[スポンサーリンク]

一般的な話題

ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!

[スポンサーリンク]

化学の研究者が1年に1度集まる日本化学会年会。若手研究者の交流のため年会2日目にイブニングミキサーを開催します。

 

Chem-Station(ケムステ)イブニングミキサー

日時:3 月27 日(金) 18 時〜 20 時00 分

会場:ファラディーホール2階

対称:学生、博士研究員中心の若手研究者、外国人参加者も大歓迎!

主催・共催:Chem-Station、日本化学会

参加方法:参加登録をお願いします(参加登録はこちら。要Facebookアカウント)。当日参加もご歓迎!

参加料:無料(チャージ代1ドリンク 100円)

 

どのようなことを目的にしているのですか?

若手研究者のための交流会です。

一昨年、ケムステ代表が当時の玉尾会長、渡辺日本化学会実行委員長との対談で、玉尾会長から「若い人や海外の研究者が知り合う場をつくってほしい」という提案がありました。

日本化学会の懇親会は”大人の”会であることから、なかなか学生や若手研究者が参加することができません。そのため、同時間で若い研究者のために交流できるような場を提供することを目的としています。

 

参加資格は?

特に制限はありません!敢えて言いますと、日本化学会の懇親会と同時間に行うため、懇親会に参加の方は参加することができません(今年は28日に同会場にて懇親会がありますので参加可能です)。

それ以外の方はどなたでも問題ありません。幅広い世代の方に参加していただければと思います。

 

場所は?

冒頭に記載したとおり、日本大学船橋キャンパス内のファラディーホール2階です。300人程度が収容可能でありで最も大きな会場の一つとなります。

 

どんなことをやるの?

基本的には交流を深めてもらうことを目的にしているため、プログラムは用意していません。

会場には飲み物と、200人分ほどの立食型式の食事を用意しています(食事代は無料です)。

入り口で、チャージ代(1ドリンク100円)を払って頂いて、会場に入り、開始の挨拶と同時に、食べるのもよし、周りの人と交流するのもよし、なんでもありです。もちろん仲間ができたらすぐにに飲みに行っても構いません。むしろそれを促進する会だと思ってください。会場には数社のこのミキサー専用の付設展示会も用意しています。

付設展示会(予定):高輝度光科学研究センター(JASRI)、東京化成工業化学情報協会パーキンエルマージャパンアントンパールジャパン和光純薬

 

どうやって参加すればいいの?

冒頭に記載したとおり、参加は当日からでも可能です。ただ、できるだけ参加登録をお願いします(食事と飲み物の見積のため)。参加登録にはFacebookアカウントが必要です。

 

1. 参加登録ページに移動する

2. 下図の赤枠の「参加する」をクリックする。

2015-03-16_04-35-05

それだけです。参加するかも?という人は未定をクリックしてください。友人等を招待していただけると幸いです。大学教員の皆様はぜひ学生や海外から来ている研究者の方も誘ってご参加ください。

 

参加登録はなぜ必要なの?

食事と飲み物の用意のためです。できるだけ事前に参加人数の目安が知っていたほうが、臨機応変に対応できるからです。出来る限りお願い致します。会場の広さの問題で参加申込多数の場合、参加登録なしでの当日の入場を制限する可能性があります。

 

参加するメリットは?

1. 会場の中心にある懇親会会場

2. 知らない多分野、同年代の研究者と仲良くなれる

3. 無料で腹ごしらえができる、安くすぐに飲める。

5. 特設の付設展示会に参加できる

と学生に優しいスタイルとなっています。

 

どんな雰囲気?

昨年名古屋大学で開催した際の様子を掲載します。260名以上の参加がありました。

 

共催・協賛

本会は日本化学会との共催企画です。この場を借りて御礼申し上げます。

また以下の企業様にサポートいただいています。この場をお借りいたしまして感謝申し上げます。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  2. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  3. ナノチューブを簡単にそろえるの巻
  4. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  5. 天然物界70年の謎に終止符
  6. メタンハイドレートの化学
  7. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  8. オンライン授業を受ける/するってどんな感じ? 【アメリカで Ph…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  2. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  3. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  4. 有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!
  5. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授
  6. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  7. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反”
  8. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction
  9. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  10. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP