[スポンサーリンク]

スウェーデン

マッチ博物館

[スポンサーリンク]

(引用:sv.wikipedia.org)

化学反応を人類に役立つ形に昇華させた発明の一つ、マッチ。それに特化した世界で唯一の博物館が、スウェーデンにあるのはご存知でしょうか。

  • 概要

あまり知られてない事実ですが、スウェーデンは世界一のマッチ製造大国であり、世界中で使用される量のなんと1/3を一国で供給しています。そこには由緒正しい歴史がありました。

発明初期のマッチは摩擦によって発火するタイプだったため、火災事故が数多く起こっていました。1855年にスウェーデンのJohn E. LundströmとCarl Fransの兄弟は、現在よく知られるタイプの安全マッチ(軸頭と箱の側面に発火剤・燃焼剤を分離させたマッチ)を初めて開発しました。彼らは首都ストックホルムの南東に位置するイェンシェピング(Jönköping)に製造工場を設立することとなります。会社はすぐさま世界最大の製造量を上げるまでに成長し、マッチ大国スウェーデンの発展に多大な貢献をしたわけです。

その工場跡地が現在のマッチ博物館(Tändsticksmuseet)となっており、マッチにこだわった数々の展示がされています。

  • マップ


大きな地図で見る

チェックイン!

  • アルバム

  • 関連動画

 

  • 参考文献

 

  • 関連書籍

 

  • 関連リンク

イェンシェピング マッチ博物館 公式サイト
John Edvard Lundstrom – Wikipedia

スウェーデンにある世界唯一のマッチ博物館 (マッチの世界)
マッチ博物館の様子 写真があります

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 「カルピス」みらいのミュージアム
  2. アルゼンチン キプロス
  3. フライデーハーバー研究所
  4. 高峰譲吉の墓
  5. イトムカ鉱山
  6. 大塚国際美術館
  7. 産総研 地質標本館
  8. 石見銀山遺跡

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学探偵Mr.キュリー9
  2. 有機合成化学協会誌2021年3月号:水素抽出型化学変換・環骨格一挙構築・新規アルコキシメチル基・π拡張非交互炭化水素・フローマイクロリアクター
  3. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  4. ビタミンB12 /vitamin B12
  5. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する
  6. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  7. 【好評につき第二弾】Q&A型ウェビナー マイクロ波化学質問会
  8. ノーベル化学賞明日発表
  9. ネオ元素周期表
  10. もし炭素原子の手が6本あったら

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

注目情報

注目情報

最新記事

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第446回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP