[スポンサーリンク]

archives

ヘキサメチレンテトラミン

 

【東京化成工業】
ヘキサメチレンテトラミン : hexamethylenetetramine
分子量:140.19
CAS: 100-97-0
製品コード:H0093
値段: 25 g 1,500円 (2008.10.29 現在)
用途:アミン
説明:ハロゲン化アルキルに作用させた後、加水分解することでアミンが合成できる。
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. π-アリルパラジウム錯体
  2. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  3. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  4. トップデザイン変更
  5. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  6. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  7. 田辺シリル剤
  8. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学のうた
  2. NMR解析ソフト。まとめてみた。①
  3. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  4. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU
  5. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  6. 分子びっくり箱
  7. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築
  8. 元素生活 完全版
  9. 合成生物学を疾病治療に応用する
  10. 相撲と化学の意外な関係(?)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP