[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

[スポンサーリンク]

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。

関連記事

  1. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  2. マテリアルズ・インフォマティクスの導入・活用・推進におけるよくあ…
  3. \脱炭素・サーキュラーエコノミーの実現/  マイクロ波を用いたケ…
  4. マテリアルズ・インフォマティクス適用のためのテーマ検討の進め方と…
  5. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド …
  6. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  7. ショウガに含まれる辛味成分
  8. 【CAS プレジデント登壇】CAS SciFinder フォーラ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2012年分子生物学会/生化学会 ケムステキャンペーン
  2. 平井 剛 Go Hirai
  3. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  4. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  5. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  6. 嵩高い非天然α,α-二置換アミノ酸をさらに嵩高くしてみた
  7. バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発
  8. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  9. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発
  10. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

GoodNotesに化学構造が書きやすいノートが新登場!その使用感はいかに?

みなさんは現在どのようなもので授業ノートを取っていますでしょうか。私が学生だったときには電子…

化学者のためのWordマクロ -Supporting Informationの作成作業効率化-

「化合物データの帰属チェックリスト、見やすいんですが、もっと使いやすくならないですか」ある日、ラ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP