[スポンサーリンク]

ケムステニュース

『分子科学者がいどむ12の謎』

 

 

愛知県岡崎市にある分子科学研究所が、創設30周年を記念して企画執筆した。中高生や若い研究者に分子の世界の不思議やおもしろさを知ってもらおうと、人工光合成や有機超伝導体など最先端のテーマを紹介。CD-ROMの付録付き。 (化学同人、2310円)(引用:東京新聞)
名前の通り12章で構成されておりSTM(走査型トンネル顕微鏡)、夢の有機超伝体はできるか?、金属ナノクラスターについて、生物が重金属毒性を避けるシステム、人工光合成への道、光で分子の一瞬を捕らえる?、分子磁石、光で化学反応を制御!?、コンピューターで巨大分子の形や性質をみる、水中での有機合成反応などなど、現在行われている最先端の研究を簡単にかつ端的に紹介しています。

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  2. 風力で作る燃料電池
  3. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  4. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  5. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小…
  6. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  7. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  8. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高活性な不斉求核有機触媒の創製
  2. 熊田 誠 Makoto Kumada
  3. 医薬品の黄金世代到来?
  4. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  6. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  7. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  8. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  9. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化
  10. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP