[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda

[スポンサーリンク]

 

アミール・H・ホベイダ (Amir H. Hoveyda、1959年4月5日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:ISOM XIX)。米ボストンカレッジ化学科 教授 (写真:Bostoniano.info)。

経歴

1981 コロンビア大学 卒業
1986 イェール大学 博士号取得 (Stuart L. Schreiber 教授)
1986-1990 ハーバード大学 博士研究員 (David A. Evans教授)
1990-1994 ボストンカレッジ 助教授
1994-1998 ボストンカレッジ 教授
1998- ボストンカレッジ Joseph T. and Patricia Vanderslice Millennium Professor of Chemistry

 

受賞歴

1984 R. B. Flint Graduate Fellowship Award, Yale University
1985 National Research Service Award, National Institutes of Health
1986 Postdoctoral Fellowship, American Cancer Society
1992 Boston College Distinguished Junior Faculty Award
1992 National Young Investigator, National Science Foundation
1992 Eli Lilly Grantee Award
1993 Junior Faculty Research Award, American Cancer Society
1993 Pfizer Research Award in Synthetic Organic Chemistry
1994 Alfred P. Sloan Research Fellowship
1994 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
1995 Johnson & Johnson Focused Giving Award
1998 American Chemical Society Cope Scholar Award
2000 Boston College Distinguished Senior Faculty Research Award
2001 Novartis Research Award in Synthetic Organic Chemistry
2002 ExxonMobil Excellence in Catalysis Award
2002 Boston College Distinguished Teaching Award
2005 NIH MERIT Award
2007 Tishler Prize, Harvard University
2010 Yamada-Koga Prize
2014 American Chemical Society Award for Creative Work in Organic Synthesis
2014 Eni Award

 

研究概要

新規不斉金属触媒の開発および複雑天然物の全合成研究

ジオールのシリル基保護による不斉非対称化を実現している(関連記事:保護により不斉を創る)。[1]

特に不斉オレフィンメタセシス触媒の開発や、銅-NHC触媒による不斉アルキル化反応にて顕著な業績を上げている。

Mo_schrock_5.gif

 

第二世代Grubbs–Hoveyda触媒と呼ばれるメタセシス触媒は、E選択的なオレフィンメタセシスの有効な触媒の一つである。また、ノーベル化学賞受賞者の1人であるSchrockらのグループと共同で、2008年には不斉オレフィンメタセシスの開発[2]、2011年にはZ選択的なオレフィンメタセシスも開発している(関連記事:Z選択的オレフィンメタセシス)。[3]

66caf9ce37399f5f2a455838389a18f4

Z選択的オレフィンメタセシス(2011年)

2015年には適用が困難もしくは不可能であったアルコールやカルボン酸などを有する基質に対しても、アニオン性配位子を有する二つのルテニウム錯体により高選択的にZ体のオレフィンを得ることに成功している(関連記事:向かうところ敵なし?オレフィンメタセシス[4]

fc73d1948c993f0e72455369b56b010d

アニオン性配位子を有するルテニウム錯体を用いた反応性官能基を有するオレフィンとのクロスメタセシス

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  1. Zhao, Y.; Rodrigo, J.; Hoveyda, A. H.; Snapper, M. L. Nature 2006, 443, 67. DOI: 10.1038/nature05102
  2. Malcolmson, S. J.; Meek, S. J.; Sattely, E. S.; Schrock, R. R.; Hoveyda, A. H.Nature 2008456, 933. DOI:10.1038/nature07594
  3. Meek, S. J.; O’Brien, R. V.; Llaveria, J.; Schrock, R. R.; Hoveyda, A. H. Nature 2011471, 461. DOI:10.1038/nature09957
  4. Koh, M. J.; Khan, R. K. M.; Torker, S.; Yu, M.; Mikus, M. S.; Hoveyda, A. H. Nature 2015517, 181. DOI:10.1038/nature14061

 

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi
  2. キャロライン・ベルトッツィ Carolyn R. Bertozz…
  3. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  4. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  5. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramak…
  6. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  7. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose
  8. 福山透 Tohru Fukuyama

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本ビュッヒ「Cartridger」:カラムを均一・高効率で作成
  2. 化学者の卵、就職サイトを使い始める
  3. Z-スキームモデル Z-Scheme Model
  4. 日本人化学者による卓越した化学研究
  5. [5+1]環化戦略による触媒的置換シクロヘキサン合成
  6. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  7. 秋の褒章2010-化学
  8. 小林 修 Shu Kobayashi
  9. キラルな八員環合成におすすめのアイロン
  10. マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP