[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

[スポンサーリンク]

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。

関連記事

  1. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  2. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  3. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  4. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4…
  5. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  6. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  7. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  8. ODOOSをリニューアル!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 二酸化塩素と光でプラスチック表面を機能化
  2. 近況報告PartI
  3. 「オプジーボ」の特許とおカネ
  4. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  5. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker Reaction
  6. 外国人研究者あるある
  7. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  8. チアミン (thiamin)
  9. 表裏二面性をもつ「ヤヌス型分子」の合成
  10. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP