[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

[スポンサーリンク]

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。

関連記事

  1. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  2. マイクロ波を用いた革新的製造プロセスと環境/化学領域への事業展開…
  3. SelectfluorR
  4. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  5. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  6. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  7. XPhos
  8. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  3. ダイセル、化学技術賞を受賞 ウェハーレンズ開発と製品化
  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
  5. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する
  6. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  7. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  8. アルミニウムで水素分子を活性化する
  9. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  10. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP