[スポンサーリンク]

archives

よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide

SmI2で誘導される新しいタンデムβ脱離/アルドール型反応

E. Racine とS. Py は,SmI2(0.1 mol/L THF溶液)存在下,β位にベンジルオキシ基を有するニトロンと求電子体シクロヘキサンカルボアルデヒドの反応により付加体が生成する,ニトロンのβ脱離とアルドール反応の新しいタンデム反応を報告しています。このタンデム反応によりC-O 結合がC-C 結合へ変換されています。

“Tandem SmI2-induced nitrone β-elimination/aldol-type reaction”

E. Racine, S. Py, Org. Biomol. Chem. 2009, 7, 3385. DOI: 10.1039/B910486K

GA

Upon treatment with SmI2, the carbohydrate-derived nitrones 1a,b undergo a β-elimination of thebenzyloxy group at C-1, forming original samarium(III) oxy-enamine intermediates. The latter can be reacted with carbonyl compounds to produce aldol-type adducts. The tandem process results in the transformation of a C–O bond into a C–C bond.

関連記事

  1. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  2. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  3. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  4. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  5. エノキサシン:Enoxacin
  6. インドール一覧
  7. 研究者へのインタビュー
  8. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  2. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  3. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  4. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  5. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  6. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  7. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  8. スクリプス研究所
  9. カルボラン carborane
  10. 鋳型合成 Templated Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP