[スポンサーリンク]

ケムステニュース

『分子科学者がいどむ12の謎』

 

 

愛知県岡崎市にある分子科学研究所が、創設30周年を記念して企画執筆した。中高生や若い研究者に分子の世界の不思議やおもしろさを知ってもらおうと、人工光合成や有機超伝導体など最先端のテーマを紹介。CD-ROMの付録付き。 (化学同人、2310円)(引用:東京新聞)
名前の通り12章で構成されておりSTM(走査型トンネル顕微鏡)、夢の有機超伝体はできるか?、金属ナノクラスターについて、生物が重金属毒性を避けるシステム、人工光合成への道、光で分子の一瞬を捕らえる?、分子磁石、光で化学反応を制御!?、コンピューターで巨大分子の形や性質をみる、水中での有機合成反応などなど、現在行われている最先端の研究を簡単にかつ端的に紹介しています。

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  2. 保護により不斉を創る
  3. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  4. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  5. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  6. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  7. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  8. 希少金属

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  2. 書物から学ぶ有機化学 1
  3. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』
  4. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  5. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  6. 持田製薬、創薬研究所を新設
  7. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertweck
  8. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  9. 小さなフッ素をどうつまむのか
  10. 顕微鏡で化学反応を見る!?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP