[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

デカすぎる置換基が不安定なリンホウ素二重結合を優しく包み込む

[スポンサーリンク]

不安定なホスファボレンを速度論的にのみ安定化する分子設計により、本来の電子状態のリンホウ素二重結合をもつホスファボレンの合成が初めて報告された。合成したホスファボレンのリンホウ素結合は、隣接基による電子的な影響を無視できるため高い二重結合性をもつ。

いかにして不安定なホスファボレンを合成するのか?

13族と15族元素間の二重結合は、14族元素同士の二重結合と等電子関係ではあるが、その特異な物性や反応性に興味がもたれ、精力的に研究されてきた[1]。中でもリンホウ素二重結合は、周期の異なるリンとホウ素のp軌道の重なりが小さいため、π結合が切れやすい(図1A)[2]。この弱いπ結合に加え、リンの非共有電子対およびホウ素の空のp軌道の存在により自発的に多量化するため、不安定な結合である。そのため、リンホウ素二重結合の形成は長年の課題であった。

リンホウ素二重結合をもつホスファボレンの生成が初めて確認されたのは、1986年、Cowleyらの報告である(図1B)[3]。彼らは環状ジホスファボレタンの熱分解からホスファボレンの生成を質量分析で確認した。その後、ホスファボレンの安定化法がいくつか見出され、その合成と単離が達成されている。1990年にNöthら[4]が、2006年にはPowerら[5]がそれぞれルイス酸/塩基により安定化されたホスファボレンの合成、2022年にはLiuらがPush–Pull効果により安定化されたホスファボレンの合成を報告した(図1C)[6]。しかし、これらの安定化法はリンホウ素二重結合の電子構造の変化が無視できないため、本来の電子構造をもつホスファボレンの合成は未だ達成されていない。

ブリストル大学のMannersらは、速度論的にのみホスファボレンを安定化すれば、電子構造の変化を無視できるリンホウ素二重結合が形成できると考えた。そこで、かさ高い置換基として2,6-ビス(トリイソプロピルフェニル)-3,5-ジイソプロピルフェニル基[7]をもつホスファボレンを設計し、合成に取り組んだ(図1C右下)。

図1. (A) リンホウ素二重結合形成における課題 (B) ホスファボレンの生成を確認した最初の報告例 (C) 安定化されたホスファボレンの合成例および今回Mannersらが合成したホスファボレン

 

“A Crystalline Monomeric Phosphaborene”
LaPierre, E. A.; Patrick, B. O.; Manners, I. J. Am. Chem. Soc. 2023, 145, 7107–7112
DOI: 10.1021/jacs.3c01942

論文著者の紹介

研究者:Ian Manners
研究者の経歴:
1979–1982 B.Sc. in Chemistry, University of Bristol, UK
1982–1985 Ph.D. in Chemistry, University of Bristol, UK (Prof. Neil G. Connelly)
1986–1987 Postdoc, University of Aachen, Germany (Prof. Peter Paetzold)
1988–1990 Research Associate, Pennsylvania State University, USA (Prof. Harry R. Allcock)
1990–1994 Assistant Professor, University of Toronto, Canada
1994–1995 Associate Professor, University of Toronto, Canada
1995–2006 Professor, University of Toronto, Canada
2006–                            Professor, University of Bristol, UK
研究内容:触媒反応を用いた高分子合成、結晶化駆動型自己集積体の合成

論文の概要

図2Aにホスファボレン4の合成経路を示す。まず、ホスフィンカリウム1[8]とジブロモボロン2[9]をトルエン中で反応させ、ホスファボラン3を得た。続いて、得られた3に塩基を作用させ、所望のホスファボレン4の合成を達成した。単結晶X線構造解析により、合成したホスファボレン4のリンホウ素間の結合長は1.741 Åであり、これまで報告されたどのホスファボレンよりも短い値であった。また、4のWiberg結合次数はリンホウ素結合が1.9707、窒素ホウ素結合が0.9526であった。これらは4のリンホウ素結合は二重結合性、窒素ホウ素結合は単結合性が高いことを示している。すなわち、窒素の非共有電子対のホウ素への押し込みによるリンホウ素結合の二重結合性の低下はなく、電子構造の変化を無視できるリンホウ素二重結合の形成に成功した初の報告例となった。

次に、反応性の高い分子との反応からホスファボレン4のリンホウ素二重結合の性質を調査した(図2B)。4はDMAPと反応し4·DMAPが生成した。また、メタノールを作用させると、4は一級ホスフィンとトリメトキシボロンに分解した。一方で、一酸化炭素および二酸化炭素、水素、TMSN3、HCCPh、Ph2COとは反応しなかった。この反応性はDFT計算による軌道解析から説明できる。4のHOMOは立体的に保護されたリンホウ素二重結合に局在している。一方LUMOは、主にホウ素の空のp軌道からなるため、リンと比べ立体的に保護されていない。したがって、HOMOが関与する反応は進行しにくく、LUMOのみが関与する反応は進行しやすかったと考えられる。

図2. (A) ホスファボレン4の合成 (B) ホスファボレン4の反応性の調査および分子軌道解析

以上、本来の電子状態のリンホウ素二重結合をもつホスファボレンの合成が達成された。電子的な影響を受けていないリンホウ素二重結合の詳細な性質解明の続報に期待したい。デカすぎる置換基の優しい抱擁に、不安定だったリンホウ素二重結合も安心して安定化しているはずである。

参考文献

  1. Malik, M. A.; Afzaal, M.; O’Brien, P. Precursor Chemistry for Main Group Elements in Semiconducting Materials. Chem. Rev. 2010, 110, 4417–4446. DOI: 10.1021/cr900406f
  2. Dankert, F.; Hering-Junghans, C. Heavier Group 13/15 Multiple Bond Systems: Synthesis, Structure, and Chemical Bond Activation. Chem. Commun.2022, 58, 1242–1262. DOI: 10.1039/D1CC06518A
  3. Arif, A. M.; Boggs, J. E.; Cowley, A. H.; Lee, J. G.; Pakulski, M.; Power, J. M. Production of a Boraphosphene (RB:PR’) in the Vapor Phase by Thermolysis of a Sterically Encumbered Diphosphadiboretane. J. Am. Chem. Soc. 1986, 108, 6083–6084. DOI: 10.1021/ja00279a091
  4. Linti, G.; Nöth, H.; Polborn, K.; Paine, R. T. An Allene-analogous Boranylidenephosphane with B=P Double Bond: 1,1-Diethylpropyl(2,2,6,6-tetramethylpiperidino)-boranylidenephosphane-P-pentacarbonylchromium. Angew. Chem., Int. Ed. 1990, 29, 682–684. DOI: 10.1002/anie.199006821
  5. Rivard, E.; Merrill, W. A.; Fettinger, J. C.; Power, P. P. A Donor-Stabilization Strategy for the Preparation of Compounds Featuring P=B and As=B Double Bonds. Chem. Commun. 2006, 36, 3800−2. DOI: 10.1039/B609748K
  6. Li, J.; Lu, Z.; Liu, L. L. A Free Phosphaborene Stable at Room Temperature. J. Am. Chem. Soc. 2022, 144, 23691–23697. DOI: 10.1021/jacs.2c11878
  7. Stanciu, C.; Richards, A. F.; Fettinger, J. C.; Brynda, M.; Power, P. P. Synthesis and Characterization of New, Modified Terphenyl Ligands: Increasing the Rotational Barrier for Flanking Rings. Organomet. Chem. 2006, 691, 2540–2545. DOI: 10.1016/j.jorganchem.2006.01.046
  8. Queen, J. D.; Bursch, M.; Seibert, J.; Maurer, L. R.; Ellis, B. D.; Fettinger, J. C.; Grimme, S.; Power, P. P. Isolation and Computational Studies of a Series of Terphenyl Substituted Diplumbynes with Ligand Dependent Lead-Lead Multiple-Bonding Character. J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 14370–14383. DOI: 10.1021/jacs.9b07072
  9. Escudie, J.; Couret, C.; Lazraq, M.; Garrigues, B. New Routes to 2,4-Diphospha-1,3-diboretanes. React. Inorg. Met.-Org. Chem. 1987, 17, 379–384. DOI: 10.1080/00945718708059446

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 化学に関する様々なサブスクリプション
  2. 常温常圧アンモニア合成~20年かけて性能が約10000倍に!!!…
  3. 樹脂コンパウンド材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活…
  4. 世界⼀包括的な代謝物測定法の開発に成功〜ワンショットで親⽔性代謝…
  5. タンパク質の定量法―紫外吸光法 Protein Quantifi…
  6. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?
  7. オゾンと光だけでアジピン酸をつくる
  8. エステルからエステルをつくる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タイに講演にいってきました
  2. 2007年10大化学ニュース
  3. その電子、私が引き受けよう
  4. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書
  5. 有機合成化学協会誌2020年10月号:ハロゲンダンス・Cpルテニウム–Brønsted酸協働触媒・重水素化鎖状テルペン・エラスティック結晶・複核ホウ素ヘテロ環
  6. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  7. 多才な補酵素:PLP
  8. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得
  9. 乙種危険物取扱者・合格体験記~Webmaster編
  10. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP