[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  2. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  3. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  4. iphone用サイトを作成
  5. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【…
  6. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  7. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  8. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation
  2. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)
  3. 経営統合のJXTGホールディングスが始動
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  5. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  6. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  7. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  8. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表
  9. 磁気ナノ粒子でガン細胞を選別する
  10. テオ・グレイ Theodore Gray

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP