[スポンサーリンク]

ケムステしごと

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

いまや学生の皆さんは就職活動真っ盛りの時期ではないでしょうか。博士課程や奨学生制度に申し込んだ方は既に行く先が決まっている方もでていることと思います。ただ、本格的な就職活動は3月から。各社の説明会や面接などが始まる時期ですね。

そんななか、3月22日日産化学工業が単独でかなり大規模な会社説明会を開催するそうなので、ここケムステで先立ってお知らせしたいと思います。

日産化学工業とは

ニッサン」というと日産自動車を思い浮かべる方が多いと思いますが、あながち間違っていません。日産自動車も日産化学もかつては同じ財閥に属していました。始まりは東京人造肥料会社という会社。タカジアスターゼ、アドレナリンで有名な高峰譲吉らが設立した会社です。

これはイメージですが、いろいろな理由もありかなりアカデミック気質をもっている会社だと思っています。特に有機合成系では大学の先生が強く推薦する会社のひとつです。

というわけで化学系では大変有名な企業なのであまり細かい説明はいらないと思います。そもそも会社情報や会社の大きさ、沿革等は知っている必要がある情報だとしても、やっぱりどんな化学をしているのかが化学系の就活生にとっては重要なところですよね(研究や具体的な製品の中身に関してぜひ今後ケムステで語っていただきたいものです)。それをちゃんと伝えてくれるのかわかりませんが、大きな会場を貸し切って、大掛かりな説明会を開催するというのが今回のお話。

 

研究職限定ジョブマッチング型会社説明会

概要

日時:2017年3月22日(水)

①10:00~12:30 ②12:00~14:30 ③14:00~16:30 ④16:00~18:30 ※事前予約制

場所:タワーホール船堀

コンセプト

START your chemi-story 

あなたの化学をさがす 研究職限定 ジョブマッチング型 会社説明会

内容

日産化学工業株式会社で働く研究職社員が、研究内容や、働き方、化学(生物)との関わり方[chemi-story]をお伝えし、学生のみなさんからの質問にお答えするイベントです。研究領域を15のブースにわけ、それぞれのブースで詳細な内容を聞くことが出来る『研究領域合同説明会』です。

会社からの一方的な情報提供ではなく、学生のみなさんからの質問にもしっかりお答えできるように、当日は15の研究領域ブースに加えて、「研究所社員」「内定者(2017年4月入社)」とざっくばらんにお話しができるコーナーも設けています。WEBやパンフレットだけでは分からない情報を、社員から直接聞くことができます。

イベントの目的・位置づけ

研究職での就職を希望する学生のみなさんに、日産化学工業への理解を深めていただくとともに、「自身の専攻が活かせる研究領域」を発見する機会、「自身の希望分野」を選定する機会として、参加・活用いただきたいと考えています。ホームページや合同企業説明会ではお伝えしきれない日産化学工業の研究領域すべてのブースをご用意しておりますので、学生のみなさんにとって新しい発見や自らの専攻を社会に役立てるお仕事との出会いの場となればと期待しています。

研究職の新卒採用において、これまで自社単独の会社説明会を行ったことのない日産化学工業が、初めて試みるイベントです。

場所は、CSJフェスタやその他化学系の学協会のシンポジウム等でも同じみのタワーホール船掘。そこのワンフロアを貸し切って行う説明会ですから、相当大きな説明会ですね。通常の研究がよくわからない人事のみの説明会に比べて研究職社員がいて話がきけるというのは大変魅力に感じます。内定者はあんまり意味が無いかもしれないですが(就活している学生にとってはとっても意味があるかも)、将来自分が一緒に働くかもしれない人と話すことは間違いなくマイナスではないでしょう。もちろん日産化学は化学系企業の雄ですから、この会社を第一志望にしている人でも、もしかしたらそうじゃない人でも、第一線で働く様々な分野の研究者のお話を聴けることは、自分のやりたい化学をみつける方法としてとっても良いと思います。ぜひマニアックな(専門的な)化学のお話をしてみてはいかがでしょうか。

エントリーは3月1日から

というわけで、日産化学工業の会社説明会について、紹介しましたが、「どうやって参加すればいいのか?」

いちばん重要な話が抜けていました。日産化学工業ではこの説明会のために特設ウェブサイトを作成して公開をはじめています。このサイトで、希望のセッションの予約(エントリー)を行うことで、説明会に参加できるそうです。ただし、エントリーは3月1日から。特に関東近辺の方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

特設ウェブサイトはこちらから

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  2. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.c…
  3. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!…
  4. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  5. ホウ素-ジカルボニル錯体
  6. 炭素を1つスズに置き換えてみたらどうなる?
  7. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体…
  8. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和ク…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Grubbs第一世代触媒
  2. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  3. フラクタルな物質、見つかる
  4. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  5. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  6. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  7. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction
  8. 極性表面積 polar surface area
  9. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  10. もう入れたよね?薬学会年会アプリ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

ハワイ州で日焼け止め成分に規制

(CNN) 米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP