[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  2. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  3. 進化する カップリング反応と 応用展開
  4. ノーベル化学賞への道公開
  5. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】…
  6. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  7. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  8. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  2. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  3. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  4. ヘリウム (helium; He)
  5. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  6. サーバーを移転しました
  7. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  8. ケムステの記事が3650記事に到達!
  9. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  10. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP