[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

[スポンサーリンク]

動画を編集し公開しました(6月9日)。講演動画はこちら(ケムステチャンネルへの登録をよろしくお願いいたします)。

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しました!

研究とは外れたトピックに絞り、なおかつ土曜開催ということもあり、実際どのようになるか読めないところも多かったのですが、最終的に1056人もの参加登録を頂き、今回も盛会に終わりました。

以下、開催報告です。

変更・改善を意図した点

研究以外のトピックを採用

今回の企画コンセプトは、普段触れる機会に乏しい「海外キャリアパスの実体を知る」というものでした。

オンラインならではの特徴を出したかったということもあり、海外在住の講演者にも接続してもらう国境横断企画としました(とはえいこれまで多くの海外モデレータが参加していたため、すでに達成されていましたが)。なるべく多様な視点の獲得と、幅広い層へと訴求できるよう、海外在住大学院生・帰国者・海外PIという講演ラインナップを考えました。海外PI=OISTという形にはなりましたが、OISTのシステムは海外式そのものであり、かつ化学領域での情報取得が難しいことを考え合わせると、嘉部先生に引き受けていただけたことでむしろ価値が高まったと考えています。コンセプトにあわせて構成も変更し、講師の方々それぞれの視点の共通点・違いが際立つよう、質疑はパネルディスカッション形式にしました。

リアルタイム視聴は第1回・第2回に比べて少なめ(常時350-370人程度)でしたが、開幕からパネルディスカッションまで視聴者数が減ることがありませんでした。目的意識をもって視聴していた方が多かったのでしょう。シンポジウム後しばらくは後から見返すことができる、という考え方が広まってきたことも実数に反映されているかも知れません。

タイムマネジメント

オンライン講演に限った話ではないですが、招待講演系はどうしても後ろにずれることが多いので、今回は時間厳守を心がけて見ました。応じて余分な装飾をなるべく削いだ運営も心がけました。後半のパネルディスカッションは、時間調整をしやすくする狙いもありました。結果としてほぼオンタイムで終了でき、まずは面目躍如と言ったところです。

開催時刻

コロナが収束し、ニューノーマル生活への移行が徐々に進んでいく状況をふまえ、土祝日開催の様子は早めに見ておきたかったこともあり、土曜に設定しました。

また海外在住者の時差の関係上、開催時刻は午前しかありえませんでした。ヨーロッパ・米国東海岸の方を招待するときは、また異なる時間設定にせざるを得ないと思います。

視聴者の候補となる方全員を満足させる時間枠は設定不可能ですので、諸団体主催のVシンポが増えて充実し、各人のライフスタイルに合わせて視聴先を選べるようになるのが理想だと思います。そのような世界が来ることを目指し、ケムステVシンポはこれからも続けていきます。

ネット回線トラブル!

今回は自分のネット回線トラブルによってZoomが落ちてしまい、あわやホスト不在?となるハプニングが生じました。直面して初めて分かったのですが、YouTube Live配信中にホストのZoomが落ちても、他の参加者にホスト権限が移行したうえで、配信は継続されるようです。Zoomの安定感は凄いなと改めて感じたエピソードでした。想定外のトラブルにも大過なく対応して下さったモデレータの方々には感謝です。

第3回Vシンポ アンケート結果

参加者内訳ですが、2割がケムステVシンポ初参加ということで、コンセプトを大きく変えたこと、土曜開催だったことが、新しい聴講層にリーチをもたらせたと捉えています。

「第1回・第2回のケムステシンポに参加したことがありますか?」
両方参加:  489人 (46.3%)
第一回のみ: 137人 (13.0%)
第二回のみ: 234人 (22.1%)
初参加:   197人 (18.6%)
※有効回答数1057

また意図したとおり、今回は学部生・10代の参加が有意に増えたように思います(有効回答数81。10代参加者は第1回=1.6%・第2回=2.3%)。

聴衆の満足度も極めて高く、素晴らしい講演のおかげといえます。講師の先生方からは、「聴衆像が事前に見えにくく、スライド作りが難しかった」との意見も頂いており、これはこちらの指定不足な面も大いにあったと思います。表面的にはそれを全く感じさせない構成力に脱帽なのですが、運営側としては引き続き改善に努めて行くべきかと思いました。

V座談会

第2回に引き続きZoomで実施。進路相談的な意味合いも込めて、今回は人数を絞り、お互い密な話ができるような設計にしました。

最初はブレークアウトで講師・モデレータ・参加者を均等かつランダムに配分しました。1時間後に全員集め、どの先生と話してみたいかチャットで希望をとって、部屋がえを行う形にしました。

明確な目的のもとに参加している方が多かったようで、どの部屋でも質問が積極的に飛び交っていました。また講師~参加者の年齢層が近かったため、比較的話も弾みやすかったように見受けられます。総じて参加者の満足度は高かったようです。

当初の時間を大きく延ばして2時間近く実施していましたが、一方で運営側と講師の負担が重くなってしまったかも知れず、この辺りのバランスと形式は、要試行錯誤かと思いました。

終わりに:海外在住ケムステスタッフの力

今回のようなテーマだと特にですが、企画立案のディスカッション・モデレータ業・裏方業務などについて、海外在住若手スタッフの助けを沢山借りることになりました。

ウェブベースたるケムステでは国境をものともしないやりとりが可能になってはいますが、それもこれもケムステの活動に意義を感じ、モチベーション高く貴重の時間を割いてくれている彼らあってのこそです。感謝してもしきれません。掛け値無しに優秀な方ばかりですので、これから海外留学を考えておられる学生・PDの皆さんも、是非ロールモデルにしていただければ幸いです。

  • 苅田 譲(rururu):スクリプス研究所・大学院生
  • 尾花 満衣子(kanako):カリフォルニア工科大学・大学院生
  • 薮内 祐人(やぶ):カリフォルニア大学バークレー校・大学院生
  • 清川 慎介(Maitotoxin):香港科技大学・大学院生
  • 服部 弘(Gakushi): Graz大学・博士研究員

ケムステスタッフとしての活動にも興味ある方は、こちらをご一読の上、ぜひご連絡いただければ幸いです。

 

協賛企業(東京化成工業)からのお知らせ

  • ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
    弊社では,天然高分子として主に多糖を取り扱っています。
    製品パンフレット「多糖類」 PDFのダウンロードはこちら https://bit.ly/2Xgbx1J
    その他の高分子化合物のこちら https://bit.ly/2WMGYBP

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

YouTubeチャンネルについて

ケムステーション YouTubeチャンネルでは、今後ともシンポジウム動画などを適宜公開していく予定です。チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

ケムステVシンポ関連記事

第1回Vシンポ
第2回Vシンポ
第3回Vシンポ
第4回Vシンポ
cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そして…
  2. 反芳香族化合物を積層させ三次元的な芳香族性を発現
  3. 【PR】Twitter、はじめました
  4. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  5. ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで …
  6. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法
  7. イボレノリドAの単離から全合成まで
  8. キラルアニオン相間移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 本当の天然物はどれ?
  2. ベンゼン環記法マニアックス
  3. 反応の選択性を制御する新手法
  4. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!
  5. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  6. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応
  7. 今年はキログラムに注目だ!
  8. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  9. 2013年就活体験記(1)
  10. マタタビの有効成分のはなし【更新】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP