[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる

化学大手が原油高によるコスト増を吸収するため、石油化学製品の原料多様化を加速する。昭和電工は今年、主力生産拠点でナフサ(粗製ガソリン)以外の原料の割合を4分の1まで拡大。三菱化学や旭化成も非ナフサ原料の使用比率を高める。日本の化学業界は世界的にもナフサ依存度が高く、原油価格が高止まりするとみて、ナフサ依存からの脱却を急ぐ。(引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  2. Nature Chemistryデビュー間近!
  3. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  4. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  5. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  6. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  7. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  8. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  2. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  3. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業
  4. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent
  5. トビン・マークス Tobin J. Marks
  6. 論文がリジェクトされる10の理由
  7. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  8. 第35回安全工学シンポジウム
  9. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  10. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理 ①

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP