[スポンサーリンク]

archives

(+)-MTPA-Cl

M1103.gif

 
【東京化成工業】
(+)-MTPA-Cl: (+)-alpha-Methoxy-alpha-(trifluoromethyl)phenylacetyl Chloride
分子量:252.62
CAS: 20445-33-4
製品コード:M1103
値段: 1g 4,7300円 (2008.10.28 現在)
用途:絶対立体配置決定試薬
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  2. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline…
  3. Xantphos
  4. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  5. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  6. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…
  7. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…
  8. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Scifinderが実験項情報閲覧可能に!
  2. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  3. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計
  4. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授
  5. English for Writing Research Papers
  6. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  7. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  8. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  9. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  10. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP