[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. スルホニルフルオリド
  2. セレノフェン : Selenophene
  3. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  4. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  5. ケムステの記事を導出しています
  6. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  7. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  8. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  2. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  3. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  4. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  5. クリーンなラジカル反応で官能基化する
  6. 個性あるTOC その②
  7. ネフ反応 Nef Reaction
  8. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  9. Wen-Jing Xiao
  10. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP