[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 個性あるジャーナル表紙

    Journal of Organic Chemistry(JOC)というのはアメリカ化学会が発行するジャーナルで、世界が認める有機化学界最高峰のジャーナルの一つです。(ちまたで何かと話題のオリンピック委員会ではありません)そんなJO…

  2. タングトリンの触媒的不斉全合成

    Catalytic Asymmetric Total Synthesis of Tangutor…

  3. 人前ではとても呼べない名前の化合物

    化学の世界は広し歴史は長しで、「これはちょっと・・・」と発声を躊躇してしまうような名前の化学物質…

  4. 5配位ケイ素間の結合

    佐藤健太郎氏の「有機化学美術館・分館」やchemistry worldでも取り上げられられていますが…

  5. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応

    先日、John F. Hartwig教授(イリノイ大学ウルバーナ・シャンペーン)の講…

  6. ホウ素は求電子剤?求核剤?

  7. ユニークな名前を持つ配位子

  8. Wiley社の本が10%割引キャンペーン中~Amazon~

  9. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版

  10. 若手研究者に朗報!? Reaxys Prizeに応募しよう

  11. 企業の研究開発のつらさ

  12. 立春の卵

  13. 博士課程学生の奨学金情報

  14. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 1】

  15. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル

  16. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Spiber株式会社ってどんな会社?
  2. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  3. 世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ
  4. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  5. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  6. 典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化
  7. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

PAGE TOP