[スポンサーリンク]

archives

1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成

T1292.gif

D2823.gif


尾野村らは,銅触媒を用いた1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成を報告しています。それによれば,触媒量のCu(OTf)2および(R,R)-2,2′-イソプロピリデンビス(4-フェニル-2-オキサゾリン)の存在下,2-(N-アシルアミノ)-1,3-プロパンジオールをp-トルエンスルホニルクロリドと反応させることにより,第四級不斉中心を持つ光学活性オキサゾリン誘導体が高収率,高エナンチオ選択的に得られます。この反応は温和な条件下,簡便な操作で行うことができ,幅広い基質に適用可能なため,生理活性物質合成などへの応用が期待されます。

Y. Tsuda, M. Kuriyama, O. Onomura, Chem. Eur. J. 2012, 18, 2481.

関連記事

  1. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  2. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  3. (-)-MTPA-Cl
  4. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  5. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  6. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  7. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  8. スーパーブレンステッド酸

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エピジェネティクス epigenetics
  2. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法
  3. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  4. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  5. 固体NMR
  6. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation
  7. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  8. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  9. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  10. MAC試薬 MAC Reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP