[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

安全なジアゾ供与試薬

 

トリフルオロメタンスルホニルアジド(TfN3)に代表されるスルホニルアジド化合物は、一級アミンをアジドへ、活性メチレン化合物をジアゾ化合物へ(レギッツジアゾ転移)変換できる便利な試薬です。

 

2014-10-30_08-35-18

レギッツジアゾ転移

しかしながら、スルホニルアジド化合物の多くは爆発性を有し、できれば使いたくない試薬です。安全なジアゾ供与試薬というのはないのでしょうか。

TfN3などは爆発性を持っており、非常に危険な試薬です。ナスフラスコのスリに付着すると摩擦で爆発するのでスリのない三角フラスコを用いて、もちろん防爆の道具の整った環境のもとで調製します。大量合成の際には使いたくない試薬です。

 

少し前の論文なのですが、常温保存可能という安全性の高いスルホニルアジド化合物(Imidazole-1-sulfonyl Azide Hydrochloride)が報告されています。

Goddard-Borger, E. D; Stick, R. V. Org. Lett. 2007, 9, 3797.
DOI: 10. 1021/ol701581g

 

ol701581gn00001

作り方は上図に示したように簡単です。反応性もTfN3と ほとんど変わらないようですから、この試薬を試してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  2. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学…
  3. 合成とノーベル化学賞
  4. 香料:香りの化学3
  5. 【書籍】パラグラフ・ライティングを基礎から訓練!『論理が伝わる …
  6. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  7. ぼっち学会参加の極意
  8. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Side Reactions in Organic Synthesis II
  2. で、その研究はなんの役に立つの?
  3. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  4. ヒト胚研究、ついに未知領域へ
  5. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりスピーディに!
  6. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  7. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  8. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  9. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  10. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP