[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

医薬品のプロセス化学

概要

原薬の工業生産を検討するプロセス化学について、初心者を対象にやさしく紹介。プロセス化学の概略と基礎的な重要事項について述べ、それぞれの医薬品あるいは中間体の工業生産の実際、将来の展望などを論じる。

対象

大学院生・企業研究者

 

評価・解説

「プロセス化学」といっても攪拌方法や抽出、蒸留などの化学工学の話ではありません。医薬品を効率よくかつ経済的に合成する手法の基礎的内容をまとめた本です。

実験室レベルではあまり問題にならない、 化合物の毒性や価格、結晶性や分離の容易さなど、様々な要素が絡むプロセス化学は、合成化学に関する深い知識や実力が無いとできません。

本書では、製薬会社勤務の現役プロセス化学者が「プロセス化学とは?」に始まり、市販医薬品のエレガントな合成例なども紹介しています。製薬企業や化学系会社での研究職を希望している方には特におすすめです。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  2. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  3. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  4. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきた…
  5. 有機反応機構の書き方
  6. Purification of Laboratory Chemi…
  7. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  8. 先制医療 -実現のための医学研究-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  2. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  3. 卓上NMR
  4. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号
  5. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Rearrangement
  6. チャン転位(Chan Rearrangement)
  7. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止
  8. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis
  9. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)
  10. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP