[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨

「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイズ形式にしています。

第9回は、Andreas Pfaltzおよび鈴木啓介らによるMacrocidin Aの全合成(2010)を紹介したいと思います。(過去の問題一覧はこちら

合成終盤の鍵となるDieckmann環化においては、素直な基質設計からはまったく反応が進行しなかった。しかしながら、p-アジドベンジル(PAB)基でアミド窒素を保護することにより、環化に成功している。PAB基の果たす役割を説明せよ。また、汎用される類似構造保護基(ベンジル基p-メトキシベンジル基)で不都合が生じる理由についても考察せよ。

解答はこちら

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  2. リケジョ注目!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞-2013
  3. 続・名刺を作ろう―ブロガー向け格安サービス活用のススメ
  4. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  5. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!
  6. 卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜
  7. “follow”は便利!
  8. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. E. J. Corey からの手紙
  2. ノビリシチンA Nobilisitine A
  3. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  5. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  6. アメリカ化学留学 ”大まかな流れ 編”
  7. ペンタレネン Pentalenene
  8. 天然物化学
  9. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  10. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP