[スポンサーリンク]

一般的な話題

DOIって何?

論文の隅っこに必ず書かれている、上のような番号、一度は見たことがあるかと思います。これは、DOI(Digital Object Identifier)と呼ばれるコードです。どういうものか、知っておくとちょっとだけ得できます。

DOIは、Web上の電子文献と一対一に対応しているコードです。商品に対するバーコードや、書籍に対するISBNコードと同類、と考えれば分かりやすいでしょうか。

 

doi_2.gif

 一旦与えられたDOIコードは恒久的に使われます。電子ジャーナル配布サイトのURLが変わっても、DOIは変わりません。Web上の電子文献を、DOIを使って管理すれば、常に同じURLで論文にアクセスできる仕組みが作れます。既にそれは実現されており、ジャーナル読者に便利なシステムが構築されています。

さて、具体的な活用の仕方ですが、意外とカンタンです。

特定の電子論文が欲しいときには、ブラウザのURL欄に以下のように入力します。

 

http://dx.doi.org/(DOIコード)

すると、その論文を配布しているページにダイレクトに移動できます。

例えば冒頭のDOIをもつ論文が欲しければ、http://dx.doi.org/10.1021/ja803370x と入力すればOKです。
筆者は、日本語変換ソフト(ATOK)に前半部を単語登録しています。つまり、“どい”と打って変換すると“http://dx.doi.org/”と表示されるように設定しています。引き続いてDOIコードをコピペすれば、即座にサイトへ移動でき、とても便利です。ちょっとしたテクニックですが、論文探索が若干速くなります。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

また、ブログ・掲示板・メールなどで、他人に論文配布先を知らせるときも、DOIで記述されたURLを教えるほうがベターです。後々のリンク切れが防げるからです。

 

関連動画

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  2. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  4. 触媒的芳香族求核置換反応
  5. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  6. 『ほるもん-植物ホルモン擬人化まとめ-』管理人にインタビュー!
  7. 日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン
  8. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー

コメント

  1. 「DOI(Degital Object Identifier)と呼ばれるコード」「DOIは、Web上の電子文献と一対一に対応しているコードです。商品に対するバーコードや、書籍に対するISBNコードと同類、と考えれば」

  2. DOI(Degital Object Identifier)

  3. なるほど。てことはきちんとした文書などで確実に文献を提示するならPMIDでもいいけど、SNSやブログなどウェブ上で文献を提示するならDOIつかったリンクで提示すると便利なんですね。

注目情報

ピックアップ記事

  1. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride
  2. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  3. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  4. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  5. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  6. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  7. ケムステイブニングミキサー2015を終えて
  8. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  9. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  10. MRS Fall Meeting 2012に来ています

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP