[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

化学探偵Mr.キュリー9

[スポンサーリンク]

緊急事態宣言からしばらくたち、在宅研究/学習に勤しんでいる化学徒に朗報です。世界唯一?の化学小説シリーズ「化学探偵Mr.キュリー」の新巻が発売になるそうです。

お仕事/お勉強の合間にぜひいかがでしょうか。もちろん化学に関係ない、化学がわからない人でも楽しめる内容になっています。

今回も、著者である喜多喜久さんにご挨拶と内容のご紹介を依頼しました。それではどうぞ。

著者からご挨拶

「化学者のつぶやき」をご覧の皆様。お世話になっております。喜多喜久です。

2013年から続く例のシリーズの新作が出ることになりましたので、いつものように紹介記事を投稿させていただきます。

新刊のタイトルは、「化学探偵Mr.キュリー9」です。(中央公論新社・4/22刊行)

今作もこれまでと同じように、五話構成の連作短編となっております。

「あれ、8巻を出したっけ?」と首をかしげるくらい、あっという間に一年が過ぎ去ったように感じます。時間が経つのは早いです。作中の設定では未だに2015年なのですが……(笑)

ということで、簡単にあらすじを紹介いたします。

作品のあらすじ

  • 第一話:化学探偵と赦されざる善意

舞衣が勤める四宮大学で新年度がスタートする。忙しい日々を送る中で、新入生が飲酒トラブルを起こし、マンションの植え込みに嘔吐したという通報が。真偽を確かめようと調査を進めた結果、他の大学の学生と判明する。しかし、嘔吐の原因は分からず。そんな中、今度は学食で食中毒騒ぎが起こり……。

  • 第二話:化学探偵と金縛りの恐怖

四宮大学のキャンパス内で、研究室から出たゴミが荒らされるという事件が続発する。犯人を見つけようと奮闘する舞衣。そんな時、舞衣が担当する「なんでも相談窓口」に、女子学生が相談にやってくる。彼女は金縛りに悩まされているのだという。

  • 第三話:化学探偵とフィクションの罠

舞衣の友人、美間坂剣也が主役を務めるミステリードラマの企画が持ち上がる。化学トリックの監修を沖野が担当することになり、覚醒剤に関するネタを提案する。無事に作品が完成し、舞衣は沖野と共に試写を見る。ところが、その最中に思いがけない連絡が……。

  • 第四話:化学探偵と後悔と選択

季節は六月。梅雨のじめじめした日が続く中、「なんでも相談窓口」に沖野がやってくる。指導している学生の様子がおかしいので、悩み事がないか聞き出してほしいという依頼。さっそく当人から話を聞いてみると、妹のことで悩んでいるのだという。そこで、同じ四宮大に通っているその妹から話を聞くことに……。

  • 第五話:化学探偵と夢見る彼女

四宮市を中心に活動する、インカレボランティアサークルが雑誌の取材を受けることに。そのサークルでは一人暮らしの高齢者の自宅を訪ね、掃除や食事の世話をしている。立派な活動だと舞衣は感心するが、彼らと関わった高齢者が喘息の発作を起こしたことが判明し……。

あらすじは以上になります。

次はいよいよ10巻目

シリーズの開始から七年が経ち、次はいよいよ10巻目を迎えることになりました。

キャラクターも増え、書きたいことが新たに出てきました。以前は漠然と、「12巻くらいで終わりかな~」と考えていましたが、今はもう少し続けたいと思っています。

化学ネタを考えるのが少しずつ難しくなってきていますが、掘り下げていけば面白いものはまだまだ見つかると思います。ちなみに次は長編を企画しています。節目の巻にふさわしい、スケールの大きな物語にしたいともくろんでいます。

大変な毎日が続いていますが、日々のストレスを忘れ、物語の世界に没頭できるようなエンターテインメントをお届けできればと思っています。

ということで、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします!

他の関連するケムステ記事

関連書籍

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. リンダウ会議に行ってきた②
  2. 2010年イグノーベル賞決定!
  3. 有機合成化学協会誌2021年8月号:ナノチューブカプセル・ナノグ…
  4. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanth…
  5. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑥:実験室でも…
  7. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  8. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  2. 第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)
  3. 加熱✕情熱!マイクロ波合成装置「ミューリアクター」四国計測工業
  4. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  5. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)
  6. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  7. 有機溶媒吸収し数百倍に 新素材のゲル、九大が開発
  8. 2020年ケムステ人気記事ランキング
  9. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  10. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

CV測定器を使ってみた

「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います…

知られざる法科学技術の世界

皆さんは、日本法科学技術学会という学会をご存じでしょうか。法科学は、犯罪における問題を”科学と技術”…

有機合成化学協会誌2021年9月号:ストリゴラクトン・アミド修飾アリル化剤・液相電解自動合成・ビフェニレン・含窒素複素環

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年9月号がオンライン公開されました。9…

イグノーベル賞2021が発表:今年は化学賞あり!

2021年9月9日、「人々を笑わせ考えさせた業績」に送られるイグノーベル賞の第31回授賞式が行われま…

理化学研究所上級研究員(創発デバイス研究チーム)募集

理化学研究所の創発物性科学研究センターで上級研究員の公募を行っております。今回募集対象である、創…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP