[スポンサーリンク]

H

ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis

 

概要

二級アリールアミンおよびグリオキサール酸付加体からオキシインドールを得る方法。

 

基本文献

  • Hinsberg, O. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188821, 110; 1898, 31, 250; 190841, 1367.
  • Hinsberg, O.; Rosenzweig, J. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 189427, 3253
  • Burton, H. J. Chem. Soc. 1932, 546.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  2. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg React…
  3. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  4. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  5. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  6. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  7. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene S…
  8. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl
  2. 力学的エネルギーで”逆”クリック!
  3. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る
  4. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功
  5. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー
  6. 化学者ネットワーク
  7. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  8. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  9. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  10. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP