[スポンサーリンク]

一般的な話題

DOIって何?

論文の隅っこに必ず書かれている、上のような番号、一度は見たことがあるかと思います。これは、DOI(Digital Object Identifier)と呼ばれるコードです。どういうものか、知っておくとちょっとだけ得できます。

DOIは、Web上の電子文献と一対一に対応しているコードです。商品に対するバーコードや、書籍に対するISBNコードと同類、と考えれば分かりやすいでしょうか。

 

doi_2.gif

 一旦与えられたDOIコードは恒久的に使われます。電子ジャーナル配布サイトのURLが変わっても、DOIは変わりません。Web上の電子文献を、DOIを使って管理すれば、常に同じURLで論文にアクセスできる仕組みが作れます。既にそれは実現されており、ジャーナル読者に便利なシステムが構築されています。

さて、具体的な活用の仕方ですが、意外とカンタンです。

特定の電子論文が欲しいときには、ブラウザのURL欄に以下のように入力します。

 

http://dx.doi.org/(DOIコード)

すると、その論文を配布しているページにダイレクトに移動できます。

例えば冒頭のDOIをもつ論文が欲しければ、http://dx.doi.org/10.1021/ja803370x と入力すればOKです。
筆者は、日本語変換ソフト(ATOK)に前半部を単語登録しています。つまり、“どい”と打って変換すると“http://dx.doi.org/”と表示されるように設定しています。引き続いてDOIコードをコピペすれば、即座にサイトへ移動でき、とても便利です。ちょっとしたテクニックですが、論文探索が若干速くなります。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

また、ブログ・掲示板・メールなどで、他人に論文配布先を知らせるときも、DOIで記述されたURLを教えるほうがベターです。後々のリンク切れが防げるからです。

 

関連動画

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と…
  2. タミフルの効果
  3. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”
  4. 力を加えると変色するプラスチック
  5. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  6. フェノールのC–O結合をぶった切る
  7. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?
  8. 不正の告発??

コメント

  1. 「DOI(Degital Object Identifier)と呼ばれるコード」「DOIは、Web上の電子文献と一対一に対応しているコードです。商品に対するバーコードや、書籍に対するISBNコードと同類、と考えれば」

  2. DOI(Degital Object Identifier)

  3. なるほど。てことはきちんとした文書などで確実に文献を提示するならPMIDでもいいけど、SNSやブログなどウェブ上で文献を提示するならDOIつかったリンクで提示すると便利なんですね。

    • analist
    • 2017年 4月 29日

    DOIの正式な読み方って「ドイ」でいいのですか?研究室でふとあがった質問です。

    • webmaster
      • webmaster
      • 2017年 4月 29日

      いや読み方はディー・オー・アイだと思いますよ。”どい”と単語登録しておくとDOIを入れるのが便利なのでそうしているだけですね。

        • analist
        • 2017年 5月 24日

        ありがとうございます。いつも「ドイ」と言っているので危うく外でも使うところでした。

注目情報

ピックアップ記事

  1. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応
  2. 最近の有機化学注目論文1
  3. 研究室ですぐに使える 有機合成の定番レシピ
  4. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
  5. サントリー白州蒸溜所
  6. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  7. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法」
  8. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  9. 誰でも使えるイオンクロマトグラフ 「Eco IC」新発売:メトローム
  10. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP