[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2021年7月号:PoxIm・トリアルキルシリル基・金触媒・アンフィジノール3・効率的クリック標識法・標的タンパク質指向型天然物単離

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年7月号がオンライン公開されました。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。有機合成、楽しんでますでしょうか。

有機合成化学協会誌は今月号も充実の内容です。

キーワードは、PoxIm・トリアルキルシリル基・金触媒・アンフィジノール3・効率的クリック標識法・標的タンパク質指向型天然物単離です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:我々は後ろ向きに未来へ入っていく

今月号は、島根大学 向 智里 副学長による巻頭言です。

様々な名言・格言が登場します。オープンアクセスです。

多用途な多官能基化環状カルベンPoxImの開発

山内泰宏、星本陽一*、生越專介*

*大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻

NHCとホスフィノイル基を併せ持つ分子が示す回転挙動と、回転異性体どうしの立体的な差異をうまく利用した数々の機能が秀逸です。ぜひ、ご一読ください。

トリアルキルシリル基を変換するクロスカップリング反応

南 安規1*檜山爲次郎2*

1*産業技術総合研究所材料・化学領域触媒化学融合研究センター

2*中央大学研究開発機構

有機ケイ素化合物と有機ハロゲン化物とのクロスカップリング反応には、これまでやや特殊な有機ケイ素試薬の利用が必要でした。本論文では、有機合成化学者にとって馴染み深いトリメチルシリル(TMS)基が利用可能なクロスカップリング反応の開発がまとめられています。合成化学者のみならず有機π共役系材料を研究している読者にもおすすめです。

価数の異なる金触媒の戦略的な利用: プロパルギルアルコールをテンプレートとする合成における多様性を指向した環化反応の開発

森田延嘉*、田村 修*

*昭和薬科大学薬学部

「金は安定で反応性を示さない」と考えられていたのは、今は昔。一価の金と三価の金を使い分けることで、プロパルギルアルコールから多彩な環状化合物への変換が実現できることを反応機構も含めて分かりやすく述べられています。ぜひ、ご一読ください。

アンフィジノール3の全合成

若宮佑真2大石 徹1*

1*九州大学大学院理学研究院化学部門

2中外製薬株式会社創薬化学研究部

長年にわたり多数のグループがしのぎを削ってきたアンフィジノール3の初の全合成について、すべての工程をまとめた全合成屋必読の論文となっています。本天然物に含まれる繰り返し構造を巧みに利用した部分構造合成とそのカップリングが見どころとなっています。

実用的ながん診断・治療分子の創製を目指して -効率的クリック標識法の開発と放射線セラノスティクス-

藤木勝将、田中克典*

*東京工業大学物質理工学院応用化学系

*理化学研究所開拓研究本部

日本人の生涯で2人に1人はがんになる時代となり、放射線化学療法にご興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか?東工大・理研の田中克典先生・藤木勝将先生らは、連続的クリック反応を駆使して、放射線診断・治療と制がん剤化学療法(抗体医薬)との架け橋となる有機合成化学研究を展開されております。

標的タンパク質指向型天然物単離による天然物ケミカルバイオロジー

荒井 緑1*石橋 正己2* 

1*慶應義塾大学理工学部生命情報学科

2*千葉大学大学院薬学研究院

タンパク質と選択的に相互作用する低分子化合物を、ケミカルバイオロジーの手法により探索した総合論文です。タンパク質を磁気ビーズに固定させて磁石で選別したり、プレートに固定して蛍光で選別したりすることで達成しています。

Review de Debut

今月号のRebut de Debutは1件です。オープンアクセスなのでぜひ。

N保護アミノ酸を配位子として用いた炭素(sp3水素結合活性化反応 (大阪大学大学院薬学研究科) 吉岡祥平

Message from Young Principal Researcher MyPR:分子の力を信じて

今月号のMyPRは、北海道大学触媒科学研究所 浦口大輔 教授による寄稿記事です。

浦口 大輔 教授

分子合成に携わるひと全員に読んで欲しいです。私も愛をもって分子合成をするんだと気合いが入りました。オープンアクセスです。

感動の瞬間:研究に魅せられた平凡な女学生の話

今月号の感動の瞬間は、神戸薬科大学 宮田興子 学長による寄稿記事です。

“いずれの場面においても自分が知りたいという思いをすぐに実行し確かめるところから,新たな発見が生まれた”

多忙な日々の中で忘れがちなことですが、とても大切なことに思います。改めて自分の内なる声に耳を傾けたいと思いました。オープンアクセスです。

 

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  2. 【環境・化学分野/ウェビナー】マイクロ波による次世代製造 (プラ…
  3. NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、こ…
  4. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  5. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1…
  6. 化学者のためのエレクトロニクス入門⑥ ~エレクトロニクス産業の今…
  7. 有機化学系ラボで役に立つ定番グッズ?100均から簡単DIYまで
  8. オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子ってよく聞くけど、何がすごいの?
  2. 第3の生命鎖、糖鎖の意味を解明する!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー③】
  3. 湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜
  4. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  5. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【終了】
  6. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  7. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  8. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Claude Bradley教授
  9. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution
  10. 製薬会社のテレビCMがステキです

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP