[スポンサーリンク]

一般的な話題

DOIって何?

論文の隅っこに必ず書かれている、上のような番号、一度は見たことがあるかと思います。これは、DOI(Digital Object Identifier)と呼ばれるコードです。どういうものか、知っておくとちょっとだけ得できます。

DOIは、Web上の電子文献と一対一に対応しているコードです。商品に対するバーコードや、書籍に対するISBNコードと同類、と考えれば分かりやすいでしょうか。

 

doi_2.gif

 一旦与えられたDOIコードは恒久的に使われます。電子ジャーナル配布サイトのURLが変わっても、DOIは変わりません。Web上の電子文献を、DOIを使って管理すれば、常に同じURLで論文にアクセスできる仕組みが作れます。既にそれは実現されており、ジャーナル読者に便利なシステムが構築されています。

さて、具体的な活用の仕方ですが、意外とカンタンです。

特定の電子論文が欲しいときには、ブラウザのURL欄に以下のように入力します。

 

http://dx.doi.org/(DOIコード)

すると、その論文を配布しているページにダイレクトに移動できます。

例えば冒頭のDOIをもつ論文が欲しければ、http://dx.doi.org/10.1021/ja803370x と入力すればOKです。
筆者は、日本語変換ソフト(ATOK)に前半部を単語登録しています。つまり、“どい”と打って変換すると“http://dx.doi.org/”と表示されるように設定しています。引き続いてDOIコードをコピペすれば、即座にサイトへ移動でき、とても便利です。ちょっとしたテクニックですが、論文探索が若干速くなります。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

また、ブログ・掲示板・メールなどで、他人に論文配布先を知らせるときも、DOIで記述されたURLを教えるほうがベターです。後々のリンク切れが防げるからです。

 

関連動画

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  2. 172番元素までの周期表が提案される
  3. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möl…
  4. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  5. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  6. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  7. 口頭発表での緊張しない6つのヒント
  8. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…

コメント

  1. 「DOI(Degital Object Identifier)と呼ばれるコード」「DOIは、Web上の電子文献と一対一に対応しているコードです。商品に対するバーコードや、書籍に対するISBNコードと同類、と考えれば」

  2. DOI(Degital Object Identifier)

  3. なるほど。てことはきちんとした文書などで確実に文献を提示するならPMIDでもいいけど、SNSやブログなどウェブ上で文献を提示するならDOIつかったリンクで提示すると便利なんですね。

    • analist
    • 2017年 4月 29日

    DOIの正式な読み方って「ドイ」でいいのですか?研究室でふとあがった質問です。

    • webmaster
      • webmaster
      • 2017年 4月 29日

      いや読み方はディー・オー・アイだと思いますよ。”どい”と単語登録しておくとDOIを入れるのが便利なのでそうしているだけですね。

        • analist
        • 2017年 5月 24日

        ありがとうございます。いつも「ドイ」と言っているので危うく外でも使うところでした。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  2. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  3. 地域の光る化学企業たち-2
  4. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  5. 大塚国際美術館
  6. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  7. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!
  8. 抗精神病薬として初めての口腔内崩壊錠が登場
  9. 元素生活 完全版
  10. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP