[スポンサーリンク]

会告

2023年度第1回日本化学連合シンポジウム「ヒューメインな化学 ~感覚の世界に化学はどう挑むか~」

[スポンサーリンク]

人間の幸福感は、五感に依るところが大きい。化学は文明的で健康的な社会を支える物質を継続的に産み出してきたが、そのような物質の中には、人間の感覚をターゲットとして幸福感を増大させるものも多く含まれている。本シンポジウムでは、人間の幸福感の礎の一つとなる感覚の領域に対して、化学がどのように切り込んでいけるかについて、日本化学連合に参加する学協会の気鋭の研究者を招いて議論する。融合的でかつ定量化の難しい領域において、独創性高い研究や技術をいかにして創出して来たか、研究者の思索と実行の足跡を垣間見る貴重な機会となるものと期待される。

概要・日時・申し込み

2023年度第1回日本化学連合シンポジウム

2024年1月22日(月)13:00~17:45 

オンライン開催 

参加費:一般:5,000円、学生:2,000円(いずれも税込)

申し込みフォームはlこちら

プログラム

講演者一覧

13:00-13:10 開会挨拶

13:10-13:50
「音や光による有機分子の状態や反応の制御」
津田 明彦(神戸大学大学院理学研究科)

音と光は、全く異なる波の性質をもつ物理刺激として、人と人、人と動物、あるいは人と電子機器などのコミュニケーションに用いられる。本講演では、音と光による分子や分子集合体の構造や状態および化学反応の物理制御に関する研究成果について概説するとともに、それらの社会実装に向けた産学官連携の取り組みについても紹介したい。

 

13:40-14:30

「視覚科学:化学産業への展望」
山本 洋紀(京都大学大学院人間・環境学研究科)
視覚の心理学と脳科学によって製品の感性的な価値を定量化できます。さらに、統計モデリングと組み合わせると製品の設計に活かせます。この枠組を応用して感性と化学を繋ぐ方法を論じたいと思います。

 

14:30-15:10
「匂い感覚と健康とwell-being」
東原 和成(東京大学大学院農学生命科学研究科)

匂いを感じる嗅覚は、数十万種類といわれる匂い物質の無限の組み合わせである混合臭を正確に識別する、究極の分子識別システムである。生物は、その膨大な化学情報の中から、生きるために重要な情報を脳で抽出し、その結果、適切な行動・情動・生理変化が引き起こされる。本講演では、嗅覚が人間の健康やwell-beingにどのように関わっているかを紹介する。

 

15:10-15:20 休憩

15:20-16:00
「嗅覚センサの研究・開発・実証・実装」
吉川 元起(物質・材料研究機構)

嗅覚センサは、既存の物理系センサでは測定が困難な試料に対して、非接触・リアルタイムでの測定が可能であり、農業・食品・医療などの分野で早期実現が切望されています。本講演では、独自に開発したセンサ素子「MSS」を軸にした、ハード(感応膜など)やソフト(機械学習など)の研究開発、および現場での実証実験についてご紹介します。

 

16:00-16:40
「コグネティクス+(プラス)で挑む触感と身体の科学」
金山 範明(産業技術総合研究所・人間情報インタラクション研究部門)
触感の脳・こころのモデルは、心理学・脳科学者が検討してきた。一方、触覚の操作にはロボティクス領域との共創が必要でありコグネティクスという融合領域が推奨されてきた。さらに接触対象をコントロールする材料科学的なアプローチも必要になる。こころの科学と化学領域との融合研究の必要性・可能性を紹介し議論したい。

 

16:40-17:20
「味を化学で可視化する」
都甲 潔(九州大学高等研究院特別主幹教授)
味を目で見ることができるであろうか.味覚センサはそれを可能とした科学技術であり,既に実用化され,全世界で600台以上が使われている.食品や医薬品の味の定量化や苦くない医薬品や新食品の開発に利活用されている.最近では,個人の食嗜好を予測することも可能としている.講演では化学を駆使した味覚の可視化を紹介する.

17:20-17:40 総合討論
17:40-17:45 閉会挨拶

参加申込

当連合のホームページ参加申し込みフォームを用いて、氏名,所属学協会,勤務先と職名(学生は学校名と学年),連絡先(メールアドレス)を明記し,2024年1月19日(月)までにWebからお申込いただき、支払いを完了してください。

シンポジウムの参加費は一般:5,000円、学生:2,000円で、事前の参加登録・銀行振込が必要です。(参加費はいずれも税込みです)
振込先:三菱UFJ銀行 神田支店 普通預金 口座番号:0092454
口座名:一般社団法人日本化学連合 ※振込手数料は、ご負担ください。

申し込みフォームはこちら

主催・共催お問い合わせなど

主催:日本化学連合
共催:(予定)化学工学会、クロマトグラフィー科学会、高分子学会、触媒学会、石油学会、日本エネルギー学会、日本化学会、日本ゼオライト学会、日本地球化学会、日本膜学会、日本薬学会
協賛:(予定)化学工業日報社、化学情報協会、日本セラミックス協会、繊維学会
後援:(予定)新化学技術推進協会
協力:Chem-Station

問い合せ先:一般社団法人日本化学連合 事務局 E-mail: secretariat@jucst.org

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】
  2. マテリアルズ・インフォマティクスのためのSaaS miHub活用…
  3. 第四回Vプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバ…
  4. 学部4年間の教育を振り返る
  5. 化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選
  6. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  7. ポンコツ博士の海外奮闘録XVI ~博士,再現性を高める②~
  8. 細胞が分子の3Dプリンターに?! -空気に触れるとファイバーとな…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  2. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  3. マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-
  4. 抗精神病薬として初めての口腔内崩壊錠が登場
  5. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」
  6. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  7. The Sol-Gel Handbook: Synthesis, Characterization and Applications
  8. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待
  9. アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~
  10. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP