[スポンサーリンク]

一般的な話題

レビュー多すぎじゃね??

[スポンサーリンク]

 

今回はつぶやきというか半分現場の愚痴(?)を・・・

最近とある依頼を受けて、総説(レビュー)記事を一つ書くことになりました。

きっちり書き上げいざ投稿!という段になったはいいのですが、なんとそこで「レビュー丸かぶり事件」に遭遇したのです。

どういうことかというと、ほとんど同じ内容の総説がタイミング良く、しかも複数同時に他雑誌から出てきたのです。いやはやこんなことはかつて経験がありません。結構な執筆時間を使ったこともあって、これには参りました。「原著論文ならまだしも、総説まで競争になるのかよ!」と何とも言えない気分になったわけです。

筆者の分野に限った話か知れませんが、最近あちこちの雑誌が総説コーナーを新しく作る流れがあるように見えます。これは昨今のジャーナルの乱立傾向とも無関係ではないでしょう。

総説誌はインパクトファクターが高くなる

too_many_review_2.jpg

各雑誌が総説コーナーを設けたがる理由はおそらくただ一つ、インパクトファクター(IF)を簡単に向上させられるためです。

なぜなら総説記事は誰もが引用するため、総引用数を稼ぐに最適だからです。イントロで引けば、とりあえず分野を語ったことになって楽ちんですし、引用スペースの節約にもなるわけです。研究者にとっても総説記事は実にありがたい存在で、まさに「Win-Win」といえるでしょう。

しかし「総説記事によってIFが上がる=良い研究論文誌だ」とは一概に評価できません。

化学分野では、アメリカ化学会誌(JACS)とドイツのAngewandte Chemie誌(ACIE)のIF差がその実例としてしばしば話題に上がります。

JACS =  10.6 ACIE= 13.7 (2012年のIF値)

掲載される仕事のカラーは各々違いますが、仕事の完成度や目を引く度合いを勘案したうえで、JACS掲載研究のほうを高く評価する研究者が多いという実感を筆者は持っています。

しかし現実には上の通り、ACIEのほうがIF値が高くなっています。

両者の大きな違いは「ACIEには総説コーナーがあるが、JACSには無い」ということにあるとされています。総説記事の引用数も含めてIFが計算されているから、こうなっているというわけです。

最近はNature ChemistryChemical Scienceという強力な新参競合(いずれも総説コーナー有り)も登場しており、ジャーナル側もそれぞれが地位確保に必死のようです。

総説コーナー無しでは対抗が難しいと判断したのか、JACSもとうとう「Perspectives」なる総説コーナーを公開するようになりました。

 

溢れに溢れる総説

too_many_review_3.jpg

このIF競争心理の帰結として、同じよーなレビューが違った雑誌から沢山出てくることになるわけです。「他の誰かが前に出したから発表してはダメ」という縛りがゆるいことも助長要因でしょう。

例えば有機合成分野で発展著しいトピックの一つに「Visible Light Photoredox Catalysis」があります。立ち上がって間もない領域ですが、既に下記のごとく膨大な総説群が存在しています。この現実はどこか異様にも思えます。今後もまだまだ増えてきそうです。

・Zeitler, K. Angew. Chem. Int. Ed.?(2009)
・Yoon, T. P. et al. Nat. Chem.?(2010)
・Teply, F. Collect. Czech. Chem. Commun.?(2011)
・Stephenson, C. R. J. et al. Chem. Soc. Rev.?(2011)
・Stephenson, C. R. J. et al. J. Org. Chem.?(2012)?
・Xiao, W.-J. et al. Angew. Chem. Int. Ed.(2012)
・Xia, W. et al. Chem. Soc. Rev.(2012)
・Fagnoni, M. et al. ChemCatChem?(2012)
・Konig, B. et al. Angew. Chem. Int. Ed. (2013)
・Fukuzumi, S. et al. Chem. Sci.(2013)
・MacMillan, D. W. C.?Chem. Rev.?(2013)
・Lei, A. et al. Org. Biomol. Chem. (2013)
・Xiao, W.-J. et al. Eur. J. Org. Chem.?(2013)
・Glorius, F. et al. Chem. Eur. J.?(2014)?
・Yoon, T. P. et al. Science?(2014)

総説記事という宿命上、ストーリーの参考にしている大元の研究はどれもこれも同じです。よほど視点にオリジナリティが無い限り、中身は大差ないものになってくる気がしますが・・・これは果たして言い過ぎなのでしょうか?

もちろん丁寧に読めば著者なりの色とか何とかはあるのですが、時間の限られている現実にあって、ページ数の多い総説全てに目を通しながらそれぞれの細かな違いを咀嚼して楽しむ・・・などという読み方は全く難しいわけです。非専門家にとってはなおさらです。

むしろ「ナナメ読みで当該分野の概要がとりあえずつかめる」のが、総説の利点および存在意義ではないかとすら思うのですが、こうまで沢山あるとナナメ読みするものを選ぶことからして大変です。

 

レビューを選んで引くための基準は?

too_many_review_4.jpg

現場視点からのもう一つの大問題は、「総説がありすぎるので、自分の研究論文でどれを引けば良いかわからなくなる」ということです。紙面は限られているので、沢山ある総説を全て引くわけにはいきません。しかし全部読んで違いを細かく追っていては、時間も到底足りないわけです。

 

このような渦中にあって、筆者は基準を自分なりに設けて引いています(下記)。あくまで我流なので、違う考えをもつ方もいらっしゃるかと思います(是非皆さんの意見をお知らせください!)。

① 自分が書く論文のストーリー・トピックに最適なものを引く
② 包括的・網羅的に調べられているものを引く
③ 審査員になりそうな方々におべっかを使う敬意を払うべく引く
④ IFの高い雑誌から優先的に引く
⑤ なるべく新しい知見が盛り込まれているものを引く
⑥ 入手性が良いものを引く

①は至極当然かと思います。妙に広すぎたり狭すぎる総説を引いても、読者に優しくありません。そういう意味ではトピックを限定した総説にも一定の存在意義はあるように思います。

②はとりあえず重要な仕事をmissすることがないだろう、という安心感から来ています。Chem.Rev.とかChem.Soc.Rev.などの重厚な総説誌は、この観点でとても重宝します。

③はいわゆる「政治的配慮」ですね。審査員も結局は人間です。「俺の論文引かれてね-じゃんカスが!」と憤慨されてお終いという、至極しょーもない理由からのマイナス評価話にも事欠かないわけで・・・そんなことで蹴られるリスクが上がるよりは、レフェリーに回りそうな人の論文を予め引いておく方がずっとマシということで、このリスクヘッジは合理的とされています。実にほとんどの研究者が採用している対策ではないでしょうか。

④は特に競争の激しい雑誌のEditorを通すべく重要になる、などの話を聞くことがあります。あまりにマニアックなイントロからはじまる論文は「一般ウケしない」とあっさりEditorに蹴られるので、Science/Natureシリーズなどの総説記事をイントロに引いておくとEditor対策になるという見解もあるようです(都市伝説かも知れませんが)。実効性のほどはさておき、確かにそうすることで、一般ウケしそうな研究を語っている気にはなれますよね。

⑤は日進月歩の科学にあって重要な観点ですが、10~20年の違いならともかく、たかだか1・2年差で出てきた同トピックの総説にどれほどの違いがあるのか???という疑問はつきまといます。また論文のストーリーによっては昔の総説を蔑ろにできない局面もあったりするわけで、いよいよ事情は複雑です。

⑥は④とも絡みますが、やはり読者の利便性に気を遣った選択は重要だと思えます。この意味で筆者個人は、原著論文で日本語総説や非欧米系雑誌発の総説を引くことはまずありません。メイン読者である英語圏の研究者が入手できないからです(もちろん日本語で書けば良い論文は別です)。

①⑤はともかく、他はいずれも率直に言って科学の本質に絡む指針ではない気がしています。

しかし筆者のかつての同僚は“citation is politics”とズバリ語っていたほど。論文を通すためなら気を遣いすぎても遣いすぎることのない現実、どれを削るか選ぶのも大変です。極端な話、引用文献欄が総説だけで埋まってしまうのも、すぐそこにある未来なのではとも・・・

もっとシンプルに、当該分野での決定版レビューを一つ引けばみんな許してくれる雰囲気になればいいのですが・・・(苦笑)。

 

IFを稼ぐには総説を書けば良い?

too_many_review_5.jpg

数多の例を引くまでもなく、性質と分野の違う雑誌をIF値で比較することは無意味なのですが、IFとAuthor順位に基づく計算で研究者の資質を端的にはかろうとする評価体制の機関も未だに少なくないようです。

ここでの根深い問題は、研究者側も高IF誌に受理された実績が欲しいという現実です。

しかし上記の事情を考えると、IF稼ぐだけなら「実験せずに総説を片っ端から書けば良い」とも極論できるわけです。特に濃い実験が必要で論文数の稼げない分野であれば、総説執筆のほうがお手軽にIF値を稼げます。馬鹿にしたものではありません。

ただ当然ながらほとんどの総説記事は、「オリジナルデータを自前で増やすことなく、世の中にある事実をまとめ直している」にすぎません。もちろん複数の仕事を包括的・総合的に捉えて新しい視点を読者に提示する作業自体は大変価値あることですが、そういう高い視点に立つ総説ばかりでもないと思えます。

総説は執筆側からしてみれば、多方面の化学者に気を遣って書かねばならず、調べるべき文献量も膨大です。短いものでも相当な執筆労力が要ります。そんなものを審査する別の研究者も、当然多くの時間を使わなくてはなりません。

査読に加えて総説依頼までもが増え、研究よりも執筆時間を取られる流れがあるならば、科学の進歩にとって本当に良いことなのでしょうか?

 

現行のIF偏重型評価体系が是正されない限り、しばらくこの傾向に変化は見られないでしょう。

IFが100%悪いとは言いませんが、総説は専用誌だけで公開して原著論文と同雑誌内で混ぜて公表しないようにする、もしくはIFのカウントには総説を含めないようにする、というルールにならないものでしょうか・・・。

現場で研究に取り組む読者の皆さんは、巷に溢れる有象無象の総説をどんな基準で捌いていますか? 是非ご意見をお待ちしております。

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点か…
  2. ヘテロベンザイン
  3. 化学系ブログのランキングチャート
  4. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  5. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック
  6. DNAに人工塩基対を組み入れる
  7. 水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発
  8. ケムステイブニングミキサー2016へ参加しよう!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  2. アッペル反応 Appel Reaction
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  4. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  5. 世界初の気体可塑性エラストマー!!
  6. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  7. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  8. 下村 脩 Osamu Shimomura
  9. 第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告
  10. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP