[スポンサーリンク]

archives

ニュースタッフ参加

[スポンサーリンク]

スタッフを4人追加しました。まだまだ募集しております!


9. Hiro
修士(工学)。現在技術&事務補佐員として実験もできるスーパー秘書を目指し日夜努力中。


10.Yu
博士(理学)。専門は電子移動反応を中心とした光化学や電気化学、有機EL、量子化学計算。化学系企業で、半導体材料の研究に従事。
11.Suiga
某国立大学に高専から編入し、現在は修士課程の学生をしています。
専門は特殊構造高分子合成です。高分子科学の世界を中心に記事を書いていきます。
自分自身、Chem-Stationさんと有機化学美術館さんに触発されて合成の世界へ進んだので、いつかそんな人の心に残る記事が書ければと思います。宜しくお願いします。
12.apollo
化学会社ではたらく化学者のapollo(♀)です。企業での研究の様子などをご紹介できればと思っています。 よろしくおねがいします!

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  2. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  3. リケラボとコラボして特集記事を配信します
  4. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…
  5. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  6. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  7. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  8. n型半導体特性を示すペリレン誘導体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました
  2. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  3. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  4. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  5. マイケル付加 Michael Addition
  6. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)
  7. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)
  8. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  9. 「医薬品クライシス」を読みました。
  10. ヒバリマイシノンの全合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP