[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何らかの刺激により色が変わる現象の総称です。また、「可逆的」である以上,別の外部刺激により元に戻るのが普通です。外部刺激の種類を限定して…

  2. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

  3. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する…

  4. 炭素ー炭素結合を切る触媒

    炭素-炭素結合生成反応は、有機化合物を "組み立てる" ために最重要たる反応であり、そのため古くから…

  5. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

    日本では終息に向かっているインフルエンザ。とはいえ鳥インフルエンザは、今なお世界中で感染例が相次いで…

  6. 共役はなぜ起こる?

  7. もっとも単純な触媒「プロリン」

  8. 本当の天然物はどれ?

  9. ノルゾアンタミンの全合成

  10. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  11. 生合成を模倣した有機合成

  12. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  13. ハメット則

  14. 有機の王冠

  15. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  16. 1,2-還元と1,4-還元

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  2. ローカル環境でPDFを作成する(Windows版)
  3. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する
  4. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromatic Compounds
  5. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される
  6. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  7. オカモトが過去最高益を記録

注目情報

最新記事

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

PAGE TOP