[スポンサーリンク]

ケムステしごと

四国化成工業ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材料」を創り続ける研究・開発型企業です。

開発部隊が主役の研究・開発型企業

四国化成は、開発部隊のアイデアと有機合成技術を強みとする研究・開発型企業です。四国化成の開発部隊は、自らユーザー技術者と議論を重ね、顧客の課題を適切に理解することで、最適な化合物をデザイン・合成しお客様に届けています。これらの開発プロセスから創出された新規材料は、様々な最先端用途での課題を解決し、社会の技術革新を支えています。

四国化成の開発部隊

 

5G社会の高速通信を支える新規材料

現代のインターネット通信を支える大型サーバー等の高速通信分野の材料では、電気信号の高速化・ロス低減への要求から、より誘電率・誘電正接の低い樹脂が検討されています。しかし、これらの樹脂は誘電特性に優れる一方、密着性や機械物性等が悪化する傾向があり、このトレードオフが課題となっていました。四国化成では、顧客との密な情報交換と独自の有機合成技術を活用し、誘電特性を損なわず、かつ課題となっていた物性を大きく改善させる「樹脂架橋剤」を開発しました。これら材料は、最新の低誘電樹脂と組み合わせることでトレードオフとなっていた性能の両立に成功し、5G社会を支える高速通信機器に使用されています。

高速伝送を支える四国化成樹脂架橋剤群

 

半導体性能向上を支える半導体プロセス材料

また、現代のIoT技術を実現する半導体分野でも四国化成の開発品は使用されています。半導体シリコンウエハの回路形成に使用される半導体プロセス材料は、超微細回路を形成するためにより複雑化しており、材料合成の難易度が飛躍的に高まっています。また、材料中の含有不純物は、回路形成時の不具合原因となるため、特に金属不純物はppt(10-12)オーダーでの厳格な管理が要求されます。更に、半導体材料の評価スピードは非常に速く、迅速な化合物合成ルート構築が要求されます。私たちは、独自の有機合成技術をもとに、複雑な構造を有する化合物を合成するための多段階の合成ルートと、pptオーダーの金属管理を実現する精製工程から成る製法を構築し、迅速に新規材料を提供しています。これら四国化成の開発品が使用された半導体は、最先端のスマートフォン、PC、自動車等、世界中の電子機器に使用されています。

モノづくり一筋、「独創力」で世界の進歩をリードし続ける

四国化成では2030年に向けて新たなステージへの飛躍を目指す、長期ビジョン「Challenge1000」を策定しました。変わらぬ企業理念「独創力」のもと、2030年のありたい姿として、「独創力で、“一歩先行く提案”型企業へ」を掲げ、独創的なアイデアで社会課題を解決し、世界の進歩をリードしていきます。

新規製品開発を担う開発部隊では、誰もやってこなかった「新しい化合物」にこだわって開発に取り組んでいます。私たちはニーズ調査に始まり、ラボ合成、実機スケールアップ製造、顧客との品質すり合わせ、最終的に顧客の製品化まで見届けます。ラボでの実験以外にも様々な業務に関わることになりますが、ラボだけでは味わえない達成感を感じながら日々開発に取り組んでいます。

 

四国化成工業の基本情報

会社名 四国化成工業株式会社
本社所在地 香川県丸亀市土器町東8丁目537番地1
事業所
  • 本社:香川県
  • R&Dセンター:香川県
  • 工場:香川県、徳島県
  • 事業所:仙台、幕張、静岡、名古屋、大阪、岡山、香川、福岡 他
事業内容 ■化学品事業 身近な商品の中間材料の開発・製造・販売等

ファインケミカル:5G社会を支える高速伝送用途樹脂改質剤、最先端半導体プロセス材料

無機化成品:自動車等に使用されているラジアルタイヤの材料「不溶性硫黄」

有機化成品:塩素化イソシアヌル酸を原料とする殺菌・消毒剤「ネオクロール」

■建材事業 景観・住宅エクステリア商品、内外装・塗装材の開発・製造・販売等

創業 1947年10月10日
 資本金 68億6,770万円
 売上高 495億9,000万円(2021年3月/連結)
 従業員数 618名(単体)、1,194名(連結)
 ホームページ https://www.shikoku.co.jp/

関連記事

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化
  2. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる
  3. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功
  4. PACIFICHEM2010に参加してきました!①
  5. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  6. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  7. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  8. 2013年就活体験記(2)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  2. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  3. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)
  4. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授
  5. 化学系ブログのランキングチャート
  6. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  7. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement
  8. 金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能
  9. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェック!
  10. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP