[スポンサーリンク]

archives

C60MC12

新規可溶性フラーレン誘導体C60MC12

フラーレン誘導体C60MC12は有機溶媒に可溶で,n型有機半導体材料として優れた特徴を有しています。デバイス作成時,層状に配向した構造を取り,0.4 cm2V-1s-1と大きな移動度を達成しています。この値はアモルファスシリコン有機電界効果型トランジスタのそれに匹敵するものです。

“High-Performance Solution-Processed n-Channel Organic Thin-Film Transistors Based on a Long Chain Alkyl-Substituted C60 Derivative”

Y. Horii, K. Sakaguchi, M. Chikamatsu, R. Azumi, K. Yase, M. Kitagawa, H. Konishi, Appl. Phys. Express 2010, 3, 101601. DOI: 10.1143/APEX.3.101601

We report on high-performance solution-processed n-channel organic thin-film transistors based on a long-chain alkyl-substituted fullerene derivative, C60-fused N-methylpyrrolidine-meta-dodecyl phenyl (C60MC12), by surface modification of an insulator. C60MC12 films were fabricated on self-assembled monolayer (SAM)-treated gate insulators by spin-coating, which was facilitated by hydrophilic patterning of the edge of the substrate. X-ray diffraction revealed that the crystallinity of C60MC12 films was improved by SAM treatment. The octadecyltrichlorosilane-treated device demonstrated a high mobility of 0.4?0.5 cm2 V-1 s-1, which is comparable with those of amorphous silicon thin-film transistors. An improvement in bias stress stability by the SAM treatment was also observed.

関連記事

  1. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  2. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  3. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  4. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  5. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  6. エノキサシン:Enoxacin
  7. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  8. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天野 浩 Hiroshi Amano
  2. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発
  3. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering
  4. 114番元素と116番元素が正式認可される
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)
  6. 君はPHOZONを知っているか?
  7. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成
  8. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  9. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  10. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP