[スポンサーリンク]

ケムステニュース

黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

[スポンサーリンク]

米レンセラー工科大とライス大の研究チームが「世の中で最も暗い物質」をつくった。当たった光の99.955%を吸収するという。ギネスブックに世界記録として申請している。(引用:asahi.com)

 

関連文献

[1] Experimental Observation of an Extremely Dark Material Made By a Low-Density Nanotube Array. Yang, Z.-P.; Ci, L.; Bur, J. A.; Lin, S.-Y.; Ajayan, P. M. Nano Lett. 2008, ASAP DOI: 10.1021/nl072369t

 

外部リンク

「最も暗い物質」 米大学が開発 (ITMedia)

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏…
  2. 繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発
  3. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内
  4. ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒
  5. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  6. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  7. アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大
  8. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授
  2. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請
  3. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  4. Density Functional Theory in Quantum Chemistry
  5. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  6. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  7. 今年の光学活性化合物シンポジウム
  8. 有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ
  9. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  10. 駅トイレ光触媒で消臭

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

有機強相関電子材料の可逆的な絶縁体-金属転移の誘起に成功

第410X回のスポットライトリサーチは、熊本大学 自然科学教育部理学専攻化学コース 松田研究室の照屋…

MEDCHEM NEWS 31-3号「ケムステ代表寄稿記事」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成

第409回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 材料系 原・鎌田研究室に在籍されて…

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP