[スポンサーリンク]

B

バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoromethylation

概要

芳香環にトリフルオロメチル基を導入する手法。この反応剤(Burton試薬)は、DMF中でZnもしくはCdから調製でき、熱的にも安定である。生成したCF3アニオンにCu塩を加えると容易にCF3Cuが生成し、トリフルオロメチル化体を与える(McLoughlin-Thrower 反応)。

基本文献

 

反応機構

burton_CF3_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. リード反応 Reed Reaction
  2. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  3. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  4. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  5. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  6. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinso…
  7. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  8. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  2. 視覚を制御する物質からヒントを得た異性化反応
  3. タキサン類の全合成
  4. 構造式を美しく書くために【準備編】
  5. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  6. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  7. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  8. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!
  9. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  10. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP