[スポンサーリンク]

archives

ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座

塗布液、乾燥など、途工プロセスの制御力を上げるための勘所!
講師 千葉大学 大学院工学研究科 建築・都市科学専攻 教授 工学博士 大坪 泰文 氏
【専門】 レオロジー、コロイド化学
 2012年7月30日(月) 13:00~16:30
 
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
受講料(税込)  42,000円 ( S&T会員受講料 39,900円 ) 
上記価格より:(同一法人に限ります)
  2名で参加の場合1名につき7,350円割引
  3名以上で参加の場合1名につき10,500円割引
※資料付
 

申し込み・詳細はこちらをクリック!

 <趣旨>

 塗布液の物性制御において最も重要な基盤は、ぬれ性と粒子の分散性に関する界面化学です。塗料やインクなどは液体状態で紙、プラスチック、金属などに塗布された後、乾燥や化学反応などを経て固体塗膜となりますが、この過程に密接に関連するのはぬれ性に関する界面化学です。一方、液体中に分散した微粒子は、ほとんどの場合、その界面化学的性質に起因して凝集しており、その効果はレオロジー的性質に大きく反映されます。本セミナーでは、塗布液と塗工プロセスの制御という観点から固体表面に対する液体のぬれ性について概説するとともに、分散系における粒子の凝集性に関するコロイド化学とそれを評価するためのレオロジーの基礎について説明します。

 

<プログラム>

1.界面化学の基礎
 1.1 表面張力と表面エネルギー
 1.2 固液界面における濡れと接触角
 1.3 Zismanプロットと臨界表面張力
 1.4 表面の幾何学とぬれ性
 1.5 溶液の表面張力と界面活性剤の吸着
 1.6 臨界ミセル濃度と表面張力

2.レオロジーの基礎
 2.1 粘度と非ニュートン流動
 2.2 弾性と粘性の基本的性質
 2.3 動的粘弾性の定義
 2.4 動的粘弾性曲線の評価
 2.5 凝集分散系のレオロジー的性質
 2.6 粒子の濡れ性と分散性

3.粒子の凝集に関するコロイド化学
 3.1 粒子の帯電と界面動電現象 
 3.2 ζ-電位とpH
 3.3 イオン雰囲気と電気二重層
 3.4 DLVO理論と粒子の分散安定性
 3.5 固体表面への高分子の吸着
 3.6 吸着高分子と粒子の分散安定性

4.プロセスから見たレオロジーおよび界面現象
 4.1 レオロジー測定と壁面すべり
 4.2 レベリングと表面張力
 4.3 タックと伸長流動
 4.4 ラテックス分散系の乾燥
 4.5 コーティング液の濡れ性と硬化塗膜の接着強度
  
5.ケーススタディ?インクジェットインクにおける界面化学?
 4.1 界面の流動とMarangoni効果
 4.2 動的表面張力
 4.3 動的粘弾性
 4.4 濡れ性と浸透性

  □質疑応答・名刺交換□

申し込み・詳細はこちらをクリック!
 
 

関連記事

  1. ノーベル化学賞への道公開
  2. サレン-Mn錯体
  3. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  4. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  5. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  6. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…
  7. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  8. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  2. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  3. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  4. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  5. 科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  6. 学会に行こう!高校生も研究発表できます
  7. メラトニン melatonin
  8. コープ脱離 Cope Elimination
  9. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement
  10. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP