[スポンサーリンク]

ケムステニュース

BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)はこのほど、医薬品業界を対象に新しいキラル中間体を生産する画期的なプロセスを開発しました。これにより、活性を持つスチレンオキシドと脂肪族アルコールの製造技術が強化されました。この新プロセスは、バイオ触媒として脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)を用いており、医薬品業界が製品の基本骨格として重視する高純度物質の生産も可能となります。

さらにBASFでは、(R,R)-および(S,S)-ビス(1-フェニルエチル)アミンという応用範囲の広い2種類のキラルアミン類をポートフォリオに追加しました。この2種類のプロセスケミカルは、非天然アミノ酸の不斉合成に対してだけでなく、キラル塩基(すなわち、Shimpkinsの不斉脱プロトン化塩基)の出発原料としても使用することができます。(引用:ACN Newswire)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大鵬薬品、米社から日本での抗癌剤「アブラキサン」の開発・販売権を…
  2. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  3. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  5. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  6. 第8回XAFS討論会
  7. ふるい”で気体分離…京大チーム
  8. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を
  2. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応
  3. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  4. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  5. むずかしいことば?
  6. スローン賞って知っていますか?
  7. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst
  8. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  9. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー
  10. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP