[スポンサーリンク]

archives

1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成

T1292.gif

D2823.gif


尾野村らは,銅触媒を用いた1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成を報告しています。それによれば,触媒量のCu(OTf)2および(R,R)-2,2′-イソプロピリデンビス(4-フェニル-2-オキサゾリン)の存在下,2-(N-アシルアミノ)-1,3-プロパンジオールをp-トルエンスルホニルクロリドと反応させることにより,第四級不斉中心を持つ光学活性オキサゾリン誘導体が高収率,高エナンチオ選択的に得られます。この反応は温和な条件下,簡便な操作で行うことができ,幅広い基質に適用可能なため,生理活性物質合成などへの応用が期待されます。

Y. Tsuda, M. Kuriyama, O. Onomura, Chem. Eur. J. 2012, 18, 2481.

関連記事

  1. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  2. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succin…
  3. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…
  4. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  6. DAST類縁体
  7. A-Phosパラジウム錯体
  8. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  2. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  3. ぼっち学会参加の極意
  4. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  5. 製薬会社のテレビCMがステキです
  6. シラフルオフェン (silafluofen)
  7. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  8. 化学者の卵、就職活動に乗りだす
  9. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  10. アルツハイマー薬で副作用死

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP