高峰譲吉(1854~1922)らが発見した「アドレナリン」が4月から、医薬品の正式名称として使われることになった。

Click here to find out more!

 これまでは米国の学者が命名した「エピネフリン」を使用してきた。高峰の業績を正しく評価すべきだとの声が高まり、厚生労働省は医薬品の規格基準を定めた公定書「日本薬局方」を改正、1900年のアドレナリン発見以来107年目の”名誉回復”をはかる。(引用:読売新聞

 非常に喜ばしい話ですね。高嶺譲吉は「タカヂアスターゼ」(三共胃腸薬)やこの「アドレナリン」の開発者です。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 抗がん剤などの原料の新製造法
  2. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  3. アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立…
  4. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  5. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水…
  6. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  7. ノーベル化学賞明日発表
  8. 肩こりにはラベンダーを

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  2. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  3. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  4. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  5. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  6. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場
  7. 光薬理学 Photopharmacology
  8. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  9. レビュー多すぎじゃね??
  10. 銀を使ってリンをいれる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP