[スポンサーリンク]

archives

よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide

[スポンサーリンク]

SmI2で誘導される新しいタンデムβ脱離/アルドール型反応

E. Racine とS. Py は,SmI2(0.1 mol/L THF溶液)存在下,β位にベンジルオキシ基を有するニトロンと求電子体シクロヘキサンカルボアルデヒドの反応により付加体が生成する,ニトロンのβ脱離とアルドール反応の新しいタンデム反応を報告しています。このタンデム反応によりC-O 結合がC-C 結合へ変換されています。

“Tandem SmI2-induced nitrone β-elimination/aldol-type reaction”

E. Racine, S. Py, Org. Biomol. Chem. 2009, 7, 3385. DOI: 10.1039/B910486K

GA

Upon treatment with SmI2, the carbohydrate-derived nitrones 1a,b undergo a β-elimination of thebenzyloxy group at C-1, forming original samarium(III) oxy-enamine intermediates. The latter can be reacted with carbonyl compounds to produce aldol-type adducts. The tandem process results in the transformation of a C–O bond into a C–C bond.

関連記事

  1. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  2. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  3. 角田試薬
  4. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  5. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  6. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  7. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  8. ケムステの記事が3650記事に到達!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 実験する時の服装(企業研究所)
  2. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  3. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材
  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー
  5. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  6. ディスコデルモライド /Discodermolide
  7. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣
  8. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました
  9. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  10. 有機化学命名法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP