[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

ヘゲダス遷移金属による有機合成

  • 内容

本書は、コロラド州立大学大学院や製薬企業などで最近教えたショートコースをもとにしたものである。実際の合成化学上の問題を解決するのにさまざまな形で有機遷移金属化学が役に立っていることを、すでに基本的な有機化学を習った大学院学生に1学期のコースとして教えたり、また企業の研究者に短期集中的に教えたりすることを意図している。

  • 対象

大学3・4年生以上

 

  • 評価・解説

有機金属試薬は合成において非常に重要な位置を占めるようになりました。本書は有機合成に用いる遷移金属試薬とその反応に焦点を当てた良書。反応機構も理論的にもしっかり説明されています。基礎的な有機化学を一通り理解したあと読むのにおすすめ。

 

  • 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  2. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきた…
  3. まんがサイエンス
  4. フタロシアニン-化学と機能-
  5. 元素手帳 2018
  6. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  7. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  8. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  2. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  3. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された
  4. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  5. EUで化学物質規制のREACHが施行
  6. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  7. オリンピセン (olympicene)
  8. アルゼンチン キプロス
  9. 2017年12月14日開催: 化学企業4社によるプレミアムセミナー
  10. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP