[スポンサーリンク]

キャンペーン

134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!

 

化学会年会も近くなってきましたね。化学会年会ケムステ付設展示会キャンペーンはこちらのリーフレットですべて網羅できます。

さて、同時期に化学会年会だけでなく薬学会の年会も行われます。化学会年会ほどではないですが、こちらも大変大きな1年に一回のイベントです。今年は熊本開催で、大いに盛り上がることと思います。そこで、今年も化学会に比べればほんの少しとなってしまいますが、ケムステ付設展示会キャンペーンを用意していただきました!合言葉は同じ

ケムステを見た!

です。

日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン協賛企業

化学同人

東京化成工業

シュプリンガー・ジャパン

時間の都合上3社しか参加できませんでした。来年はもう少し頑張りたいと思います。ご協力企業様にこの場を借りて感謝申し上げます。

 

キャンペーン内容

化学同人

日本薬学会付設展示会(3月27日?29日)の化学同人ブースでは,おなじみの教科書から最新刊『現代有機硫黄化学』や日本化学会編集のCSJカレントレビューシリーズまでを,15~20%OFFで購入できます.
注目書籍はこちら!
ご購入時に、合言葉をおっしゃってくださった方には、大好評の「元素生活クリアファイル」「スーパー元素周期表」を差し上げます!
2014-03-20_02-40-07
さらに,一度のお会計で5000円以上をお買い上げくださった方には、特典として「化学同人特製・周期表付箋セット」もプレゼントします! 店頭ではアナウンスしませんので,スタッフにお声がけください。

シュプリンガー・ジャパン

シュプリンガー・ジャパンのブースでは書籍の販売及びアンケートを行っています。特典は以下の2つ。

特典1) もれなくアマゾンギフト券500円分をプレゼント!

特典2) 書籍割引20%引きでご提供!

特典1を受けるためには合言葉が必要です。ご来場くださり、合言葉をいっていただいた方には、まずケムステキャンペーン専用のチラシを差し上げます。

「電子書籍を利用して良かったこと、どのように役に立ったか」をWeb経由で投稿いただく企画です。

ケムステ経由の方には、もれなく500円券を差し上げます。

特典2の割引販売は、薬学会終了後も4月30日までニュートリノ社で承ります。詳しくは、会場でお尋ねください!

展示タイトルリストはこちらぜひご来場ください!

 

東京化成工業

日本薬学会弊社ブースでは、「試薬新製品と新版カタログと季刊誌TCIメール」を展示します。

また、今年もアンケートにご回答くださった方へのプレゼント企画を行います。

去年好評だった「合成するぞ!」Tシャツプレゼントキャンペーンが大抽選会へとパワーアップ! 「合成するぞ!」各種グッズが抽選その場で当たります。

2014-03-17_02-41-26

詳細につきましては、弊社Webサイト、バナーをご参照下さい。

詳細リンク先はこちら


参加賞として TCIオリジナルノート または TCIオリジナルフラッグペン , フィルムふせんをプレゼント

2014-03-17_02-42-44

さらに、ダブルチャンス3月25日から弊社Facebookページで今回の「合成するぞ!」新青Tシャツキャンペーンも同時に開催します。

詳細は以下のページでお願いします。

詳細リンク先はこちら!

抽選の際に合言葉をいっていただいた方に先着40名様に弊社ロゴ入り「テープのり」をプレゼント!

2014-03-17_02-43-38

ぜひ、弊社ブースへお立ち寄りください。

それでは薬学会年会も大いに楽しみましょう!

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 計算化学:DFTって何? PartIII
  2. 新風を巻き起こそう!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞201…
  3. HTML vs PDF ~化学者と電子書籍(ジャーナル)
  4. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  5. 岸義人先生来学
  6. テルペンを酸化的に”飾り付ける”
  7. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  8. 分子構造を 3D で観察しよう (1)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  2. 第100回有機合成シンポジウム記念特別講演会に行ってきました
  3. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  4. バリー・トロスト Barry M. Trost
  5. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis
  6. テトラサイクリン類の全合成
  7. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  8. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  9. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました
  10. 1と2の中間のハナシ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP