[スポンサーリンク]

ケムステしごと

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

[スポンサーリンク]

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。しかし、企業が採用したいのは「前の会社で評価され、成果を出している人」である。結果的に「今の会社で評価されること」が、転職への一番の近道となり、矛盾が生じることになる。勿論、さまざまな要因で納得する成果や、評価を得る前に仕事を探すこともあるが、将来的に、より条件の良い仕事や、難易度の高い仕事を望むのであれば、まずは今いる会社で評価されることは重要である。

会社に評価されるためには、まず直属の上司の信頼を得る必要があるが、媚びる必要はない。それよりも「あの人とまた一緒に仕事がしたい」という同僚や部下など第三者からの評価が上司の耳に入ることで、本人の評価はあがる。

今回は、そのように支持される人がしていることについて、同僚や部下とのコミュニケーションにかかわる点に焦点を絞り、考えてみたい。

1.相手を論破しない

研究に深く関わってきたさまざまな分野の研究者やサイエンティストは、自分が立てた仮説の検証をするための実験を行い、真偽を判断している。そして、その実験結果やデータをもとに導き出された論理的な結論に絶対的な信頼を置いている。それは研究者としてとても重要な姿勢の一つである。ただ、クライアントワークやビジネスにおいて、論理的に正しいことが、会社にとってベストであるとは限らない。

例えば、ある機器メーカーの営業担当と開発担当が、クライアント先で製品の仕様について打ち合わせに行ったときの話である。開発担当は自身が考えた仕様の案についてプレゼンをしたが、クライアントの反応が良くない。すると開発担当の彼は、いかに自身の提案が論理的に「正しいか」について「説得」し、最終的にはクライアントを「論破」した。勝ち誇った彼とは裏腹に、クライアントと営業担当が渋い顔をしていたのは言うまでもない。科学的な検証が必要な場面で、その能力は非常に役立つが、今回のケースのような場合だと、「融通が利かない人」、「相手の立場を考えられない人」というマイナスの評価になってしまう可能性が高い。

この場合、目的は「クライアントを論破すること」ではなく、「クライアントに刺さる提案をすること」である。そのためには、最初の提案に対して、どこに違和感があるのか、丁寧にヒアリングをするべきである。社内外関わらず、ビジネスで相手を論破して勝ったところで、その先に良好なパートナシップが築かれることはまずない。自分の考えに賛同しない人がいたら、「〇〇さんはどうお考えですか?」と聞く習慣をつけることをお勧めしたい。

2.枝葉末節の議論はあとで

ある研究職の男性が、同僚から「君は細かいことに気を取られすぎだ」という指摘を受け、悩んでいた。例えば、大枠の事業化プランと基本方針を決めるための打ち合わせにも関わらず、彼は成果物の詳細な取り扱いや、各部門の利益配分などについてどうしても気になってしまい、なかなか会議での議論が進まない。結局、基本方針は決まらず、枝葉のディテールだけ中途半場に議論して終わってしまった。そういう事がこれまでにも多々あるという。

例えば、家を建てることをイメージしてほしい。家を建てるとき、最初に、住む人の話を聞いてから、全体の設計図を決め、それから1階と2階の間取りを決める。先の話に置き換えると、「大枠の事業プランを決めること」=「家全体の設計図を決めること」なら、「成果物の詳細な取り扱いや各部門の利益配分を決めること」=「風呂とトイレの間取りについて決めること」に近い。家全体の骨子について決まらなければ、風呂とトイレの間取りについて決めても、後から変更になる可能性を高い。だとすると、すぐに決めるべきことではない。

勿論、「細かいことに気が付く」というのは素晴らしい能力である。ただ、使いどきを間違えると逆効果だ。時と場合によっては、「見逃す」ことが良い場合だってあるのだ。そうすることで、「細かいことばかり言う人」という評価から、「よく気が付く人」に変わり、「次の仕事でもメンバーに入ってほしい」、と言われる存在になるのではないかと思う。

3.他人に頼る

今年はラグビーワールドカップに国内が沸いたが、中でも日本の、国籍や人種を超えたチームが、まさに「one team」として結束する姿に心打たれた人も多いのではないかと思う。体が大きく突破力のある選手、体は小さいが足の速い選手、状況判断がうまい選手と、個性や能力を生かし、そのときどきに応じて苦しい状況を乗り越えてきた。お互いがそれぞれのメンバーを尊敬し、能力を認めているからこそ、対戦相手によって、異なる選手が活躍できるのではないかと思う。これは非常に分かりやすいかたちで、チームとして戦うことの重要性が、可視化されていたように思う。

会社や部門を横断したプロジェクトが増える中、誰だってメンバーに1人くらいは「あの人とは考えが合わない」という人がいるのではないだろうか。「本社の〇〇さんは何も研究のこと分かってないよ」とか、「開発の〇〇さんって拘りが強いからやりにくい」など、愚痴の一つもこぼしたくなる気持ちは大いに共感する。これまでのバックグラウンドも働いてきた環境も違うのだからしかたがない。しかし、ラグビーがスピード力のある選手だけが15人揃っても勝てないように、ビジネスだって論理的な研究職だけでも、交渉力に強いトップセールスだけでも成功できない。ときに頑固な契約担当がいて、したたかな企画担当がいて、あらゆる性質の問題やクライアントに対応することで、前に進んでいける。少なからず、苦手だなと思う相手でも、自分より優れているところがあるのであれば、そこは素直に認めることが第一歩だ。

実際、とても良いかたちでステップアップしている人の多くは、成果を出せた理由として「良いメンバーに恵まれた」と言う人が本当に多い。「他のメンバーは微妙だったけど、自分のおかげで成功した」なんていう人で、上手くいっている人はそうそういない。ある開発職の男性は、どちらかというと職人気質で、以前は他部門と頻繁にぶつかっていた。どうにか状況を変えたいと考え、思い切って苦手な「交渉」や「部門間の調整」を得意な人に任せることで、物事が円滑に進むことに気づいたそうだ。「自分に能力がないと思われるのが嫌で、以前は何でも自分でやっていたが、結果的に得意な人にお願いした方がいい。そのことで誰も自分を責めたりしないし、むしろメンバーの個性を尊重している姿勢が評価されるようになった」という。

以上、同僚や部下とのコミュニケーションにおいて参考にして頂くことで、「また一緒に仕事をしたい」と言われるような存在になれるのではないかと思う。

まとめ

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

  1. 相手を論破しない
  2. 枝葉末節の議論はあとで
  3. 他人に頼る

[]太田裕子 [編集]Spring転職エージェント(アデコ株会社)

*本記事はSpring転職エージェントによる寄稿記事です

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)は、中途採用のための転職エージェント。
20代、30代、40代の決定実績が豊富です。
化学系技術職においては、研究・開発、評価、分析、プロセスエンジニア、プロダクトマネジメント、製造・生産技術、生産管理、品質管理、工場管理職、設備保全・メンテナンス、セールスエンジニア、技術営業、特許技術者などの求人があります。
転職コンサルタントは、企業側と求職者側の両方を担当する360度式。
「技術のことをよくわかってもらえない」「提案が少ない」「企業側の様子がわからない」といった不安の解消に努めています。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田ア…
  2. 化学者の卵、就職サイトを使い始める
  3. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  4. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シ…
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編…
  7. 話題のAlphaFold2を使ってみた
  8. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!
  2. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 伸浩 准教授
  3. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授
  4. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  5. 大塚国際美術館
  6. ペンタレネン Pentalenene
  7. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  8. 過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する
  9. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  10. 分析化学科

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

第21回ケムステVシンポ「Grubbs触媒が導く合成戦略」を開催します!

第21回VシンポはVシンポ協賛企業の一つであるメルク株式会社の持ち込み企画です.視聴される側からする…

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP