[スポンサーリンク]

ケムステニュース

旭化成、5年で戦略投資4千億

[スポンサーリンク]

旭化成<3407>は7日、2006年度から5カ年の中期経営計画を発表した。

年間800億規模の従来通りの投資に加え、「高成長追求事業」に位置づける高機能化学、電子部品、医療などの分野に5カ年で4000億円の戦略的投資を実施。うちM&A(企業の合併・買収)のため、電子材料関連に1000億円、化学関連に500億円を投じ、新事業の創出を図る。(引用:livedoor News)

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  2. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  3. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  4. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  5. 製薬各社の被災状況
  6. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  7. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  8. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました
  2. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  3. 天然物化学
  4. シンポジウム・向山先生の思い出を語る会
  5. どろどろ血液でもへっちゃら
  6. 世界の中心で成果を叫んだもの
  7. 有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線
  8. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材
  9. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解明
  10. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diiodo-5,5-dimethylhydantoin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP