[スポンサーリンク]

ランキング

2009年7月人気化学書籍ランキング

[スポンサーリンク]

1位

化学のブレークスルー(有機化学編) 革新論文から見た10年の進歩と未来
化学同人
発売日:2009-05-01
2位
天然物の全合成―2000‐2008(日本)
化学同人
有機合成化学協会(編集)
発売日:2009-05
発送時期:一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。
ランキング:92383
おすすめ度:4.5
おすすめ度5?おすすめです。
おすすめ度5?天然物合成を学ぶ人にはもってこいの一冊
おすすめ度5?日本の全合成の歴史ですね
おすすめ度5?合成の鍛錬に使える!
おすすめ度3?これぞ有機化学道場
3位
これだけ!甲種危険物試験合格大作戦!! (国家・資格シリーズ 42)
弘文社
発売日:2008-02
発送時期:在庫あり。
ランキング:2827
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 これだけで合格しました。
おすすめ度5 法令に詳しい内容
おすすめ度5 本当にこれだけ
おすすめ度5 「これだけ」でホントに合格しました。
おすすめ度5 テキストとしては最も優れている
4位
完全攻略 化学オリンピック
日本評論社
化学オリンピック日本委員会(編集)渡辺 正(編集)
発売日:2009-04-02
発送時期:在庫あり。
ランキング:43296
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 高校生や教師が,1度は読んでみてほしい本
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. きみの未来をさがしてみよう 化学のしごと図鑑
  2. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  3. Practical Functional Group Synth…
  4. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  5. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  6. Essential Reagents for Organic S…
  7. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  8. 2016年4月の注目化学書籍

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中村 修二 Shuji Nakamura
  2. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  3. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  4. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  5. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  6. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  7. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  8. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  9. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  10. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP