[スポンサーリンク]


2011年 5月

  1. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化

    4月30日に化学同人からCSJカレントレビューの第5弾が発売になりました。今回は最近の合成反応の新潮流である不活性結合・不活性分子の活性化 (CSJカレントレビュー)がテーマ。 (さらに…)…

  2. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde

    概要N-(2,6-ジニトロフェニル)ピリジニウム塩は2級アミンの求核付加を受けて開環し、5-am…

  3. 菅沢反応 Sugasawa Reaction

    概要ニトリルを用いるアニリン誘導体のo-アシル化反応。アニリンを保護することなく行うことができる…

  4. 隣接基関与 Neighboring Group Participation

    概要反応中心の近接基が反応速度および化学選択性に影響する効果を隣接基関与(Nei…

  5. マンダー試薬 Mander’s Reagent

    概要金属エノラートにカルボキシル基を導入するための優れた試薬。クロロギ酸…

  6. MAC試薬 MAC Reagent

  7. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

  8. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine

  9. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent

  10. フェントン反応 Fenton Reaction

  11. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling

  12. ダフ反応 Duff Reaction

  13. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction

  14. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis

  15. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis

  16. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  2. ベックマン開裂 Beckmann Fragmentation
  3. 松田 豊 Yutaka Matsuda
  4. ケムステSlack、開設二周年!
  5. ついにシリーズ10巻目!化学探偵Mr.キュリー10
  6. 理研の研究グループがアスパラガスの成分を分析、血圧降下作用があることを発見
  7. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP