[スポンサーリンク]

ケムステニュース

子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!

[スポンサーリンク]

Dr. ブラバー

 独化学メーカーBASFの日本法人、BASFジャパンは、小学生を対象に毎年夏休み期間中に実施している「Dr.ブラバーの子供実験教室」の実験内容を、2006年7月28日から8月31日までマイクロソフトのインターネットポータルサイト「MSN」の特設サイト「夏休み親子で学ぶ、インターネット安全教室」で紹介する。

 「Dr.ブラバーの子供実験教室」は、遊びながら化学実験ができる環境を用意することで、化学の楽しさを知ってもらうことを目的としている。(引用:デジタルARENA)

 非常に面白いサイトです。工場で使われた水がどう浄化されるかを学ぶ実験やインクの色を分離するペーパークロマトグラフィーの実験など楽しく勉強になる実験を紹介しています。是非いってみてくださいね。

  • 関連書籍

誠文堂新光社
福地 孝宏(著)
発売日:2007-01-20
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:136240
おすすめ度:
5.0
おすすめ度5
中学化学完全実践教科書 実験でわかる化学

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表
  2. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  3. 2015年化学10大ニュース
  4. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  5. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  6. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  7. パラジウム価格上昇中
  8. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生物学的等価体 Bioisostere
  2. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  3. 生命が居住できる星の条件
  4. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  5. 抗がん剤などの原料の新製造法
  6. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  7. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  8. 酢酸エチルの高騰が止まらず。供給逼迫により購入制限も?
  9. 第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」
  10. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2006年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP