[スポンサーリンク]

ケムステしごと

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

[スポンサーリンク]

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。しかし、企業が採用したいのは「前の会社で評価され、成果を出している人」である。結果的に「今の会社で評価されること」が、転職への一番の近道となり、矛盾が生じることになる。勿論、さまざまな要因で納得する成果や、評価を得る前に仕事を探すこともあるが、将来的に、より条件の良い仕事や、難易度の高い仕事を望むのであれば、まずは今いる会社で評価されることは重要である。

会社に評価されるためには、まず直属の上司の信頼を得る必要があるが、媚びる必要はない。それよりも「あの人とまた一緒に仕事がしたい」という同僚や部下など第三者からの評価が上司の耳に入ることで、本人の評価はあがる。

今回は、そのように支持される人がしていることについて、同僚や部下とのコミュニケーションにかかわる点に焦点を絞り、考えてみたい。

1.相手を論破しない

研究に深く関わってきたさまざまな分野の研究者やサイエンティストは、自分が立てた仮説の検証をするための実験を行い、真偽を判断している。そして、その実験結果やデータをもとに導き出された論理的な結論に絶対的な信頼を置いている。それは研究者としてとても重要な姿勢の一つである。ただ、クライアントワークやビジネスにおいて、論理的に正しいことが、会社にとってベストであるとは限らない。

例えば、ある機器メーカーの営業担当と開発担当が、クライアント先で製品の仕様について打ち合わせに行ったときの話である。開発担当は自身が考えた仕様の案についてプレゼンをしたが、クライアントの反応が良くない。すると開発担当の彼は、いかに自身の提案が論理的に「正しいか」について「説得」し、最終的にはクライアントを「論破」した。勝ち誇った彼とは裏腹に、クライアントと営業担当が渋い顔をしていたのは言うまでもない。科学的な検証が必要な場面で、その能力は非常に役立つが、今回のケースのような場合だと、「融通が利かない人」、「相手の立場を考えられない人」というマイナスの評価になってしまう可能性が高い。

この場合、目的は「クライアントを論破すること」ではなく、「クライアントに刺さる提案をすること」である。そのためには、最初の提案に対して、どこに違和感があるのか、丁寧にヒアリングをするべきである。社内外関わらず、ビジネスで相手を論破して勝ったところで、その先に良好なパートナシップが築かれることはまずない。自分の考えに賛同しない人がいたら、「〇〇さんはどうお考えですか?」と聞く習慣をつけることをお勧めしたい。

2.枝葉末節の議論はあとで

ある研究職の男性が、同僚から「君は細かいことに気を取られすぎだ」という指摘を受け、悩んでいた。例えば、大枠の事業化プランと基本方針を決めるための打ち合わせにも関わらず、彼は成果物の詳細な取り扱いや、各部門の利益配分などについてどうしても気になってしまい、なかなか会議での議論が進まない。結局、基本方針は決まらず、枝葉のディテールだけ中途半場に議論して終わってしまった。そういう事がこれまでにも多々あるという。

例えば、家を建てることをイメージしてほしい。家を建てるとき、最初に、住む人の話を聞いてから、全体の設計図を決め、それから1階と2階の間取りを決める。先の話に置き換えると、「大枠の事業プランを決めること」=「家全体の設計図を決めること」なら、「成果物の詳細な取り扱いや各部門の利益配分を決めること」=「風呂とトイレの間取りについて決めること」に近い。家全体の骨子について決まらなければ、風呂とトイレの間取りについて決めても、後から変更になる可能性を高い。だとすると、すぐに決めるべきことではない。

勿論、「細かいことに気が付く」というのは素晴らしい能力である。ただ、使いどきを間違えると逆効果だ。時と場合によっては、「見逃す」ことが良い場合だってあるのだ。そうすることで、「細かいことばかり言う人」という評価から、「よく気が付く人」に変わり、「次の仕事でもメンバーに入ってほしい」、と言われる存在になるのではないかと思う。

3.他人に頼る

今年はラグビーワールドカップに国内が沸いたが、中でも日本の、国籍や人種を超えたチームが、まさに「one team」として結束する姿に心打たれた人も多いのではないかと思う。体が大きく突破力のある選手、体は小さいが足の速い選手、状況判断がうまい選手と、個性や能力を生かし、そのときどきに応じて苦しい状況を乗り越えてきた。お互いがそれぞれのメンバーを尊敬し、能力を認めているからこそ、対戦相手によって、異なる選手が活躍できるのではないかと思う。これは非常に分かりやすいかたちで、チームとして戦うことの重要性が、可視化されていたように思う。

会社や部門を横断したプロジェクトが増える中、誰だってメンバーに1人くらいは「あの人とは考えが合わない」という人がいるのではないだろうか。「本社の〇〇さんは何も研究のこと分かってないよ」とか、「開発の〇〇さんって拘りが強いからやりにくい」など、愚痴の一つもこぼしたくなる気持ちは大いに共感する。これまでのバックグラウンドも働いてきた環境も違うのだからしかたがない。しかし、ラグビーがスピード力のある選手だけが15人揃っても勝てないように、ビジネスだって論理的な研究職だけでも、交渉力に強いトップセールスだけでも成功できない。ときに頑固な契約担当がいて、したたかな企画担当がいて、あらゆる性質の問題やクライアントに対応することで、前に進んでいける。少なからず、苦手だなと思う相手でも、自分より優れているところがあるのであれば、そこは素直に認めることが第一歩だ。

実際、とても良いかたちでステップアップしている人の多くは、成果を出せた理由として「良いメンバーに恵まれた」と言う人が本当に多い。「他のメンバーは微妙だったけど、自分のおかげで成功した」なんていう人で、上手くいっている人はそうそういない。ある開発職の男性は、どちらかというと職人気質で、以前は他部門と頻繁にぶつかっていた。どうにか状況を変えたいと考え、思い切って苦手な「交渉」や「部門間の調整」を得意な人に任せることで、物事が円滑に進むことに気づいたそうだ。「自分に能力がないと思われるのが嫌で、以前は何でも自分でやっていたが、結果的に得意な人にお願いした方がいい。そのことで誰も自分を責めたりしないし、むしろメンバーの個性を尊重している姿勢が評価されるようになった」という。

以上、同僚や部下とのコミュニケーションにおいて参考にして頂くことで、「また一緒に仕事をしたい」と言われるような存在になれるのではないかと思う。

まとめ

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

  1. 相手を論破しない
  2. 枝葉末節の議論はあとで
  3. 他人に頼る

[]太田裕子 [編集]Spring転職エージェント(アデコ株会社)

*本記事はSpring転職エージェントによる寄稿記事です

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)は、中途採用のための転職エージェント。
20代、30代、40代の決定実績が豊富です。
化学系技術職においては、研究・開発、評価、分析、プロセスエンジニア、プロダクトマネジメント、製造・生産技術、生産管理、品質管理、工場管理職、設備保全・メンテナンス、セールスエンジニア、技術営業、特許技術者などの求人があります。
転職コンサルタントは、企業側と求職者側の両方を担当する360度式。
「技術のことをよくわかってもらえない」「提案が少ない」「企業側の様子がわからない」といった不安の解消に努めています。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大学入試のあれこれ ①
  2. 人が集まるポスター発表を考える
  3. 究極の黒を炭素材料で作る
  4. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Natu…
  5. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に…
  6. 窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計…
  7. NaHの水素原子の酸化数は?
  8. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  2. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  3. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授
  4. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction
  5. 化学小説まとめ
  6. GRE Chemistry
  7. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功
  8. 誤った科学論文は悪か?
  9. 光で2-AGの量を制御する
  10. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP