[スポンサーリンク]

ケムステしごと

四国化成工業ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプローチ」で創り続ける研究・開発型企業です。

意外と身近な四国化成の化学品

一般的には知られていませんが、四国化成の化学品は皆さまの身近なところで使われています。例えば、プールの中に沈んでいるタブレット、実は四国化成の殺菌・消毒剤「ネオクロール」なんです。ネオクロールは安全で目への刺激が少なく、世界各国で暮らしや産業のクリーンな水環境を守っています。

さらに四国化成では複素環合成技術を活かし、特徴的な新規誘導体を開発・創出し続けています。特にイミダゾール誘導体は、エポキシ樹脂の塩基性重合触媒として使用され、最先端の半導体パッケージに含まれる積層板等の用途で広く使用されています。四国化成ではイミダゾール骨格に様々な置換基を導入することで幅広い製品バリエーションを展開し、ユーザーの細かな要望にお応えしています。さらに、イミダゾールの強い配位能を利用した処理薬液「タフエース」は、プリント配線板の銅回路上に均一なイミダゾール被膜を形成することで優れた腐食抑制効果を付与し、業界スタンダードとして圧倒的な地位を誇ります。目まぐるしい技術革新により年々ユーザーからの要求特性は上がり続けていますが、要求特性に適した新規イミダゾール構造を開発することでシェアNo.1を維持しています。

 

モノづくり一筋、「独創力」で世界の進歩をリードし続ける

四国化成では2030年に向けて新たなステージへの飛躍を目指す、長期ビジョン「Challenge1000」を策定しました。変わらぬ企業理念「独創力」のもと、2030年のありたい姿として、「独創力で、“一歩先行く提案”型企業へ」を掲げ、独創的なアイデアで社会課題を解決し、世界の進歩をリードしていきたいと願っています。

新規製品開発を担う開発部隊では、誰もやってこなかった「新しい化合物」にこだわって開発に取り組んでいます。四国化成の開発部隊は、ニーズ調査に始まり、ラボ合成、実機スケールアップ製造、顧客との品質すり合わせ、最終的に顧客の製品化まで見届けます。ラボでの実験以外にも様々な業務に関わることになりますが、ラボだけでは味わえない達成感を感じながら日々開発に取り組んでいます。

 

四国化成工業の基本情報

会社名 四国化成工業株式会社
本社所在地 香川県丸亀市土器町東8丁目537番地1
事業所
  • 本社:香川県
  • R&Dセンター:香川県
  • 工場:香川県、徳島県
  • 事業所:仙台、幕張、静岡、名古屋、大阪、岡山、香川、福岡 他
事業内容 ■化学品事業 身近な商品の中間材料の開発・製造・販売等
ファインケミカル:5Gなど電子機器の進歩を支える樹脂改質剤
無機化成品:自動車等に使用されているラジアルタイヤの材料「不溶性硫黄」
有機化成品:塩素化イソシアヌル酸を原料とする殺菌・消毒剤「ネオクロール」
■建材事業 景観・住宅エクステリア商品、内外装・塗装材等の開発・製造・販売等
創業 1947年10月10日
 資本金 68億6,770万円
 売上高 515億6,400万円(2020年3月/連結)
 従業員数 660名(単体)、1,206名(連結)
 ホームページ https://www.shikoku.co.jp/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 続・企業の研究を通して感じたこと
  2. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  3. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  4. ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】
  5. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち
  6. ここまで来たか、科学技術
  7. とある化学者の海外研究生活:アメリカ就職編
  8. ご注文は海外大学院ですか?〜準備編〜

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!
  2. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  3. ネフ反応 Nef Reaction
  4. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  5. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援
  6. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  7. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  8. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  9. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  10. 化学反応を“プローブ”として用いて分子内電子移動プロセスを検出

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始

TikTok For BusinessとAGC株式会社は、AGCをより多くの人に知っていただくことを…

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP