[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Classics in Total Synthesis

内容

本書は、すべての合成化学者必携の参考書。明快で見事な解説技巧により、優れた合成有機化学者の手による注目すべき独創的な全合成を紹介している。

複雑な合成法を初心者にも理解しやすくするために、それぞれの全合成を逆合成的に分析している。その後、各合成手順をじっくりと説明し、代替手法や予想される落とし穴に関するヒントを提示する。さらに、有益なレビューとオリジナル文献を数多く紹介するリファレンスが、本書をいっそう貴重な情報源にしている。

とくに目立つのが、グラフや図表の効果的な活用だ。逆合成分析や反応機構、立体化学的に重要な手順が、ボックス記事としてテキスト内に配置されている。参照を容易にするために、主要な中間体も余白に記載されている。

本書は大学院生にとっても研究者にとっても、日々の研究に欠かせない役立つ情報を満載した金鉱となるはずだ。合成有機化学の研究者なら、ぜひとも机に置いておきたい1冊だ。

対象

全合成を学ぶ学部生・大学院生以上。

 

評価・解説

天然物全合成の巨匠、K.C.Nicolaouによって編纂された本書では、古典から最新まで、全合成の歴史的傑作を集め、それらを詳細に解説しています。有機合成化学者を目指すならば一度は目を通しておきたい良著で、バイブルとも呼ぶべき最高の本の一つです。持っておいて損はしません。
ただ論文を並べただけでなく、反応機構・合成戦略・歴史的意義も詳細に記述してあるため、「全合成」という学問分野を体系的に学習できます。読み進めやすいよう、レイアウトの工夫も随所になされており、研究室のゼミの題材等にも最適です。

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2016年9月の注目化学書籍
  2. 研究者/研究力
  3. 基礎から学ぶ機器分析化学
  4. 密度汎関数法の基礎
  5. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  6. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  7. Handbook of Reagents for Organic…
  8. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  2. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  3. Innovative Drug Synthesis
  4. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  5. マイケル・レヴィット Michael Levitt
  6. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  7. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  8. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  9. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  10. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)iridium(I) Dimer

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP