[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

医薬品のプロセス化学

[スポンサーリンク]

概要

原薬の工業生産を検討するプロセス化学について、初心者を対象にやさしく紹介。プロセス化学の概略と基礎的な重要事項について述べ、それぞれの医薬品あるいは中間体の工業生産の実際、将来の展望などを論じる。

対象

大学院生・企業研究者

 

評価・解説

「プロセス化学」といっても攪拌方法や抽出、蒸留などの化学工学の話ではありません。医薬品を効率よくかつ経済的に合成する手法の基礎的内容をまとめた本です。

実験室レベルではあまり問題にならない、 化合物の毒性や価格、結晶性や分離の容易さなど、様々な要素が絡むプロセス化学は、合成化学に関する深い知識や実力が無いとできません。

本書では、製薬会社勤務の現役プロセス化学者が「プロセス化学とは?」に始まり、市販医薬品のエレガントな合成例なども紹介しています。製薬企業や化学系会社での研究職を希望している方には特におすすめです。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  2. Letters to a Young Chemist
  3. Heterocyclic Chemistry
  4. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  5. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  6. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  7. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  8. ウォーレン有機合成: 逆合成からのアプローチ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  2. アメリカで医者にかかる
  3. 活性マグネシウム
  4. 八島栄次 Eiji Yashima
  5. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり④:「ブギーボード」の巻
  7. 最近の金事情
  8. ストリゴラクトン : strigolactone
  9. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を【更新版】
  10. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP