[スポンサーリンク]

ケムステニュース

マンダム、不快刺激が少なく持続的な清涼成分を発見 ~夏をより快適に過ごすための研究~

[スポンサーリンク]

株式会社マンダムは化粧品(医薬部外品を含む)の機能や使用感の向上を目指し、皮膚における感覚刺激に着目した研究を行っています。その一環として、快適な清涼感の実現に向けてさまざまな研究に取り組んでいます。今回、l-メンチルグリセリルエーテル(化粧品成分表示名 メントキシプロパンジオール)に不快刺激を抑制する効果と、清涼感が持続する性質があることを確認いたしました。この成果はコロナ禍の現状において、マスク着用生活の中で感じる不満の解消にお役立ちできる、快適な清涼感の提供に繋がると考えます。 (引用:マンダムプレスリリース5月28日)

株式会社マンダムは、ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」より、暑い時期にマスクを着用する際にシュッと吹きかけるだけで、爽やかな香りと心地よいクール感を得られる「マスク爽快アロマミスト」を2021年5月31日(月)に新発売します。(引用:マンダムプレスリリース3月30日)

株式会社マンダムは、ニューノーマル時代の快適なウォーキングシーンに向けて「マンダム ウォークシップ マスク快適スプレー」を2021年4月26日(月)に新発売します。“ムレマスク”を“ひんやり快適マスク”にする新提案で、生活者の快適で、楽しいウォーキングシーンにお役立ちします。 (引用:マンダムプレスリリース3月4日)

日本では、依然としてマスクを着用する必要がある状況が続いており、今年の夏もマスクから解放されることはなさそうです。そんな中、化粧品メーカーのマンダムでは暑い日でも人が快適に過ごせるように、清涼感を実現するための研究を行っています。その中で、l-メンチルグリセリルエーテルに不快刺激を抑制する効果と、清涼感が持続する性質があることを確認し、このl-メンチルグリセリルエーテルが配合されたマスク向けスプレーの販売を開始しました。

そもそも、人間はなぜ気温が高いと不快に感じるかというと、皮膚の神経にはTRP チャネルと呼ばれる化学物質や温度を感知して電気信号に変換するセンサーがあり、それが刺激されることで、何かを感じることになります。TRPチャンネルには、種類があり人間の場合には27のチャンネルがあります。それぞれが活性化される条件は異なり、TRPV1は、熱刺激(暑さ)やカプサイシン(トウガラシに含まれる成分)によって活性化され、不快に感じることが分かっています。

チャンネルごとに人間が感じる温度と活性化に作用する物質(出典:マンダムプレスリリース

一方でメントールは、TRPM8と呼ばれる別のチャンネルを活性化させる効果があり、これにより清涼感を感じていると考えられており、お菓子やボディケアの製品に多用されています。ただし多くの製剤に清涼成分としてだけでなく鎮痛を目的に用いられていますが、その鎮痛メカニズムについては明らかになっていませんでした。 そこでマンダムでは、TRPV1を活性化させる条件でメントールを作用されると、その度合いが大きく低下することを発見しメントールがTRPM8を活性化させて清涼感を出すだけでなく、TRPV1を抑制させて鎮痛させていることを実験的に証明しました。

図1:メントールありなしでのTRPV1の活性度の違い 図2:メントールの濃度別TRPV1の活性度の違い 図3:Vanillyl Buthyl Ether(VBE)に対してメントールあるなしでのTRPV1の活性度の違い(出典:マンダムプレスリリース

ここからが、今回のプレスリリースの内容になりますが、メントールは、揮発しやすい成分であるため清涼感が持続しにくいという課題点があり、持続力のある清涼感の実現を目指して研究を進めていたそうです。結果、l-メントールと構造の近いl-メンチルグリセリルエーテルにはさらに高い TRPV1抑制効果があることを見出しました。

l-メンチルグリセリルエーテルの構造式(出典:マンダムプレスリリース

上記と同様の実験でメントールとの性能を比較すると、同じ濃度でよりTRPV1の活性度を下げる効果が確認されています。

濃度別TRPV1の活性度の違い(出典:マンダムプレスリリース

また、皮膚浸透性試験においてl-メンチルグリセリルエーテルの方が多く、皮膚内に含まれていることが確認されています。

時間ごとのマスク内の清涼感の違い(出典:マンダムプレスリリース

さらに、実際にマスク内に噴霧して着用した清涼感をチェックしてもl-メンチルグリセリルエーテルの方が30分後のスコアは高い結果となりました。目や肌刺激感の不快度においてもl-メンチルグリセリルエーテルの方が低いことも確認されています。

不快度の違い(出典:マンダムプレスリリース

以上の結果においてl-メンチルグリセリルエーテルがメントールよりも高いパフォーマンスを持つことが確認されました、そこでマンダムとしてはこれを清涼感のキー成分として使用することで、不快刺激が少なく持続する清涼感を提供できると考えているそうです。またこの結果は2021年7月15日に開催される、第86回日本化粧品技術者会研究討論会で発表される予定です。

この研究結果に直接関連しているかどうかは不明ですが、マンダムでは、マスク向けスプレー、マスク爽快アロマミストとマンダム ウォークシップ マスク快適スプレーを発売しました。どちらの商品にもl-メンチルグリセリルエーテルに加えてメントールとシュウ酸メンチルエチルアミドもクーリング成分として加えられているようです。l-メンチルグリセリルエーテル以外にも2つの成分を使われている理由は公開されておりませんが、価格や上記以外のパフォーマンスの影響で3種類の成分を混合しているのかもしれません。

新商品、マスク爽快アロマミスト(出典:Amazon

新商品、ウォークシップ マスク快適スプレー(出典:マンダムプレスリリース

l-メンチルグリセリルエーテル自体はすでに広く使われている化合物ですが、実験的にメントールとのパフォーマンスの違いを示し、そして人の使用感においてもその差が表れたことに驚きを感じました。マスク向けスプレーに配合されているシュウ酸メンチルエチルアミドも似たような構造で、こちらもメントールよりも爽快感が続くようですので、TRPV1の抑制効果に違いがあるのか気になるところです。

シュウ酸メンチルエチルアミドの構造式

マンダムでは、肌の老化や再生のメカニズムを科学的に解明することを進めていて、今年の3月には北里大学にスキンサイエンス共同研究講座(マンダム)を開設しました。具体的には、肌悩みに合わせた技術や有効成分を効率的にターゲット部位に届ける薬物送達技術、非侵襲肌評価技術の確立を目指すそうです。

もちろん、実際に使用した結果の比較が最も信頼されるべきデータですが、化粧品など人に使う化学品の場合、人によっていろいろな違いがあり、その感じ方も人それぞれで、すべての人が調査結果通りに感じるかはわかりません。そんな系において基礎的なデータ(この例で言えばTRPV1の活性度の比較実験)は、パフォーマンスの違いの裏付けになるため有用だと思います。もちろん、この例で言えば、長年の研究で評価方法が確立されていたからこそ違いを見ることができたわけであり、基礎的な現象を解明しておくことの重要性が分かる結果ではないでしょうか。産学連携がうまく機能して、それぞれが手を出しにくい分野・内容の研究が進み、お互いに実りあるオープンイノベーションが促進されることを期待します。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  2. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  3. アセチレン、常温で圧縮成功
  4. 保護により不斉を創る
  5. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  6. 米国の化学系ベンチャー企業について調査結果を発表
  7. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート
  8. 中皮腫治療薬を優先審査へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました
  2. 天才児の見つけ方・育て方
  3. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky
  4. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensation
  5. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  6. 元素も分析する電子顕微鏡
  7. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材
  8. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  9. 【四国化成工業】新卒採用情報(2022卒)
  10. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?

化学実験の際に一般的に着用されるニトリル製手袋は、有機溶媒を貫通させます。そのため、手袋を着用した手…

「化学と工業」読み放題になったの知ってますか?+特別キャンペーン

日本化学会会員の皆様に朗報です。会員が毎月届けられる「化学と工業」誌。じっくり読む人、パラパ…

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP