[スポンサーリンク]

archives

よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide

SmI2で誘導される新しいタンデムβ脱離/アルドール型反応

E. Racine とS. Py は,SmI2(0.1 mol/L THF溶液)存在下,β位にベンジルオキシ基を有するニトロンと求電子体シクロヘキサンカルボアルデヒドの反応により付加体が生成する,ニトロンのβ脱離とアルドール反応の新しいタンデム反応を報告しています。このタンデム反応によりC-O 結合がC-C 結合へ変換されています。

“Tandem SmI2-induced nitrone β-elimination/aldol-type reaction”

E. Racine, S. Py, Org. Biomol. Chem. 2009, 7, 3385. DOI: 10.1039/B910486K

GA

Upon treatment with SmI2, the carbohydrate-derived nitrones 1a,b undergo a β-elimination of thebenzyloxy group at C-1, forming original samarium(III) oxy-enamine intermediates. The latter can be reacted with carbonyl compounds to produce aldol-type adducts. The tandem process results in the transformation of a C–O bond into a C–C bond.

関連記事

  1. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  2. C60MC12
  3. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【…
  4. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  5. スマホページをリニューアルしました
  6. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  7. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  8. Reaxys無料トライアル実施中!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー雑記編
  2. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  3. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylation
  4. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  5. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  6. 2016年9月の注目化学書籍
  7. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  8. 研究室での英語【Part 3】
  9. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide
  10. 2011年ノーベル化学賞予想ーケムステ版

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP