[スポンサーリンク]

ケムステニュース

BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!

[スポンサーリンク]

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)はこのほど、医薬品業界を対象に新しいキラル中間体を生産する画期的なプロセスを開発しました。これにより、活性を持つスチレンオキシドと脂肪族アルコールの製造技術が強化されました。この新プロセスは、バイオ触媒として脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)を用いており、医薬品業界が製品の基本骨格として重視する高純度物質の生産も可能となります。

さらにBASFでは、(R,R)-および(S,S)-ビス(1-フェニルエチル)アミンという応用範囲の広い2種類のキラルアミン類をポートフォリオに追加しました。この2種類のプロセスケミカルは、非天然アミノ酸の不斉合成に対してだけでなく、キラル塩基(すなわち、Shimpkinsの不斉脱プロトン化塩基)の出発原料としても使用することができます。(引用:ACN Newswire)

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  2. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  3. 出光・昭和シェル、統合を発表
  4. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  5. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  6. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  7. 抗がん剤などの原料の新製造法
  8. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  2. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  3. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  4. トランジスタの三本足を使ってsp2骨格の分子模型をつくる
  5. 化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編
  6. 化学反応を“プローブ”として用いて分子内電子移動プロセスを検出
  7. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  8. 第43回―「均質ナノ粒子の合成と生命医学・触媒への応用」Taeghwan Hyeon教授
  9. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  10. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2006年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP