[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

[スポンサーリンク]

アーウィン・ローズ (Irwin A. Rose、1926年7月16日 -2015年7月2日)は、アメリカの生化学者である(写真:www.chem.uci.edu)。
カリフォルニア大学アーバイン校教授。
「ユビキチン介在型タンパク質分解過程の発見」によって、2004年ノーベル化学賞をアーロン・チカノーヴァー、アブラハム・ハーシュコと共同受賞。

経歴

19xx ワシントン大学
1948 シカゴ大学 学士号取得
1952 シカゴ大学 博士号取得
1954 イェール大学研究員
1964 フォックスチェース癌センターシニアメンバー
1997 カリフォルニア大学アーバイン校名誉研究員

受賞歴

2004 ノーベル化学賞

研究概要

ユビキチン・プロテアソーム系を介するタンパク質分解過程の発見

関連動画

 

名言集

 

関連文献

  1. Hershko, A.; Ciechanover, A.; Rose, I. A. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1979, 76, 3107.

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  2. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr…
  3. チン・リン Qing Lin
  4. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  5. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  6. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  7. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifiel…
  8. リチャード・シュロック Richard R. Schrock

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  2. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  3. 2009年10大分子発表!
  4. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  5. 元素占いはいかが?
  6. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin
  7. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  8. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  9. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】
  10. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP