[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

安全なジアゾ供与試薬

 

トリフルオロメタンスルホニルアジド(TfN3)に代表されるスルホニルアジド化合物は、一級アミンをアジドへ、活性メチレン化合物をジアゾ化合物へ(レギッツジアゾ転移)変換できる便利な試薬です。

 

2014-10-30_08-35-18

レギッツジアゾ転移

しかしながら、スルホニルアジド化合物の多くは爆発性を有し、できれば使いたくない試薬です。安全なジアゾ供与試薬というのはないのでしょうか。

TfN3などは爆発性を持っており、非常に危険な試薬です。ナスフラスコのスリに付着すると摩擦で爆発するのでスリのない三角フラスコを用いて、もちろん防爆の道具の整った環境のもとで調製します。大量合成の際には使いたくない試薬です。

 

少し前の論文なのですが、常温保存可能という安全性の高いスルホニルアジド化合物(Imidazole-1-sulfonyl Azide Hydrochloride)が報告されています。

Goddard-Borger, E. D; Stick, R. V. Org. Lett. 2007, 9, 3797.
DOI: 10. 1021/ol701581g

 

ol701581gn00001

作り方は上図に示したように簡単です。反応性もTfN3と ほとんど変わらないようですから、この試薬を試してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により…
  2. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎…
  3. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  4. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  5. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】…
  6. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・…
  7. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応
  8. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. CAS番号の登録が1億個突破!
  2. 結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開
  3. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  4. 3.11 14:46 ②
  5. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  6. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  7. 2010年人気記事ランキング
  8. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement
  9. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  10. マイクロリアクターによる合成技術【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP