[スポンサーリンク]

archives

1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成

T1292.gif

D2823.gif


尾野村らは,銅触媒を用いた1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成を報告しています。それによれば,触媒量のCu(OTf)2および(R,R)-2,2′-イソプロピリデンビス(4-フェニル-2-オキサゾリン)の存在下,2-(N-アシルアミノ)-1,3-プロパンジオールをp-トルエンスルホニルクロリドと反応させることにより,第四級不斉中心を持つ光学活性オキサゾリン誘導体が高収率,高エナンチオ選択的に得られます。この反応は温和な条件下,簡便な操作で行うことができ,幅広い基質に適用可能なため,生理活性物質合成などへの応用が期待されます。

Y. Tsuda, M. Kuriyama, O. Onomura, Chem. Eur. J. 2012, 18, 2481.

関連記事

  1. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  2. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  3. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  4. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  5. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  6. BTQBT : BTQBT
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  8. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  2. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  3. 書物から学ぶ有機化学 2
  4. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”
  5. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  6. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  7. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide
  8. 米メルク、業績低迷長期化へ
  9. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  10. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP