[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

医薬品のプロセス化学

概要

原薬の工業生産を検討するプロセス化学について、初心者を対象にやさしく紹介。プロセス化学の概略と基礎的な重要事項について述べ、それぞれの医薬品あるいは中間体の工業生産の実際、将来の展望などを論じる。

対象

大学院生・企業研究者

 

評価・解説

「プロセス化学」といっても攪拌方法や抽出、蒸留などの化学工学の話ではありません。医薬品を効率よくかつ経済的に合成する手法の基礎的内容をまとめた本です。

実験室レベルではあまり問題にならない、 化合物の毒性や価格、結晶性や分離の容易さなど、様々な要素が絡むプロセス化学は、合成化学に関する深い知識や実力が無いとできません。

本書では、製薬会社勤務の現役プロセス化学者が「プロセス化学とは?」に始まり、市販医薬品のエレガントな合成例なども紹介しています。製薬企業や化学系会社での研究職を希望している方には特におすすめです。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機化学命名法
  2. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  3. 【書籍】理系のための口頭発表術
  4. 理系のための口頭発表術
  5. 天然物化学
  6. 理系のための就活ガイド
  7. 海の生き物からの贈り物
  8. 2016年1月の注目化学書籍

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  2. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  3. 仙台の高校生だって負けてません!
  4. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売
  5. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  6. 香料:香りの化学3
  7. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  8. 2016年4月の注目化学書籍
  9. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (準備編)
  10. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP