[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

化学探偵Mr.キュリー9

[スポンサーリンク]

緊急事態宣言からしばらくたち、在宅研究/学習に勤しんでいる化学徒に朗報です。世界唯一?の化学小説シリーズ「化学探偵Mr.キュリー」の新巻が発売になるそうです。

お仕事/お勉強の合間にぜひいかがでしょうか。もちろん化学に関係ない、化学がわからない人でも楽しめる内容になっています。

今回も、著者である喜多喜久さんにご挨拶と内容のご紹介を依頼しました。それではどうぞ。

著者からご挨拶

「化学者のつぶやき」をご覧の皆様。お世話になっております。喜多喜久です。

2013年から続く例のシリーズの新作が出ることになりましたので、いつものように紹介記事を投稿させていただきます。

新刊のタイトルは、「化学探偵Mr.キュリー9」です。(中央公論新社・4/22刊行)

今作もこれまでと同じように、五話構成の連作短編となっております。

「あれ、8巻を出したっけ?」と首をかしげるくらい、あっという間に一年が過ぎ去ったように感じます。時間が経つのは早いです。作中の設定では未だに2015年なのですが……(笑)

ということで、簡単にあらすじを紹介いたします。

作品のあらすじ

  • 第一話:化学探偵と赦されざる善意

舞衣が勤める四宮大学で新年度がスタートする。忙しい日々を送る中で、新入生が飲酒トラブルを起こし、マンションの植え込みに嘔吐したという通報が。真偽を確かめようと調査を進めた結果、他の大学の学生と判明する。しかし、嘔吐の原因は分からず。そんな中、今度は学食で食中毒騒ぎが起こり……。

  • 第二話:化学探偵と金縛りの恐怖

四宮大学のキャンパス内で、研究室から出たゴミが荒らされるという事件が続発する。犯人を見つけようと奮闘する舞衣。そんな時、舞衣が担当する「なんでも相談窓口」に、女子学生が相談にやってくる。彼女は金縛りに悩まされているのだという。

  • 第三話:化学探偵とフィクションの罠

舞衣の友人、美間坂剣也が主役を務めるミステリードラマの企画が持ち上がる。化学トリックの監修を沖野が担当することになり、覚醒剤に関するネタを提案する。無事に作品が完成し、舞衣は沖野と共に試写を見る。ところが、その最中に思いがけない連絡が……。

  • 第四話:化学探偵と後悔と選択

季節は六月。梅雨のじめじめした日が続く中、「なんでも相談窓口」に沖野がやってくる。指導している学生の様子がおかしいので、悩み事がないか聞き出してほしいという依頼。さっそく当人から話を聞いてみると、妹のことで悩んでいるのだという。そこで、同じ四宮大に通っているその妹から話を聞くことに……。

  • 第五話:化学探偵と夢見る彼女

四宮市を中心に活動する、インカレボランティアサークルが雑誌の取材を受けることに。そのサークルでは一人暮らしの高齢者の自宅を訪ね、掃除や食事の世話をしている。立派な活動だと舞衣は感心するが、彼らと関わった高齢者が喘息の発作を起こしたことが判明し……。

あらすじは以上になります。

次はいよいよ10巻目

シリーズの開始から七年が経ち、次はいよいよ10巻目を迎えることになりました。

キャラクターも増え、書きたいことが新たに出てきました。以前は漠然と、「12巻くらいで終わりかな~」と考えていましたが、今はもう少し続けたいと思っています。

化学ネタを考えるのが少しずつ難しくなってきていますが、掘り下げていけば面白いものはまだまだ見つかると思います。ちなみに次は長編を企画しています。節目の巻にふさわしい、スケールの大きな物語にしたいともくろんでいます。

大変な毎日が続いていますが、日々のストレスを忘れ、物語の世界に没頭できるようなエンターテインメントをお届けできればと思っています。

ということで、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします!

他の関連するケムステ記事

関連書籍

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  2. CV書いてみた:ポスドク編
  3. 強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる
  4. 神秘的な海の魅力的アルカロイド
  5. 化学パズル・不斉窒素化合物
  6. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御!…
  7. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー雑記編
  8. 高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 農薬DDTが大好きな蜂
  2. レッドブルから微量のコカインが検出される
  3. 元素生活 完全版
  4. 小型質量分析装置expression® CMSを試してみた
  5. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  6. 2014年ケムステ記事ランキング
  7. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  8. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  9. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授
  10. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

粒子画像モニタリングシステム EasyViewerをデモしてみた

スラリー中の粒子(結晶)の観察は、晶析研究などではぜひみたいところです。しかし、外に取り出し…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代配線技術編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録

三井化学はこのほど、岩国大竹工場(山口県和木町)にあるポリエチレン製造装置が、国立科学博物館により、…

【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic Effects

相対性理論は、光速近くで運動する物体で顕著になる現象を表した理論です。電子や原子などのミクロな物質を…

gem-ジフルオロアルケンの新奇合成法

トリフロンにグリニャール試薬を作用させるだけで多置換gem-ジフルオロアルケンの合成に成功した。フッ…

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP