[スポンサーリンク]

ケムステしごと

四国化成工業ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプローチ」で創り続ける研究・開発型企業です。

意外と身近な四国化成の化学品

一般的には知られていませんが、四国化成の化学品は皆さまの身近なところで使われています。例えば、プールの中に沈んでいるタブレット、実は四国化成の殺菌・消毒剤「ネオクロール」なんです。ネオクロールは安全で目への刺激が少なく、世界各国で暮らしや産業のクリーンな水環境を守っています。

さらに四国化成では複素環合成技術を活かし、特徴的な新規誘導体を開発・創出し続けています。特にイミダゾール誘導体は、エポキシ樹脂の塩基性重合触媒として使用され、最先端の半導体パッケージに含まれる積層板等の用途で広く使用されています。四国化成ではイミダゾール骨格に様々な置換基を導入することで幅広い製品バリエーションを展開し、ユーザーの細かな要望にお応えしています。さらに、イミダゾールの強い配位能を利用した処理薬液「タフエース」は、プリント配線板の銅回路上に均一なイミダゾール被膜を形成することで優れた腐食抑制効果を付与し、業界スタンダードとして圧倒的な地位を誇ります。目まぐるしい技術革新により年々ユーザーからの要求特性は上がり続けていますが、要求特性に適した新規イミダゾール構造を開発することでシェアNo.1を維持しています。

 

モノづくり一筋、「独創力」で世界の進歩をリードし続ける

四国化成では2030年に向けて新たなステージへの飛躍を目指す、長期ビジョン「Challenge1000」を策定しました。変わらぬ企業理念「独創力」のもと、2030年のありたい姿として、「独創力で、“一歩先行く提案”型企業へ」を掲げ、独創的なアイデアで社会課題を解決し、世界の進歩をリードしていきたいと願っています。

新規製品開発を担う開発部隊では、誰もやってこなかった「新しい化合物」にこだわって開発に取り組んでいます。四国化成の開発部隊は、ニーズ調査に始まり、ラボ合成、実機スケールアップ製造、顧客との品質すり合わせ、最終的に顧客の製品化まで見届けます。ラボでの実験以外にも様々な業務に関わることになりますが、ラボだけでは味わえない達成感を感じながら日々開発に取り組んでいます。

 

四国化成工業の基本情報

会社名 四国化成工業株式会社
本社所在地 香川県丸亀市土器町東8丁目537番地1
事業所
  • 本社:香川県
  • R&Dセンター:香川県
  • 工場:香川県、徳島県
  • 事業所:仙台、幕張、静岡、名古屋、大阪、岡山、香川、福岡 他
事業内容 ■化学品事業 身近な商品の中間材料の開発・製造・販売等
ファインケミカル:5Gなど電子機器の進歩を支える樹脂改質剤
無機化成品:自動車等に使用されているラジアルタイヤの材料「不溶性硫黄」
有機化成品:塩素化イソシアヌル酸を原料とする殺菌・消毒剤「ネオクロール」
■建材事業 景観・住宅エクステリア商品、内外装・塗装材等の開発・製造・販売等
創業 1947年10月10日
 資本金 68億6,770万円
 売上高 515億6,400万円(2020年3月/連結)
 従業員数 660名(単体)、1,206名(連結)
 ホームページ https://www.shikoku.co.jp/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  2. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法
  3. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click…
  4. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支…
  5. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程…
  6. 細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドがで…
  7. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生
  8. ゴジラの強さを科学的に証明!? ~「空想科学研究所」より~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  2. 天然階段状分子の人工合成に成功
  3. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  4. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora
  5. カチオン重合 Cationic Polymerization
  6. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  7. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  8. 大学入試のあれこれ ②
  9. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました
  10. ミツバチの活動を抑えるスプレー 高知大発の企業が開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!

第21回VシンポはVシンポ協賛企業の一つであるメルク株式会社の持ち込み企画です.視聴される側からする…

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP