[スポンサーリンク]

ケムステニュース

食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製

[スポンサーリンク]

 

 

堀場製作所は、中国北京市の分析計測機関「北京市理化分析測試中心」と、食品安全や環境保護など4分野の分析測定の共同研究を行うことで10日、合意した。各計測装置の研究開発に加え、環境規制に必要な測定方法の統一化にも参画する。

工学博士の社員1人を7月ごろ同機関に派遣し、「公共安全と食品安全」「栄養と健康」「環境保護と自動車排ガス処理」「材料分析計測」の4分野の共同研究を行う。

具体的には食品や大気、土壌、水質の成分を短時間で計測する装置の開発、指圧や漢方薬の効果の科学的実証などが考えられるという。

堀場製によると、中国で食の安全や環境問題に市民の関心が高まる中、北京市側から精度や操作性に優れた装置開発と計測方法の統一に向けた共同研究を堀場製に持ちかけられた。2001年から同機関で企業向けの製品実演や受託測定を行い、技術者間の交流もあったという。

中国での事業拡大を目指す堀場製は、今回の共同研究を機に現地での知名度向上を期待する。

10日、北京市で行われた合意調印式で、堀場厚社長は「中国は環境改善、食品などの安全管理が緊急に解決すべき課題。共に解決方法を探り、最も適した分析方法や分析計の開発を進めたい」と話した。

リンク 京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20120411000015

 

堀場製作所はその売り上げの10%程度が環境測定分野で挙げられており、昨年2010年度の売上は15億円程度であった。同社はダイヤモンド電極な ど、先端材料にも力を入れており、同分野での飛躍が期待される。また中国での環境測定分野は非常に有望な分野であると考えられているので、本ニュースでは とても期待される内容である。

 関連書籍

外部リンク

 

やすたか

投稿者の記事一覧

米国で博士課程学生

関連記事

  1. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治…
  2. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  3. 続々と提供される化学に特化したAIサービス
  4. ピンポン玉で分子模型
  5. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  6. 秋の褒章2013-化学
  7. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解…
  8. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis
  2. 第117回―「感染症治療を志向したケミカルバイオロジー研究」Erin Carlson准教授
  3. ブロッコリー由来成分「スルフォラファン」による抗肥満効果の分子機構の解明
  4. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis
  5. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン
  6. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  7. 複雑なアルカロイド合成
  8. エレクトロクロミズム Electrochromism
  9. 新アルゴリズムで量子化学的逆合成解析の限界突破!~未知反応をコンピュータで系統探索する新技術~
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クオラムセンシング Quorum Sensing

クオラムセンシング (Quorum Sensing)とは、細菌が自己誘導因子 (autoinduce…

乙卯研究所 研究員募集 第二弾 2022年度

~乙卯研究所とは~乙卯研究所は、1915年の設立以来、広く薬学の研究を行うことを…

ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~

Tshozoです。先日TL上でちょっと気になる話を見ましたでございますのよhttps://t…

ライトケミカル工業2024卒採用情報

当社の技術部は、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカルは、化学メーカーが開発した化学製品の生産をお手伝いする会社です。受託生産からスケールア…

E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP