[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

ヘゲダス遷移金属による有機合成

[スポンサーリンク]

  • 内容

本書は、コロラド州立大学大学院や製薬企業などで最近教えたショートコースをもとにしたものである。実際の合成化学上の問題を解決するのにさまざまな形で有機遷移金属化学が役に立っていることを、すでに基本的な有機化学を習った大学院学生に1学期のコースとして教えたり、また企業の研究者に短期集中的に教えたりすることを意図している。

  • 対象

大学3・4年生以上

 

  • 評価・解説

有機金属試薬は合成において非常に重要な位置を占めるようになりました。本書は有機合成に用いる遷移金属試薬とその反応に焦点を当てた良書。反応機構も理論的にもしっかり説明されています。基礎的な有機化学を一通り理解したあと読むのにおすすめ。

 

  • 関連書籍

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Medical Gases: Production, Appli…
  2. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  3. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語
  4. クロスカップリング反応関連書籍
  5. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  6. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法
  7. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  8. Greene’s Protective Groups…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  2. ESIPTを2回起こすESDPT分子
  3. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  4. 室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現
  5. 第7回 慶應有機化学若手シンポジウム
  6. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Synthesis
  7. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成
  8. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  9. フラクタルな物質、見つかる
  10. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~

「化学者のためのエレクトロニクス入門」シリーズでは、今や私たちの日常生活と切っても切れないエレクトロ…

シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP