[スポンサーリンク]

ケムステニュース

BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)はこのほど、医薬品業界を対象に新しいキラル中間体を生産する画期的なプロセスを開発しました。これにより、活性を持つスチレンオキシドと脂肪族アルコールの製造技術が強化されました。この新プロセスは、バイオ触媒として脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)を用いており、医薬品業界が製品の基本骨格として重視する高純度物質の生産も可能となります。

さらにBASFでは、(R,R)-および(S,S)-ビス(1-フェニルエチル)アミンという応用範囲の広い2種類のキラルアミン類をポートフォリオに追加しました。この2種類のプロセスケミカルは、非天然アミノ酸の不斉合成に対してだけでなく、キラル塩基(すなわち、Shimpkinsの不斉脱プロトン化塩基)の出発原料としても使用することができます。(引用:ACN Newswire)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  2. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  3. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  4. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  5. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…
  6. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験を…
  7. 経営統合のJXTGホールディングスが始動
  8. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  2. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  3. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  4. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  5. アトムエコノミー Atom Economy
  6. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内
  7. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成
  8. その実験結果信用できますか?
  9. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  10. その電子、私が引き受けよう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP