[スポンサーリンク]

ケムステニュース

【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン

ボルタレン経営コンサルティングの日本エル・シー・エー(=日本LCA、京都市)が医師600人に対し、「鎮痛・抗炎症薬の認知度、処方経験実態」を調べたところ、最も良く知られ、最も処方経験の度合いが高く、最も好んで使用する薬剤は、経口剤ではいずれの評価でも「ロキソニン」(第一三共)だった。次いで「ボルタレン」(ノバルティス)で、この2剤は他剤に比べ突出して高い評価となった。

 調査は、今年2月22~27日にかけて鎮痛・抗炎症薬を処方する医師600人を対象に、インターネットを介して行った。主な調査項目は「医師が鎮痛・抗炎症薬としてイメージする薬剤」(認知率)、「自身が処方したことのある薬剤」(処方経験率)、「最も好んで使用する薬剤」(愛用率)。

 

ロキソニン経口剤では、認知率、処方経験率でロキソニン、ボルタレンを挙げる医師が7割以上に上り、3位以下を大きく引き離す結果となった。認知率の3位は「モービック」(第一三共)、処方経験率の3位は「ポンタール」(第一三共)だった。(引用:薬事日報

 

 

ロキソニン(Loxonin)は第一三共のプロピオン酸系消炎鎮痛剤、ボルタレンはノバルティスの解熱鎮痛薬です。熱がある、ちょっと咳が・・など、そういうときにとりあえず処方する薬です。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  2. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  3. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  4. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  5. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  6. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  7. メラノーマ治療薬のリード化合物を発見
  8. 2021年、ムーアの法則が崩れる?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)
  2. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授
  3. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた
  4. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride
  5. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する
  6. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  7. コランヌレン : Corannulene
  8. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  9. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  10. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

上野公園内の日本科学博物館で開催されている「日本を変えた千の技術博」をみてきました。科博の特…

ケミカルメーカーのライフサエンス事業戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、ケミ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP