[スポンサーリンク]

ケムステニュース

BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!

[スポンサーリンク]

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)はこのほど、医薬品業界を対象に新しいキラル中間体を生産する画期的なプロセスを開発しました。これにより、活性を持つスチレンオキシドと脂肪族アルコールの製造技術が強化されました。この新プロセスは、バイオ触媒として脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)を用いており、医薬品業界が製品の基本骨格として重視する高純度物質の生産も可能となります。

さらにBASFでは、(R,R)-および(S,S)-ビス(1-フェニルエチル)アミンという応用範囲の広い2種類のキラルアミン類をポートフォリオに追加しました。この2種類のプロセスケミカルは、非天然アミノ酸の不斉合成に対してだけでなく、キラル塩基(すなわち、Shimpkinsの不斉脱プロトン化塩基)の出発原料としても使用することができます。(引用:ACN Newswire)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヘリウム不足いつまで続く?
  2. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  3. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  4. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…
  5. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解…
  6. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  7. 家庭での食品保存を簡単にする新製品「Deliéa」
  8. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  2. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  3. 世界初の有機蓄光
  4. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation
  5. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  6. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  7. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  8. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  9. ビタミンB12 /vitamin B12
  10. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆186億円。

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Altmetric Score Top 100をふりかえる ~2018年版~

Tshozoです。暑い中電子版ジャーナルをお読みの方々、論文横のコーナーにある数字をご覧にな…

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP