[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

irwin_rose.jpg

(写真:www.chem.uci.edu)

アーウィン・ローズ (Irwin A. Rose、1926年7月16日 -2015年7月2日)は、アメリカの生化学者である。
カリフォルニア大学アーバイン校教授。
「ユビキチン介在型タンパク質分解過程の発見」によって、2004年ノーベル化学賞をアーロン・チカノーヴァー、アブラハム・ハーシュコと共同受賞。

  • 経歴

19xx ワシントン大学
1948 シカゴ大学 学士号取得
1952 シカゴ大学 博士号取得
19xx フォックスチェース癌センター
19xx カリフォルニア大学アーバイン校

  • 受賞歴

2004 ノーベル化学賞

  • 研究概要

ユビキチン・プロテアソーム系を介するタンパク質分解過程の発見

  • 関連動画

 

  • 名言集

 

  • 関連文献
[1] Hershko, A.; Ciechanover, A.; Rose, I. A. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1979, 76, 3107.

  • 関連書籍
  • 関連リンク

アーウィン・ローズ – Wikipedia

Irwin Rose – Wikipedia

Irwin Rose Autobiography (nobelprize.org)

2004年ノーベル化学賞 (有機って面白いよね!)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 菅裕明 Hiroaki Suga
  2. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  3. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  4. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  5. トビン・マークス Tobin J. Marks
  6. 城戸 淳二 Junji Kido
  7. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  8. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 林 民生 Tamio Hayashi
  2. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化
  3. シランカップリング剤入門【終了】
  4. 工業製品コストはどのように決まる?
  5. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  6. 黒田チカ Chika Kuroda
  7. レスベラトロール /resveratrol
  8. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)
  9. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  10. フランク・グローリアス Frank Glorius

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP