[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

医薬品のプロセス化学

概要

原薬の工業生産を検討するプロセス化学について、初心者を対象にやさしく紹介。プロセス化学の概略と基礎的な重要事項について述べ、それぞれの医薬品あるいは中間体の工業生産の実際、将来の展望などを論じる。

対象

大学院生・企業研究者

 

評価・解説

「プロセス化学」といっても攪拌方法や抽出、蒸留などの化学工学の話ではありません。医薬品を効率よくかつ経済的に合成する手法の基礎的内容をまとめた本です。

実験室レベルではあまり問題にならない、 化合物の毒性や価格、結晶性や分離の容易さなど、様々な要素が絡むプロセス化学は、合成化学に関する深い知識や実力が無いとできません。

本書では、製薬会社勤務の現役プロセス化学者が「プロセス化学とは?」に始まり、市販医薬品のエレガントな合成例なども紹介しています。製薬企業や化学系会社での研究職を希望している方には特におすすめです。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Small Molecule Medicinal Chemist…
  2. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Prod…
  3. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  4. Medical Gases: Production, Appli…
  5. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  6. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  7. ワールドクラスの日本人化学者が語る研究物語―『化学者たちの感動の…
  8. 有機合成のための触媒反応103

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロンドン・サイエンスミュージアム
  2. 有機化学命名法
  3. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  4. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  5. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  6. 軸不斉のRとS
  7. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  8. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  9. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定
  10. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP