[スポンサーリンク]

B

バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoromethylation

概要

芳香環にトリフルオロメチル基を導入する手法。この反応剤(Burton試薬)は、DMF中でZnもしくはCdから調製でき、熱的にも安定である。生成したCF3アニオンにCu塩を加えると容易にCF3Cuが生成し、トリフルオロメチル化体を与える(McLoughlin-Thrower 反応)。

基本文献

 

反応機構

burton_CF3_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmet…
  2. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylatio…
  3. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamm…
  4. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reacti…
  5. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky…
  6. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…
  7. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-…
  8. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化
  2. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  3. 化学者に役立つWord辞書
  4. SPhos
  5. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  6. 書物から学ぶ有機化学 3
  7. 合成化学者十訓
  8. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  9. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  10. 有機化学命名法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP