[スポンサーリンク]

archives

Hantzschエステル:Hantzch Ester

三級アミドの金属フリー還元反応

Charettらは,Hantzschエステル(1)を用いた三級アミドの金属フリー還元反応を報告しています。それによると,三級アミドはTf2Oと反応し,イミニウムトリフラートを生じ,これが穏やかな還元試剤である1により選択的な還元を受けると推測できます。この反応は通常のLAHなどを用いた場合と比較し,副生物の生成を押さえることができます。また,様々な官能基を有する第三級アミドも選択的に還元することができることから,天然物の合成などへの応用が期待されます。

“Highly Chemoselective Metal-Free Reduction of Tertiary Amides”

G. Barbe, A. B. Charette, J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 18. DOI: 10.1021/ja077463q

ja077463qn00001

 This communication describes the chemoselective metal-free reduction of tertiary amides to the corresponding amines. Hantzsch ester is used as a mild reducing agent for the reduction of trifluoromethanesulfonic anhydride activated amides providing the tertiary amines with high functional group tolerance.

関連記事

  1. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  2. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…
  3. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  4. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  5. インドール一覧
  6. セレノフェン : Selenophene
  7. iphone用サイトを作成
  8. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  2. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate
  3. センター試験を解いてみた
  4. 博士課程学生の経済事情
  5. Glenn Gould と錠剤群
  6. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  7. スタニルリチウム調製の新手法
  8. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  9. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction
  10. ご注文は海外大学院ですか?〜渡航編〜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP