[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanum(III) Trifluoromethanesulfonate

[スポンサーリンク]

 

2-アミノイミダゾール類の合成

Looperらは,多置換2-アミノイミダゾールの簡便な合成法を報告しています。それによれば,まずアルデヒド,アミン,アルキンの3成分をカップリングさせ,続くvon Braun反応によりプロパルギルシアナミドを合成します。これをLa(OTf)3触媒存在下,アミンと反応させることにより,付加-ヒドロアミノ化反応が進行し,3工程で多置換2-アミノイミダゾールを合成することができます。この方法により,複雑な天然物の骨格を容易に構築することが可能となります。

“Addition–Hydroamination Reactions of Propargyl Cyanamides: Rapid Access to Highly Substituted 2-Aminoimidazoles”

R. L. Giles, J. D. Sullivan, A. M. Steiner, R. E. Looper, Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 3116. DOI: 10.1002/anie.200900160

mcontent

A valuable pharmacophore, the 2-aminoimidazole moiety, can be accessed with a variety of substitution patterns through an addition–hydroamination–isomerization sequence (see scheme; R1,R4,R5=alkyl; R3=alkyl, aryl; R2=H, alkyl, aryl). The synthesis of the propargyl cyanamide precursors through a three-component coupling enables the preparation of this important heterocyclic core structure in just three steps.

 

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  2. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  3. ノーベル化学賞への道公開
  4. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…
  5. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  6. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  8. リチウムイオン電池正極材料の開発動向

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震
  2. Nature Chemistryデビュー間近!
  3. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  4. 有機合成反応で乳がん手術を改革
  5. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!
  6. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  7. サイエンスアゴラ2015総括
  8. CYP総合データベース: SuperCYP
  9. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  10. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP