[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda

 

アミール・H・ホベイダ (Amir H. Hoveyda、1959年4月5日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:ISOM XIX)。米ボストンカレッジ化学科 教授 (写真:Bostoniano.info)。

経歴

1981 コロンビア大学 卒業
1986 イェール大学 博士号取得 (Stuart L. Schreiber 教授)
1986-1990 ハーバード大学 博士研究員 (David A. Evans教授)
1990-1994 ボストンカレッジ 助教授
1994-1998 ボストンカレッジ 教授
1998- ボストンカレッジ Joseph T. and Patricia Vanderslice Millennium Professor of Chemistry

 

受賞歴

1984 R. B. Flint Graduate Fellowship Award, Yale University
1985 National Research Service Award, National Institutes of Health
1986 Postdoctoral Fellowship, American Cancer Society
1992 Boston College Distinguished Junior Faculty Award
1992 National Young Investigator, National Science Foundation
1992 Eli Lilly Grantee Award
1993 Junior Faculty Research Award, American Cancer Society
1993 Pfizer Research Award in Synthetic Organic Chemistry
1994 Alfred P. Sloan Research Fellowship
1994 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
1995 Johnson & Johnson Focused Giving Award
1998 American Chemical Society Cope Scholar Award
2000 Boston College Distinguished Senior Faculty Research Award
2001 Novartis Research Award in Synthetic Organic Chemistry
2002 ExxonMobil Excellence in Catalysis Award
2002 Boston College Distinguished Teaching Award
2005 NIH MERIT Award
2007 Tishler Prize, Harvard University
2010 Yamada-Koga Prize
2014 American Chemical Society Award for Creative Work in Organic Synthesis
2014 Eni Award

 

研究概要

新規不斉金属触媒の開発および複雑天然物の全合成研究

ジオールのシリル基保護による不斉非対称化を実現している(関連記事:保護により不斉を創る)。[1]

特に不斉オレフィンメタセシス触媒の開発や、銅-NHC触媒による不斉アルキル化反応にて顕著な業績を上げている。

Mo_schrock_5.gif

 

第二世代Grubbs–Hoveyda触媒と呼ばれるメタセシス触媒は、E選択的なオレフィンメタセシスの有効な触媒の一つである。また、ノーベル化学賞受賞者の1人であるSchrockらのグループと共同で、2008年には不斉オレフィンメタセシスの開発[2]、2011年にはZ選択的なオレフィンメタセシスも開発している(関連記事:Z選択的オレフィンメタセシス)。[3]

66caf9ce37399f5f2a455838389a18f4

Z選択的オレフィンメタセシス(2011年)

2015年には適用が困難もしくは不可能であったアルコールやカルボン酸などを有する基質に対しても、アニオン性配位子を有する二つのルテニウム錯体により高選択的にZ体のオレフィンを得ることに成功している(関連記事:向かうところ敵なし?オレフィンメタセシス[4]

fc73d1948c993f0e72455369b56b010d

アニオン性配位子を有するルテニウム錯体を用いた反応性官能基を有するオレフィンとのクロスメタセシス

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  1. Zhao, Y.; Rodrigo, J.; Hoveyda, A. H.; Snapper, M. L. Nature 2006, 443, 67. DOI: 10.1038/nature05102
  2. Malcolmson, S. J.; Meek, S. J.; Sattely, E. S.; Schrock, R. R.; Hoveyda, A. H.Nature 2008456, 933. DOI:10.1038/nature07594
  3. Meek, S. J.; O’Brien, R. V.; Llaveria, J.; Schrock, R. R.; Hoveyda, A. H. Nature 2011471, 461. DOI:10.1038/nature09957
  4. Koh, M. J.; Khan, R. K. M.; Torker, S.; Yu, M.; Mikus, M. S.; Hoveyda, A. H. Nature 2015517, 181. DOI:10.1038/nature14061

 

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  2. マーティン・カープラス Martin Karplus
  3. 浜地 格 Itaru Hamachi
  4. ジョン・フェン John B. Fenn
  5. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  6. 村井 眞二 Shinji Murai
  7. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  8. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement
  2. 抗がん剤などの原料の新製造法
  3. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  4. エドマン分解 Edman Degradation
  5. 昭和電工、青色LEDに参入
  6. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる
  7. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  8. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  9. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  10. Rice cooker

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP