[スポンサーリンク]


還元

  1. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

    概要ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジン(Diethyl 1,4-dihydro-2,6-dimethyl-3,5-pyridinedicarboxylate)は、俗にHantzsch Esterと呼称さ…

  2. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride

    概要水素化ホウ素亜鉛Zn(BH4)2はZnCl2とNaBH4から調製される還元剤である。この形状…

  3. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst

    概要PF6はCrabtree触媒と呼称される取り扱い容易なカチオン性錯体であり、均一系水素化触媒…

  4. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

    概要アミンをイソニトリルに変換後、ラジカル還元条件で脱アミノ化を行う手法。…

  5. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide

    SmI2で誘導される新しいタンデムβ脱離/アルドール型反応E. Racine とS. Py は,…

  6. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal

  7. アシロイン縮合 Acyloin Condensation

  8. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation

  9. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane

  10. バーチ還元 Birch Reduction

  11. 1,2-還元と1,4-還元

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御する分子メカニズムの発見」に!
  2. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  3. 免疫/アレルギーーChemical Times特集より
  4. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  5. 死海付近で臭素が漏洩
  6. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  7. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と夢語り合い

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

PAGE TOP